ちいさな野菜畑

ちいさな野菜畑ブログ

はじめちょろちょろ

魔子様が実家に戻った。

魔子様の実母が、認知症が進んだ上に調子が悪くて”入院した”と言う
もう91歳だ。いつ何が有ってもおかしくはない。
とりあえず東京の実家に一日だけ帰して、こちらの実母の面倒を見た。
何日も帰られると仕事に支障きたすからである。

店の揚げ物は弁当作りは、すべて魔子様の頭のなかに有るのだ
以前、実兄が癌でなくなった時、長いこと帰ってこなかった。
その時は人が大勢いたので助かったが…
今だったら、大変である。臨時休業をしなければならない(泣)

IMGP3248

母屋にいる母親の食事を作ろうと、何が有るか台所を漁った。
流しの下から長い筒が出てきた。バーボンウィスキーの瓶が入っていた紙の筒である。
開けてみたら米が入っていた。
コメだけど…やけに白い?餅米か?

炊いてみようと、鍋を探した。
そういえば南部鉄器の釜が有った。
以前、よく炊いていた南部鉄器の6合炊きの釜である
岩鋳で買ったものである
あの頃は飯を炊くことに、こだわっていた
やはり重い蓋でないと、美味いコメは炊けない
これで随分炊いたものだが、結局、店では小ロットを炊くのは新潟燕三条のアルミ合金の釜にした
蓋がずいぶん重いのである。
IMGP3241

久しぶりに炊くと時間の配分がわからない
よくいう

初めちょろちょろ、中ぱっぱ、赤子泣くとも蓋とるな

言葉通りにとると
最初弱火で、中頃から強火、蒸らしは開けてみてはだめ
というふうに取られる

コメを炊くと言う調理技術は

煮る+焼く+蒸す=炊く

3つを合わせた調理を炊くというのである
関西弁で「おでんをたいたん」とか言うのはちょっと違う
あれは「煮た」を「たいたん」と言う関西弁の(京都弁か?)のである。

ご飯を炊くというのは、弱火で煮て、強火で焼き、火を落として蒸すのである。
いつの何気なく使っているが日本語は繊細である
そして60度でデンプンが糊化する

弱火というのは60度を長く続けることが、米を均一に煮ると言う作業なのである
そして吹きこぼれるほどに強く熱し続け、火を止めて重い蓋で蒸すと言う作業なのである
量によって若干の時間の違いはあるが、そう大したことはない

6合炊きの釜で6合炊くのは美味しく炊けない
若干余裕をもったほうがいいのだが、ちょうど6合の米のようだから
一挙に炊いてしまえ!と炊いた

IMGP3243

若干柔らかめだが、まずまず炊けた。
これを小分けにして冷凍をしておく

いざというときは、電子レンジでチンをして生卵か納豆をぶっかけて食べる。
また朝、冷凍庫から出しておいて、夜、残り物の野菜を入れてチャーハンにするか…
である

しかし、いつの米だろう
流しの下は確かに「冷暗所」であるが。冷蔵庫の野菜室のように温度は低くないだろう
米は冷蔵庫の野菜室に…
精米してから夏は二週間で食べきれる量を求めたほうが良いという!

一人暮らし、老夫婦などの少人数では、なかなか量がはけないから、炊いてから冷凍がおすすめ。

やんごとなきお方

IMGP3237

白黒のツートンカラーの車が店の駐車場に停まった。
ツートンカラーというのは、ファッション業界にいた頃に知った。
白豚と黒豚の二匹の豚の色違いを言うのだと(嘘)

大体がパトカーを見ると…(白バイもだが…)
「慌てて逃げる」「シートベルトを締める」「目をそらす」
と言う精神の習慣を持っている小生は、
逃げようと思ったが、ココは店の中。外へ出られない。
しかたなく、腹を決めて両手を出した。
降りてきた若い警官は、ニコニコしながら手錠を出した。(嘘)

