ちいさな野菜畑

ちいさな野菜畑ブログ

金をかせぐ

年が明けて震災記念日の前後だろうか、三宮・芦屋・大阪・京都へ二泊三日の旅に出た。
関西の陽気は、岩手の3月の気分だと思ったが…
岩手は3月になっても、三寒四温である。
最高気温が二桁になろと予報がでても8度程度までしか上がらない。
時折、最低気温が氷点下になり、霜柱がたつ。

芦屋で「白木蓮」を見つけた。つぼみが膨らんだ白木蓮は、3月の今は、もう散っているだろう、

家の白木蓮は、まだ十分に膨らんでいない。例年だと4月の初旬には咲き始めるのだが…
関西と岩手では、3ヶ月ぐらいの季節感の違いがある。

                     

「桜が咲いた」というニュースが聞こえるが、家の梅は、ようやくこのような状態である。

先日は”水仙が芽を出した”と思ったら、チューリップの芽も吹き出した。

              

そろそろ爆発する春を目指して、着々と準備を進めている岩手の3月である。

岩手は四季のメリハリが、はっきりしている。

花が咲き乱れ「爆発する春」短いけれど「暑い緑の夏」長い「燃える紅葉の秋」そして「凍える真っ白の冬」
今が凍える真っ白の冬から、爆発する春に向かう一番良い季節かも知れない。

ところが、稲作農家の八重樫真純は「今の時期が一番いやだ」という
家庭菜園は今年は何を植えようかという「期待に膨らむ春」なのだろうが…
農家にとっては「天候への不安と、これからの農作業」を思うと、憂鬱な気分になるのだろう
 

その差は、金を稼がないでいい人と、金を稼がないといけない人の差かも知れない。

男どもの悪口!

「嫁と姑で、男どもの悪口を言っているどご!」
と味噌造りをしていた和代さんと嫁の恵子さんは、大声で明るく笑った。

岩崎善隆さんちの”湧く湧く工房”の中である。
3月は味噌造り。5年味噌・3年味噌の仕込みが、家族総出で行われる。

                       

夏に栽培した豆3種類(白大豆・青豆・黒豆)を秋に乾燥させ。冬に豆を拾う。
 

                       

                         

以前、晩秋に「奥さんは?」と岩崎善隆さんに聞いたら「豆拾いに行っている」と言われ
丁寧な仕事をする岩崎家だから、”畑にこぼれ落ちた豆を拾いに行っているのか?大変だな〜”と思った
その後、乾燥した豆を選別することを「豆拾い」といっているようである。
一冬中、小屋の中に広げた豆を(虫食いや、斑点の着いた豆)一粒一粒取り除く手作業の選別をしているのである。
大豆は儲からない。通常は栽培した豆を農協に出せば、重油を利用した機械乾燥をして色彩選別機で選別してくれる。
それを昔ながらのやり方で、天日乾燥して手選別しているのである。

何年か前に、クレームがあった。「味噌が酸っぱい」という。
「調べてくれ」といわれて味噌屋に聞きに言ったら、「水分が多いのでは…」と言われた
そのときの天気により乾燥度合いが違う。また豆の種類によっては吸水率が違う。
保管しているときの温度変化で、発酵が微妙に変化する。
自分で食べる味噌なら、何とか利用するのであるが。岩崎さんちでは、全部捨ててしまった。
捨てるというか?発酵肥料の中に混ぜて土に返してしまう。
そんなこともあって、味噌造りを止めてしまうのか?と思ったが、その失敗をバネに続けている。
 

「今日でお終い。水につけた豆が余分にあるけど、持って行く?」
「持っていって塩ゆでして、お客さんに食べてもらって!」と奥さんの和代さんは言った。
そばで旦那は「煮汁を肥料の中に混ぜるから…」と言って、大きなバケツを運んでいった。

岩崎家の3月の恒例行事で、昨年春からの集大成でもあり、今年の春に向かう最初のイベントでもある。

気温と地温

        

種まきを工藤昇に依頼した、というよりも苗の生産を依頼した。
今がピーマンやトウガラシの播種時期である。

ただし、ハウスものでである。
露地用の苗の種まきは、まだ早い。

                        

 

ところ店で売る苗は、早くから売れる。だから種まきはハウス用と一緒である。
岩手は霜の心配が無くなる時、5月20日以降が苗の定植時期なのであるが、みんなゴールディンウィークに買ってしまう。
ホームセンターなどは

