ちいさな野菜畑

ちいさな野菜畑ブログ

悪戦苦闘

チラシを作った

引き売りで配布用だ。
しかし、店でも配る
以前「入道の独り言」と言うチラシを作成していた。
(本当は「たこ入道の…」という名前だったが、
多くの人が「たこさん」「おい!たこ!」と叫ぶので止めた)
じゃんじゃん発行してネタがなくなって休止した。

こんどの再発行は慎重にしようと思って
週に一回のペースにしようとしている

 

一回目は

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

会話

引き売りをはじめました

御用聞きも始めます

今、買い物をするところは、数多く有ります。

近くはコンビニ。ちょっと近くは生協。もうちょっと遠くは量販店。そしてデパート。そしてショッピングモールや産直、

おまけにネットでも…いくらでも買うことが出来ます。

なぜ引き売りなのか… なぜ御用聞きなのか…

 

それはコミュニケーションの原点!会話が、できるからです。

会話は、コミュニティの原点ではないか?と思うからです。

もののやり取りが、単純に物と金銭の交換で良いのか?

合理化と効率化で、マニュアルどおりの、人を介在しない物のやり取りが、良いことなのか?

そんな検証をしないで、人件費が高いからと言って、どんどん人を介在しない流通が出来ていきます。

そんな疑問を持って、このプロジェクトを始めました。

人と関わることは、面倒くさいことです。

しかし、人と関わらない人生は、寂しいものです。

十分な対応が、できないと思います

十分な品揃えが、出来ないと思います、

しかし、ある谷を超えた時、貴方だけのお店になり、貴方の品揃えができる、ゆたかな関係性の世界ができるのではないか…

そんな想いをもって、取り組んでみたいと思います

お米の美味しい新米の季節です。お店の「今すり米」は、西和賀町大田の有馬富博くんのひとめぼれです。

平成二十九年十一月六日      ちいさな野菜畑

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

文章を作って飾りの柄ははめ込んでもらった

2回目は

文章は作った

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

いものこ

秋もそろそろ終盤となりつつあります。

秋の食べものは数多くあります。

しかし一番多く記憶にある秋の食べ物と言ったら

「芋の子汁」と答えるのでは無いでしょうか?

(あくまでも個人の感想です(笑)

西日本で「芋の子汁?」と聞いてもピンときません。

なぜなら「芋の子」は里芋!という認識がないのです。

ひょっとしたら、岩手の方言かもしれません。

そして関西では芋の子汁という料理も存在しません。

山形でいう「芋煮会」や岩手の「芋の子食い」は、冬場の保存性の悪い里芋を大量に食べるために東北で行われた行事だという説があります。

だから西日本では里芋は、汁物でなく煮物なのです。

以前は河原で芋の子会を学校行事として有りました。

東北では、懐かしい思い出を多く人が持っています。

岩手の里芋は、北上の二子地区や盛岡の津志田が有名ですが、農協の合併で、いつの間にか地域とかけ離れたものになりつつあります。そんな里芋は、稲刈りと密接に関わってきます。

それは米の収穫前に掘るか、稲刈り後に掘るかで、大きく値段が変わってくるのです。稲刈り前に掘ると、値段が高いが、ちいさな芋が多いのです。稲刈り後は、しっかりと大きい芋が採れますが、値段が安いのです。そんな里芋も、七度以下の低温で保存できないので冬場は出回りません、

あくまでも秋の味覚なのです。いまのうちに是非どうぞ。

 

平成二十九年十一月十三日  ちいさな野菜畑

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

画像にはめ込めない

二時間かかってようやく出来たが…
細かいところが不満足だ

バージョンアップをするたびに時間がむやみにかかる

一太郎を使っていた頃が懐かしい
ひょっとしたら「一太郎」はもうないのか?

少欲知足

さまざまな大企業が、さまざまな問題を起こしてマスコミに騒がれている。
ほんの少し前

大企業(一部上場会社)という信用は重かった

商社に入社したときに

一流のところからものを買って、一流のところへ売るのが、一流の商社だ。

と教わった。
一流のところは、万が一問題が起きても対応は万全だ。と想っていたが

「万が一」どころではない。
頻繁に…と言うか、常態化している問題が数多く起きている。
これで一流の大企業といえるのか…
一昔前の言葉が、だんだん軽くなってきた

これは企業の問題ではなく
たぶん資本主義の問題なのではないだろうか…
「そういう宿命にある」という…

資本を投じて利益を上げて経費を賄うと言うシステムは、常に拡大を伴う
その拡大が一杯一杯になってきたのではないか
拡大しないで分散を望んでも、こんどは企業の精神が薄まる
ようするに二流三流になってくる。

はちきれそうに膨らんだ大企業と
二流三流に落ちこぼれた小会社グループと…

そんな大企業グループと、新興企業の争い

 