なんだか分厚い台帳を出してニコニコしながら「ここはちいさな野菜畑ですね」と聞いた
心のなかでは”おおきな野菜畑などあるか!何を見とんじゃ!”と思ったが
「いえ、この頃挨拶に回っていないもので…ちょっとご機嫌伺いに…」
「このまえの松園の事件の聞き込み?」
「あれは管轄が違うのです。あれは松園交番ですから…こちらは北山交番で…」

そんな会話をしながら…
「実は…」と深刻な顔を寄せて怒鳴るような声で
「やんごとなき人が、ここを通るものですから…
その日は通行止めになる時間が、ちょっとだけ有りますのでご協力を…」と言う

小生の友人は元全共闘だったという。
20年も経って市会議員になり、戸別訪問をしていたら
ある時、突然、私服の警官に囲まれたと言う、
そのときに、そばの国道を、やんごとなきひとが車で通ったという。
しっかりと周辺の地域の人々は。経歴を調べられてマークされているのである

たぶん当店も、左手でハムを作っているデモ屋がいるからマークされているだろう
「もう!いないから」と言っても許してくれるだろうか…

おわび

友人から「お詫び」として宅急便が届いた
送ってくれた彼は、高校で一緒にラグビーをやっていた一級下の後輩である。

先日「恩送り」という言葉を聞いた。
先輩と後輩の間柄は、恩送りの関係だという。
つまり見返りを求めない、受けた恩を次に送るという関係である。

なるほど、そういえばそんな関係は大学生のときに有った。
グランドのそばの食堂で、ツケで昼食をたべ、そのまま払わないで卒業した先輩の分を後輩が払っていた。
これも恩送りか?

高校の時は、金もない。酒も飲まない。まわりに何もない田舎の高校だから、そういう関係は出来なかった。
彼は、バックスで足の遅いウィングだった。
小生は、フォワードで痩せたフロントだった。
部員の少ない田舎の高校のラグビー部は、適材適所などという、ポジションはない。
「順送り」でポジションが決まったようなものである。
そんな彼とは卒業以来、一度恩師の送別会で出会ったことがある
もう50を過ぎていたのに素晴らしい身体をしていた。
なんとレスキュー隊の隊長をやっていると聞いた

それからもう10年以上になるだろうか
二回目の出会いは強烈であった。
彼の恩師の娘が、千葉で亡くなり葬儀にでかけた。
喪主である旦那が言った
「高校でラグビーをやっていた入道を知らないか?」
彼は動転したという
”なぜ40年前の先輩の名前がココで出てくるのか?”と

亡くなったのは「入道の独り言Blog」にコメントを書いてくれた「トラ子」である。
喪主の旦那は、それを引き継いだ「トラ子の同居人」であった。
彼は、すぐ連絡をくれた。
「トラ子が亡くなった。同居人に葬儀で先輩の話をされて動転した」
「トラ子は、入道の中学高校の同級生だった」と…

 

そんな昨年12月の強烈な出会いがあった(と言っても会ってはいない。まだ手紙・Blogのやり取りだけである)
そんな彼が「おわびですと」と宅急便を送ってきた。

IMGP3233
お詫びされる筋合いはない。
何かの間違いか?
それとも高校時代に悪いことをされたのだろうか?(記憶にないが…)

IMGP3236

開けてみたらアワビだった(狂喜乱舞)

四十四田

IMGP3209

四十四田湖からの岩手山である。
北上川をせき止めて作ったダム湖である。
沈んだ土地には、四十四枚の田んぼが有ったと言われる。
流れこむ支流には、以前東洋一と言われた硫黄鉱山「松尾」から強酸性の鉱毒水が流れる赤川が有る。
松尾鉱山は、明治末期から採掘され、ところが硫黄は海外からの輸入や石油の脱硫義務化で廃棄物としてできるため、昭和44年廃業した。それまでは「雲上の楽園」という未来型の空中都市であった。と言う
近代化したセントラルヒーティングや、ダストシュートが付いた憧れのアパート、映画館や劇場が山の上に並んだと言う
そして盛岡の芸者を総アゲして、タクシーで松尾まで2時間ぐらいかかる道のりを帰ったという
近くの農家は野菜や米を担いで、列車に乗りアパートを売り歩いたという。

