ちいさな野菜畑

ちいさな野菜畑ブログ

国際交流

本日、米国人の高校教師が来た。
来日8年。そのうち岩手に4年だといい
「このお店好き。しょっちゅう来るよ」と盛岡市街の南外れから来るらしい

「いくつに見える」と聞くから「32〜3歳?」と言うと「ノウノウノウ」と言って親指を立てた
「もっと上?」と聞くとうなずいた。
「いくつ?」と聞いてきたので

「アイムかんれき」というと、彼は笑って片手の掌を広げ、もう片手の指を一本出した。

 

そういえば、昔はよくスカーフをかぶったインドネシアの留学生がよく来ていた


そういえば、中国の留学生を雇ったこともある。彼は根性があった。冬でも自転車で坂を漕いできた。
自転車に乗れない雪の日は、片道1時間を歩いてきた。「花に水をやるのは、女の仕事だ」と言っていやがったが…


半年前は、スイスの学者が訪れた。感激して写真を撮っていたが、後からメールで送られてきた
お礼のメールが
書けないので、日本語で文章を書き「これに返事が来ないように返事を書いてくれ」と頼んだこともあった
また英語のメールが来たら、お手上げである(これでも元商社マンである)

イタリアのシェフも来た。今は恵比寿で店を出していると言う

そういえばスイスから嫁いできた人もいる

生産者には韓国からお嫁に来た人が、本場のキムチを作って出している李美淑(イ・ミスク)さんである

東京からくる外人の客で、背の高い老人もいる。よくわからないが「蕎麦を播くので蕎麦用の肥料をくれ」という、

中国の先生や、中国語の先生、黒人も白人も、なんだかわけの分からん国の人もよく来る

しかし、いちばんおもろいのは関西人である。ろくに店も見ないで「ハヨイコ ハヨイコ」とせっかちである。

岩手山日和

「岩手山日和」という言葉があるなら、今日のような日のことを言うのであろう
昨日の霧のかかった、憂さを晴らすような、すばらしい青天である。

        

街角の片隅の青い空に、白いくっきりとした岩手山が顔を覗かせる

                     

そして、時折広がる青い空間には、どっしりとくっきりと岩手山が鎮座する

                      

それでも春子谷地の岩手山には及ばない。あの裾野を広げた岩手山は、「どうだ。かかってこい」というような迫力を持って座っている

                         

岩手はいいなぁ〜。ほんとうにいいなぁ〜。これからが本当の岩手に季節である

自分だけの一本桜も、もうすぐ花を咲かせるだろう

         

そして湖面に映るさかさ岩手山も。もうすぐきらきら光る

                         

啄木が唄う「ふるさとの山」まさにそれ以上の表現はない

               

トヨタの不具合

20100224083318.jpg

いつも2月の中旬にあある疎植イナ作研究会が今年は、月末近くになった。
ふとスケジュールを見ると重ね重ねではないが、もう一つも重なった。

22〜23日陸前高田で土づくり研究会

24〜24日仙台で疎植イナ作研究会

24〜25日仙台で東北農家の二月セミナー

 

一体どうすればいいのだ!
とりあえず今週は

23日に、陸前高田にでかけ、花巻空港に午後6時に着く京都の客を迎えて盛岡に戻り
24日は、午後1時から始まる研究会に10時頃から盛岡→仙台を高速で…
25日は、午後4時半終了なので高速で仙台→盛岡へ

そういうわけで久しぶりに4駆をはずしてフリーに…

4日間合計で700kmは走っただろう。ところが燃費が12km/ℓの予定がなんと8.5km/ℓしか走らん。
油が漏れているのか…メーターが狂っているのか…

はたまたトヨタの不具合か?

死ぬほど食べてみたい

こびる定食シリーズは、ご飯が食べ放題である。(味噌汁も)
以前は、こびるセットというメニューだった。
「ご飯と味噌汁。おひたしに煮物」これで300円である。
これに単品メニューを付け足すだろうという計算だった。(卵や納豆・かき揚げ)
ところが、このセットだけで食べる人が続出した。

ひどい人は、ご飯を7杯もお代わりした。(最高記録である)
「こんな美味しいご飯は、久しぶり、懐かしい昔の味が…」という感想だった
スタッフは「安いから食べているのよね〜」と言っていたが…
店がリニューアルして、セットが定食になり500円に値上げしても毎日のようにくる
しかし最近では、遠慮してか、3杯ぐらいしかお代わりしない。

                

当店では、旬の素材を使ったメニュー開発のためにアンケートを実施している。
一ヶ月1名様に、こびるチケット(3000円相当)が当たる。
 

先日、その客が一生懸命にアンケートを書いている。帰った後、回収BOXを覗いてみると

「とっても美味しくて何杯も食べられるから是非また来たい。おなかいっぱい食べたいが、周りを見るとなかなか食べられない。いつの日か死ぬほど食べてみたいです」

と書いてあった。
唖然!

 

陽が射す

天窓からというか排煙窓から陽が差し込んで部屋の中はもう春の兆し

しかし、本日の最低気温は氷点下6度の予報だったが…

日中は。まだまだ外気温は真冬である

てっぺんは…

                    20100221095603.jpg

朝、雲に覆われていた岩手山が徐々に姿を表したが、頂上付近には雲が…

市内のあちこちで、岩手山が見えるが、このスポットの全景が一番すばらしい。