そんな構図が頭のなかに浮かんだ。

いずれにせよ
グローバル、はどこかで行き詰まるだろうと思っていたら
さっそく自国最優先のトランプが出て世界に広がっている。

そこから戦争になるのか…

その土地に根ざした循環型家族経営が、一番安心できるのか…
ところが人間は、「野心という向上心」をもった動物である

「少欲知足」と言う言葉が、身にしみて思うのは、いつのときか…

冬の時代に向かう朝の戯言である。

家政犬は聞いた

武田君の米が、まだ揃わない

新米の時期だと言うのに…

ヒマをぬって出かけていくが
農具の掛かった精米調整小屋には、誰もいない

しかし、彼の小屋はきちんと整理してある

整理整頓が出来ない農家が多いのだ
きれいに包装されている農産物を産直で見かける。
その農家の住まいの上り框や、小屋の中は雑然としているところが多い。
産直とは「顔しか見えない関係」である。
整理整頓が出来ていないところが、美味しいものができるはずがない。

武田くんは。コレだけでも信頼できる農家である
(納期以外 苦笑)

彼は市議会議員でも有り、ある党の青年部長でもある
もう50も過ぎた青年であるが…

だいたい農家は齢をごまかしている
若奥様の会という50歳を遠にすぎた女性の団体もあるくらいだ。

議員二期目の武田くんは、忙しくて本業の農業が、なかなか出来ないのだ
出来ないと言って、こちとらはすまない

武田くんに催促にゆく

もみスリ機の大きな音がする小屋の、
まだ音が聞こえないところで一生懸命電話をしている姿が見つかった。

目線の先には、雄大な岩手山が上半身だけ見える。

嬉しいことが有ったらしい。
嬉しそうに、満面の笑みを浮かべて電話を終えた。

そして
「これはまだまだ、誰にも喋っては駄目ですよ」
と言いながら話してくれた

”だれにも、話すな”と言いながら…

庭のワンコは聞いていた。

冬の時代

もう秋も深まった

庭は、紅葉の落ち葉におおわれ

渋柿も落ちた

 

西側の窓辺に植えた柿の木も裸だ。
すっかり葉が落ちて、冬の西日が当たるようになった。

ストーブの上には、ちんちんと湯が湧き、大きな鍋に大根が煮えている。
茹でた大根に、激辛の海鮮唐辛子を乗せて食べるのが最近の好物である。

いくらでも入る。
辛くて美味しい。(あくまでも個人の感想である)

いよいよ冬が来た。そろそろ初雪の便りが聞こえるころだ。

人生も、そろそろ冬の時代か…

ひきうり

引き売りを始めた
前からのアイディアなのだが…
就労支援をしているグループに、若者に御用聞きをさせたらどうか?
というアイディアである

いろいろと問題意識を持っていると、さまざまな状況に合わせて多様なアイディアが湧いてくるのだ。
アイディアの人(企画)で、経営の人でないと言うことかもしれない(泣)

今の若者は、会社に入るが、会社は人を育てる余裕がない。
そこの門前で、シャットアウトされた人
中に入ったが、落ちこぼれた人
また門前まで、いけなかった人

と言う若者が多くいると聞いた。
そんな若者と一緒に、自分が原点に還ってもう一度「売る」ということを考えてみよう。と思うのだ。(思うのは誰でもできるが、実行はなかなかできない)
たまたま困窮者支援のグループが、そんな予算があるというので乗っかったのだ。

若者二人とボランティア二人の4人で、とりあえず二箇所で始めた。

来店者にチラシを配った。

 

会話がなくて買い物ができる社会である。
そこで育った若者は、基本的な会話を知らないのではないだろうか…
我々は「売り買い」をすると言う行為から、外部との付き合いを学んだのではなかったか?

駄菓子屋に入るときに岩手では「もぉっす」と言ったり
仙台では「お〜くれ」と言って入ったり基本的な挨拶があった。
ちいさな頃から、そんな会話があったのだ。

そして売るというのは、自分が喋るということではなく
相手に喋らせる、会話が成り立つしかけが必要なのだ

それをもう一度基本に立ち返って確認してみようと思うのだ

思うのは誰でもできるが、実行はなかなか出来ない。

とりあえず一回目は終わった。
若者は、黙ってみていただけであるが…

片付けが終わって、店で昼食を食べ、精算を終わって帰るときに

一人の若者の眼が輝いていた。
それだけで救われた思いがする

白菜の季節

白菜が一つ余った。

二つに割り、半分をもう半分に割る。

4分の一になった一つは大蒜と生姜に漬けたピーマンを刻んで散らし、塩漬けに…

そしてもう四分の一になった半分は甘辛の白菜漬けに…

あと二分の一は和布蕪「めかぶ」と小口切りの唐菓子をチラシて、とろりとしたピリ辛の塩漬け

白菜は楽しい。

蒸してもいい。
炒めて片栗粉のとろみを付けても…
味噌汁に入れても…

白菜は色が着いていない。
どうにでも染まる

しかし、やはり秀逸は漬物だろう
キムチにしても…
ごま油と絡めて中華風にしても…

そしてブレーンな塩が一番似合う

そんな白菜みたいな漢になりたい

 

教えて欲しい

フェアートレードのチョコレートが並んだ
恒例の冬の商品である

いつも売っているのだが…
いつも思う
フェアートレードは良いことなのか?