高度成長期には真っ赤になった強酸性の廃水をどんどん流していたが、
環境問題がうるさくなって中和する施設ができて川が綺麗になった。と言う
その浄化するための苛性ソーダ−などの費用や処理費が年間5億になるという。
それが県の予算を圧迫しているという。

このダム湖の湖底にもヘドロが溜まって、もうダムとしての機能が失われたと言ってから久しい。
もう30年前になろうか…

そんな四十四田湖を、じっと見ている岩手山がいた。
一本桜も…

IMGP3217

 

 

誰かいないか?

最初に「じびえ」と聞いた時

なんだろうと思った

冷えたじいさまか?
痔が冷えて悪化したのか?
地元産の稗か?

 

よく調べてみたらフランス語だという
学生時代は。第二外国語はフランス語を選択した
洗濯しただけである(?)

覚えているのは「けつくせ」と「ジュテーム」だけである。
問題一「けつくせ」と言うのは、
その臭いのするのは何ですか?と言う意味である(☓)
それは何ですか?という意味である(○)

それはどうでもいいが、「ジビエだ」という肉をもらった
正確には「放射能を測ってくれ」と言う
測った後は返却無用という
つまり、図って胃袋に捨ててくれ。
ということらしい

IMGP3196

このまえ入院していた東和のりんごを作っている同級生が獲ったと言う
道路で死んでいた鹿と、銃で撃った鹿と、二種類だった。
解体を知らないので自己流で血まみれになりながら、なんとか肉といえるものを切り取ったという。
図ってみたら11ベクレルと14ベクレル、思ったより少ないと思うが
神経質の人は、そんなにあるのか?と思うだろう
しかし、放射能云々よりも、こちとらは食い気だ!

食べられるしろものか?
ウィキペディアにはこう書いてあった。

ジビエのハンティングには、大変気を遣う。銃弾によって可食部分が大きく損傷してしまったり、内臓が 飛び散って味が悪くなってしまってはいけない。ジビエ特有の獣臭は血抜きの技術に大きく左右され、血が残っているほど臭いは強くなる。逃げ回った獣は体温 が上昇しており、なるべく早く肉を冷やさないと急速に腐敗する。そのため仕止めた後も血抜きや解体といった処理を迅速かつ適切に行う必要がある。解体は内 臓を摘出し、一旦きれいな水で肉を冷却し、皮を剥いで脱骨や精肉をする。通常は獲ってすぐに食べるのではなく、数日から1か月程かけて熟成(: faisandage、フザンダージュ)させてから調理する[4]

だれかに食わして様子を見るか?と思っているのだが
元ハム屋が東京だし、副住職はイベントで忙しいらしい。
誰かいないか?

募集中

IMGP3149 IMGP3150

ノボリをようやく立てた。
出来合いのノボリである。

昨年からの懸案である。

当店独自のオリジナルノボリにするか…
それとも…

当店の前は、ゆるやかな下り坂の右カーブである。
北の岩泉方面に行くときは、右へ曲がるのでハンドルを握っていると視線は右へ行く
左にある当店には気が付きにくい

また坂を登って盛岡市内に入る車線の時は、左に視線が行くので
右にある当店には気が付きにくい

カーブの内側にあればいいが
カーブの外側にあると目立たないのである。
というか視線の外にあるかたちになる

だから何か目立つものを!とノボリを検討していた。
以前から、ノボリは立てていた。
「朝定食500円」と言うオリジナルノボリである
当店の専属デザイナーの”れいくん”にデザインしてもらった
それが、ぼろぼろになってしまった。
ノボリは外へ出すのに雨風に弱いのである。

そうしたら長持ちさせるために夜は…雨の日は…
風雨に晒さないというのだ。
それで役目が果たせるのか?