「良い苗は、早く売れるから、早めに買っておいて自分で管理して適期に植えなさい」などと言うが…

良い苗などは、ホームセンターで売っていない。あれは、見栄えが良い苗である。
良い苗は、見栄えが良くない苗である。ズングリムックリとした苗である(小生とは正反対)
(トマトだけは違う、すらりとした苗が良い(小生に似ている)

まして自分で管理するなどと言うのは、難しい。
地温が15度以上にならないと根が張らない、それ以下だと根が寒さでやられ、葉がやられて光合成ができない)
地温を上げるために農家は、電気ヒーターを使用するが、家庭では、ほとんどが出来ない

                           

工藤昇の処では、気温と地温が同時に測れる温度計を使っている。
しかし、地温を上げようと思うと気温も上がる。

「おい、ばあさんは、なにを鉢上げするのだ?」
「気温が上がりすぎて、キュウリが伸びすぎてしまって…」

おばぁちゃんは、キュウリの鉢上げの為にポットの土に灌水をしていた。

地温は蓄積である。柔らかな春の日差しが徐々に土の中を暖め温度を蓄積する。
気温は、流れである。春の日差しが空気を暖め、流れとなって感じるのである。

なんぼにも なんねぇ〜

岩崎家では、”いぐね(居久根)”の樹を切っている(いぐね=屋敷の回りの防風林)

「もったいないね〜。何年経っているの?」
「爺さんの時代だから…60〜70年がなぁ〜」
「風が吹くと倒れるがら、心配で…」と言葉少なく淋しそうに善隆さんはつぶやいた。

                  

                 

                

 

もうあと少しで、すべて伐採してしまう。
奥さんは、

「毎年春になると木が倒れて…、やぢだから…虫も食ってるし…倒れやすくて…」

                  

ここは「生出谷地(おいでやぢ)」と呼ばれている土地である。
岩手山の伏流水が自噴している。そのわき水の場所を「湧口(わっくち)」と言い、
自噴したわき水が、最初に岩崎家の田んぼや庭を流れて行く。
おかげで湿った土地(谷地)と呼ばれて湿地帯の土地である。

                 

岩崎家の敷地の真ん中を、年間を通して15度のわき水が勢いよく流れ
春は種籾を浸漬し、夏はスイカを冷やし、秋は大根を洗い、冬は長靴の外から冷えた足を温める。

そして岩手山から吹き下ろす風は、稲の間を吹き抜け病害虫を寄せ付けない。

良いことも悪いことも、受け入れてこの土地で暮らすと言うことなのだろう。

善隆さんは「伐採賃と切った樹は、相殺だ。なんぼにもなんねぇ〜」と言いながら
風で飛ばされた屋根瓦の修理をしていた

寝られない

寝不足である。慢性の寝不足である。
以前は、店の作業室に布張りの背もたれが高い椅子があって、よくそこで昼寝をしていた。
今は、店の中央に固い椅子があるだけである。
ときどき「コックリ コックリ」すると、お客に丸見えである。
仕方がないので、愚薄禿号の椅子を倒して横になるのだが、時々うちの魔子様が、荷物を取りに来て”ガタァ〜ン”と、わざとらしく閉める。
そして時々、「お客さんが…」と言って起こしに来る
 

いつも店から戻ると、早速、晩酌をするのだが、これが心地よくて、すぐ眠くなる
風呂に入ると目が冴えてきて、冷たい寝酒を飲みながら、机に向かう
二杯目ぐらいまでは、なんとか字が読めるのだが…
三杯目以降になると、沈思黙考に入ってしまう。
それで、ベッドに倒れ込むのだ。
朝は、早い。
目が覚め、コーヒーをわかしてすすっていると、朝食の時間になる。
朝食を食べる時間ではなく、作る時間である。
朝早く目が覚めるために、腹が空くので、自分で作るのである。
別に魔子様さまから「はよ起きて作れ!」と命令されたわけではない・。
といっても、昨晩のリサイクル料理である。
そんなわけで、ちょっとタイミングがずれると、ブログを書く時間が取れない。

今朝は、豆ご飯(秘伝の豆平)

これは絶品である。Mr母蓮から教えてもらったのだが、
秘伝の豆平は、蒸してから平たくつぶして乾燥させたもので、北陸では「打ち豆」という食文化である。
南東北でもあるというが、岩手では聞いたことがない。大豆の産地なので、絶対にあるはずと思っているが、
各家庭で作っていたので、商売にはならない。当たり前の文化なので、言葉として残っていないのだろうか?
「祖母が作っていた」というような話を聞いたことがあるが…
これは便利である、一晩水に漬けておかなくても、朝放り込むだけでやわらかく美味しい豆料理ができる。
当初は、「生でかじってみたが、美味しくない」などと言われた。
その豆平を、ご飯を炊く寸前にいれて通常通りご飯を炊いた。