ようするに海外の貧しい国の生産者から直接購入することによって援助する
ということらしいのだが…

貧しい国!貧しい人々!と言う位置づけが、こちらの上から目線ではないか…
経済的に優位に立っているから支援する
しかし、精神的には優位に立っているのだろうか…
また、金銭的に援助することで、貨幣経済に巻き込んでしまうのではないか?
彼らはちがう価値観で生きているのだ

ブータンは幸せ度が世界一だという
さまざまな国の幸福感が違って良いのではないか?
それを資本主義拡大経済の中に引き込んでしまうのが良いのか?

いつも考えてしまう。
正解はみつからない

教えて欲しい

初冠雪

岩手山に初雪が降ったとニュースで流れた
今年の岩手山は、多く雲に隠れている

ようやく山頂付近に冠雪がみえた
もう10月も終わろうとしている

お山に三回、雪が降れば里に 雪が降るという

雲に隠れて何回も降っているのだろう

いつ雪が落ちてきてもおかしくない寒さだ

 

ファスト風土化する盛岡

新聞か…ネットで読んだ。

大手ショッピングモールや、コンビニチェーンが、「事業本体では赤字だ」という

ようするに、本業の物販では利益は出ていないと言う
不動産や金融で利益を出していると言う

大手は金が回っているから金融機関がカネを貸す
その金で不動産投資や、金融で利益を出す
大手の輸出産業も為替差益である。

土地を借りて(買って)建物を建て、人を雇って、商品を仕入れて、利益を載せて販売する。
と言う仕組みが、成り立たない世の中になってきた。
一番目立つのが、地方の中小零細小売業である。

老舗の中小零細小売業がどんどん廃業に追い込まれている
盛岡でも何軒もでてきた。
盛岡は、商業の町である。
高度成長経済期に溜めた金を不動産に投資して、それを売り払って生き延び、店主の年金もつぎこんできたが、いよいよ尽きてきた。
それ以降のトレンドに乗って開店した新しき店も続いていかない。

当時、東北では唯一シャッター街が無いと言われた盛岡の街も
H15年のショッピングモールの出店から始まり、モールが街を囲むようにでき、中心市街地の商店街は壊滅という状況に陥った。

その出店反対運動の公聴会(?)のときに、若者が大きな声で発言した

「モールが来ないと盛岡は遅れてしまう」

まさに、たった15年で盛岡は他の街に遅れず「ファスト風土化する盛岡」と横並びになった。

ちいさな個性的な店が集まる商業都市が、盛岡だったはずなのに…

特別に個性的で、地方に根付く小売業でありたいと思う「ちいさな野菜畑」であった。

 

 

アテンダント

以前、「アテンダント」と言うものをやったことが有る。
新宿で一番大きいデパートで、一日付ききりで説明をする仕事である。
ついでに品物が売れれば、それが一番いい。

商品は「遠赤外線」である。

当時遠赤外線は、コマーシャルで流れていた。
有名だが、誰も本当のことは知らないと言う”もの?”である。

赤外線は知っているが、触ったことがない!という人ばかりだ?
そんななか、「遠赤外線とはなんだ?」という説明をしなければならない。

 

一応パネルを飾り、説明用の商品を持ち、手持ち無沙汰だった。
ひやかしのような客も来た
真剣に問いかけてくる客も来た。
何もわからない人も来た。
詳しい人も来た。

アテンダントというのは、最初の一言でどの程度の知識を持っているのか?を判断して説明をしなければならない。
こちらの知識を総動員して説明しても相手がそれを上回る知識を持っていたら聞く耳を持たないし、売れない。
相手が知識を全然持たなかったら、いくら説明しても意味を持たない。
相手の持っている倍の知識を持たないと、わかりやすい説明は出来ないのである。

遠赤外線の石というのが、商品に有った。
天ぷら鍋に入れると、からりと揚げる
甘藷を焼くとホクホク焼ける

と言う物であり、ある意味では偽物である。

 

面白半分に買っていく人がいる。
「嘘だろう」と突っかかってくる人もいる。
そういう人には、本当のことを言う
天ぷら鍋に入れると、石に蓄熱されて油温が下がりにくいのです。
だから高温でカラリと上がります。別に遠赤外線のせいではありません

甘藷は、温かい石に漬けると伝導熱で均一に焼けます
調理の基本は「均一」です。だから美味しく焼けます

遠赤外線は輻射熱ですから接して、遠赤外線効果があるということはありません

そろそろ遠赤外線の下着が売れる頃です。
遠赤外線を発するという物質を編み込むことに寄って、そこに蓄積されて暖かさが持続します。温めるまでに体温から熱が奪われます。

しかし、世の中、”効果があれば理屈はどうでもいい”と言う人が多いのである。

だから「一人ひとりの相手に納得させる」というのが、アテンダントの仕事である。
そしてそれは、営業としての仕事でも有る。