問題は別のところにある
「500円」という文字が良いのか?
500円=ワンコインは、今、安さの代名詞のように使われている
それを唄うことが、安物食堂というイメージになるのではないか?
基本の定食は、ワンコインだが、それに単品を組み合わせて自分流の定食を作るというのが小生の考えているイメージ定食屋である
よく駅裏の露地にひっそりとありながら棚にはさまざまな惣菜が並んで、
好きなモノを勝手にとって会計してもらうと700円/800円という値段になってしまう。
そして、当店の場合は、それらの惣菜が、一つ一つこだわっている
卵なら自然卵。納豆はオリジナル秘伝豆。長芋は地場産。豆腐は田楽茶屋の手作り。などなど
牛肉は山形村の短角牛。豚肉は石川さんの林檎を食べさせた林檎ポーク。
鶏肉は十文字チキンブロイラーの野菜をたっぷり食べさせた菜彩鶏。
米は”羽釜”で炊いたひとめぼれ、味噌汁はオリジナル味噌の秘伝豆使用の「豆蔵」、醤油もオリジナルの「醤次郎」
これでもか…これでもか…
というこだわりであるが、それが「500円朝定食」でいいのか?
もっとひと目で言い表せる言葉はないのか?
と悩み!呻吟(?)してきた。

結局無い頭で、いくら考えても智慧は湧き出てこない
しかたなく、あちこちから集めたノボリを賑やかに飾ることで
「賑わい」を創出しよう!ということに落ち着いた。
とりあえずである

う〜ん!一発で「この店がよさそうだ」
「ここに入ろう」「この店は他と違う」
そんなイメージの言葉はないのか?

新しいオリジナルノボリの言葉、募集中!

こだわり

「天ぷらが美味しい」と聞いたことがある
天麩羅好きのおっさんからである。
もう30年前になるだろうか…

盛岡の町外れにあるその店は、古いのだが…
30年前のうわさを頼りに初めてでかけた。
まだ営業をしているところを見ると”旨い”のだろう?と
定休日という名の出勤日に小腹を空かせて行った。
野菜天ぷら定食やかき揚げを造っている魔子様の参考になるだろうと思ったからだ…

小生はあまり食べられないのでミニ野菜天丼とざるそばを頼んだ。

IMGP3154 魔子様は天ぷら定食である
IMGP3156

驚いた、びっくりした。

テーブルに置かれた瞬間、食欲がなくなった。
量が多すぎる。
これは食べきれない。
みただけで胸が一杯になった。

食道を切除してから量が入らないのである
手術の接合部分まで、一旦口からその部分まで入ったら(ご飯茶碗一杯分か?)
もう胸がいっぱいで、入っていかない。
昔は腹がくちくなっても、むりやり詰め込んだものだが…
”目が食べたい”という言葉が昔はよくわかった
食べた満腹感を超えて目が食べたいのである。
いまは見ただけで「胸がいっぱい」で食べられないのである。

とりあえず店の人に悪いからある程度形を付けないと…
(ミニと言う名前がついていたから少量だと思ったのだが…)
必死になって口に放り込んだが、天ぷらを食べ、そばを半分、魔子様の定食を味見して

ギブアップ

タレがかかったご飯をまるまる残し、
魔子様も「もう晩ご飯が入らない」と言う。

なんだか量で勝負しているような店である。
そういえば、客は若い人や営業マンなどが多く見かけられる。
そして味噌汁は、一口すすっただけで化学調味料の味がビンビンとする
天麩羅の衣は、さくさくしているが、粉になにか入っているのだろう
エビやイカなど魚介類が大きくてボリュウムになっているが…

立地条件は街道沿いの車で移動する人たちの食堂という感じだ
当店と同じようなものだが、当店はまだこだわりがある
う〜ん、そんなにこだわりを持たなくても良いということか?