その豆ご飯に昨日の残り物の麻婆豆腐。そして冷蔵庫に眠っていた塩鮭に古舘製麺の生うどんを味噌ベースの鍋である
古舘製麺の"生うどん"は、優れものである。最近冷凍の讃岐うどんが美味しいが、それに勝るとも劣らない。
欠点は、ゆで時間が熱湯から10分と長いことである。
しかし、食べ過ぎて眠くなってきた、今日も寝不足である。

昨晩は、「ピノキオという番組に陸羽132号がでる」というので遅くまで起きないといけなかった。
ビデオが壊れているのである。うちの魔子様達はビデオを持っているが、それぞれに予約があり、取れなかったのである。
それも12時56分からスタート。それまで酒を飲んでいると寝てしまう。

「そうだ今日は休肝日にしよう」

と今年初めて強い固い決心をして、お茶をすすりながら起きていた。
おかげで今朝は、うとうとしながら5時間の睡眠。
いかに酒の力を借りて熟睡していたか?
今晩も休肝日。寝られるだろうか?心配で寝られない。

日本兵帰還

日本兵と出会ったのは、平成の時代であった。
横井庄一さんや小野田寛郎さんが、発見された昭和40年代末期から相当の時間が経っている。
場所は、岩泉のジャングルの奥地ではない。
4〜5年前に食文化研究会が開催された、ふれあいランド岩泉である。
まだ高校生だった彼は、翌年、某岩手大学で日本兵として再会したのである。

大学で彼は「日本兵」と呼ばれている。
彼は、自身で作った手縫いの服や手縫いの鞄を身につけている。
それが、カーキ色の軍服・軍帽・軍用鞄に酷似しているのである。
別に意識して作っているのではないだろうが。
中学生時代から、おばぁちゃんに教えてもらった裁縫で作ったという
また、わらじや炭すご(炭俵)まで、器用に作りこなす。
小生の店で余った種を、大学で借りた農地を使って、様々な野菜を作りこなし、保存食として利用している。

ちょっと若者というジャンルでは、くくれない人種である。
しかし、もう春から大学4年。就職や卒論を抱えて、「岩泉の農業に貢献したい」という

そんな彼が選んだ卒論が「地種の大豆は、窒素固定が高いのではないか」というものであった。
地種の大豆なら「佐藤政行種苗」である。
社長にアポを取り、二人で弊衣破帽号に乗り込み、岩手山がきれいに見える盛岡を一路、流通センターに向かった。

    

「今日の岩手山は、きれいだなぁ〜。岩泉で岩手山は見えるか?」
「安家森まで登らないと…。4年間、いい風景を見させていただき幸せでした」
そんな会話をしながら車を走らせたが…
お目当ての松浦社長は、留守だった。
「近くでコーヒーでも飲んでいれば、直に帰ってくるだろう」
と田舎道を走らせたが。喫茶店が無い。
当たり前だ!田んぼの中に喫茶店などあるバズがない

着いたのは、津志田のユニバースのフードコートである。
ガチャガチャとうるさいフードコートで、
「こんな処来たことは、ありません」と彼は、言いながら
化学香料たっぷりの”アップル鯛焼き”とマヨ醤油”たこやき”とコーヒーを飲んで
「たまには食品添加物を採って、体を鍛えないとこれから生きてはいけない」
「これからは、添加物を摂取できる人間だけが生き延びれる(?)」と諭した(笑)
「大学でも、これがグルタミン酸、これがイノシン酸というように味見させられるのです…」
と指で、彼は嘗める仕草を見せた。

再度、佐藤政行に行くと社長が待っていた。
「韓国では、収穫したニンニクの良いものは売ってしまい、種は残ったものから選ぶ
日本では、良いものを種に残して、悪いものから食べる
結局、韓国では、だんだん種が悪くなって、種子更新が出来なくなり、当社のものを輸出した」
「白大豆は、国が育種開発、青黒などは、民間が…という棲み分けがある」
「いやぁ〜まだ開発段階で秘密なのだが…、○○で○○○○を試作して…」と、大変気に掛かることまで…

実験用の大豆を何種類も、もらった日本兵は…
「あの社長さん魅力的です。種屋さんが食品開発まで…。熱いですね」と感激しながら

「これが早野君が、見て育った岩手山だ」と岩泉に行った早野君を偲んで…(?)