しかし、こだわりが無かったら、何をもって続けるのだろう

 

疑問と誘惑と困惑

 

秘伝豆乳ヨーグルトに悩んでいる
あと一歩のところまで来たが、あと一歩でとんでもないことが起こった。

秘伝豆乳の作り方は、秘伝豆を三倍の水に36時間浸漬して、その浸漬水とともにミキシングする。
それに同量の水を沸かし。混ぜてかき回しながら出来た熱い豆乳のもとを木綿で絞ると、
木綿の中におから、絞ったものが豆乳と分離される。

と言う簡単なものなのだが…
何回も造っていると絞った豆乳は、沸かした水の量や浸漬の水の量によって、いくらでも増量する。
つまり小生の頭のように”薄く”なるのである。
「そうかぁ〜水の量を減らして濃い豆乳をつくったらどうか?」と考えて濃い目の甘い豆乳を作った。

絶品である。これを商品化するには…

足りない頭を絞って考えていると、次から次へと豆乳ができてくる
サンプルとはいえ、飲みきれないので冷蔵庫に入れておいたら

固まった。

IMGP3127

それを見て、

小生も固まった。
なんだ「玄米」を入れなくても固まるじゃないか…
玄米に付着している乳酸菌が必要十分な要素なのだ!と思ったのだが…

固定観念は思考の邪魔をする。

食べてみると、さわやかな酸味の栄養豆腐である。
*栄養豆腐は、最近でこそ全国で並んでいると思うが、小生が若かりし頃は岩手だけ(八戸付近から)のものだった。
栄養豆腐とは袋に入った充填豆腐なのである。

これはいける!

そこで豆乳ヨーグルトから、豆乳豆腐へ大きくかじを切ってしまったのである。
こんなことが往々にしてある

さて次の難問。

酸味を一定させる
保存期間をきめる
どうやって容器に入れるか…

しかし、これは豆腐なのだろうか?ヨーグルトなのだろうか?

豆腐なら豆腐製造業の許可が必要となる
ヨーグルトなら乳製品製造業が…
そんな固く考えないで食堂で惣菜として…

しかし、
もうひとつ甘みをつけるには…
あの酸味は、喜ばれないのでは…
高級感にトッピングを考えないと…

さまざまな疑問と誘惑と困惑が渦を巻いて…

曲がったど根性

暑い日が続くときに
突然「スムージー」という言葉が浮かんだ
スヌーピーの爺い様のような名前だが…
そうではないらしい。
話を聞いていると、どうやら氷をクラッシュしたものが入っているジュースのような感じだ

それは冷たくて美味しそうだ

そこへアイスミルクという言葉が飛び込んできた

なんでも急に浮かんだり、飛び込んでくるのだ。
こんへんが小生のいいところと飽きっぽいところの源泉だ(?)
飛び込んできた言葉は、よく発音を聞いてみたら「ICE」ではなく「RICE」のようである
当店でも販売している売れない「ライスミルク」である
作り方はいたって簡単、玄米を水でミキシングするだけである

そうか、それを豆乳と玄米でやってみたらどうだぁ〜!

IMGP3130

それに氷をぶち込んで…

IMGP3131

スイッチを入れたら、刃がひんまがった。
まるで、曲がった小生の根性のようである

しかし、小生と一緒で、それでもミキサーは回る。

 

夏用の豆乳ライスミルク

現在研究中

 

やっこ

湯豆腐の季節が終わった。

あの熱々のとろとろの、喉を通るときの感触。
酒を流し込まなくても、スルッと入る感覚。
ほっと人心地つく自宅へ帰ってからのひとときである。

それではこの暑さの中、自宅へ帰ってからはなんだ?と問われる。

IMGP3121

そうなのである
冷奴である。
たっぷりの冷水で、冷たく冷やした木綿豆腐
それに、海の精の「うましお」を振って、エキストラヴァージンオリーブをたっぷりとかける。
豆腐を崩しながら口に運ぶ
口の中は、冷えた柔らかいマシュマロのような豆腐に冷たく舌をさす塩となめらかな油の香、
これが渾然となってビールとともに喉を潤す。
最高である。

しかし、これが半丁しか入っていかない
そして、ビールも350缶が一つが、ようやっとだ。

若い時が懐かしい。
飲み放題・食べ放題の店を、片っ端から探して歩いていた時が…