岩手山どころか

               

早池峰まで頭を出していた。

訂正広告

「今日の新聞に出てましたね〜。記事の中で紹介している醤油が”醤次郎”ですね」

二回目の醤次郎の仕込みの打ち合わせを終えて
帰り際に、宮田醤油の佐々木課長が嬉しげに語った。

「今日だったのか?まだ見ていないんだよ」

先日のM日新聞の記事である。
M日新聞は取っていない。早速記事を確かめに、土手の上のコンビニに走る。
新聞を買って、店に帰る途中の土手に、念のために、新しい芽が出ていないか?あちこちと探していると

有りました。こぶりの奴が二つ

                               

うれしいですね…
春一番に咲く、福寿草です。
あちこちで咲いたと聞いていたが、春の遅い松園にも、ようやく咲きました。
しかし、2〜3日前には見たときには、影も形もなかったのに…。
突然、ジョッキと出てきた。春の勃起である。(?)
まるで”春に欲情している”ようである。
 

うれしく店に戻って新聞を広げると

やはり…。おいおいこんな”ぼけた面”が載っていた。(汗)

これじゃ〜、かき揚げ定食も美味しく見えない。

こんな店主では、客が減る〜(泣)

記事も読まないで、うちの魔子様に渡した。
しばらくして、うちの魔子様が
「あんた、えらいことをしゃべったわね」

「えっ何を?」
「”月見そばが600円”と、でてるじゃないの?」
「えっ!」

よく見たら「月見そば 600円」とでている。
月見そばは。メニューにない。
手打ちそばに単品の自然卵を組み合わせて食べる奴である
600円の手打ちそばに、生卵100円を付けて700円である。

すぐ訂正広告をださなければ…
「マスコミは、本当のことを書かない」というけれど…
写真も、真実を写していない。
ついでに写真も差し替えて

「お〜い、裕次郎に似た写真があっただろう」

「そんなの無いわよ。鶴瓶に似た奴ならあるけど…」

「………」

「ごめんください」×31回

配達に行った。
おばあさんの一人暮らしの処である。

以前。留守だったので荷物を物置に入れてきたが…
そのあと、いくら電話をしても電話に出ない。
「ひょっとして…}
万一のことを想定したり、どこかホームに入ったのか?
家族に引き取られて行ったのか?
などとと心配していたが、しばらくして店にやってきた。
無事を確認して、安堵をしたものであるが…
そこで、注文をもらったのである。

 

玄関の前に立つと、どうやらいる雰囲気がする。
呼び鈴を押しても、出てこない。
玄関のドアは開いている。
ドアを開けて玄関に入ると、テレビの音が鳴っている。
もう一度呼び鈴を鳴らすが、呼び鈴が壊れているようである。
大声で「ごめんください」と叫ぶ

大声で叫んだつもりだが、声がしゃがれているので、届かない
何回か叫ぶ。

「ごめんください」「ごめんください}×12回

テレビの音とともに、笑い声が聞こえる

{ごめんください」×8回

ようやく足音がするが、また聞こえなくなってきた

「ごめんください」×11回

う〜んこまった

以前も同じ事があった。納豆屋である
昼飯時間に言ったら、誰もいなくて奥の休憩室から賑やかな声が聞こえる
そして呼び鈴は壊れていた。
何回叫んでも出てこないので、あきらめて依頼する大豆を置いて帰った。
その後、納豆屋は呼び鈴を直してくれ、休憩室のドアのありかを教えてくれた。

しかし、ここで閃いた!そうだ!

うちの魔子様に、携帯電話をした

「おーい、電話をして””玄関にいるから、出てきてくれ”と伝えてくれ」

電話が鳴った。しばらく応答が聞こえて、おばあさんが玄関に出てきた。
 

おばあさんは、「ごくろう、ごくろう、外からガラス戸をたたいてくれたら…」
「ところで、何を持ってきたの?」

拉致

某M日新聞の取材が入った。

魔子様の財布から金を抜き取った疑いか?
素顔で歩いている、わいせつ物陳列罪か?
10円玉を拾って、届けなかった猫ばばぁ〜の疑いか?
と、様々な悪行の数々が走馬燈のように浮かんだ。

そんなことを考えていたら、イチローのように無精ひげを生やした若い子が来た。
「岩手は初任地で、美味しい食の情報提供の記事だ」という
一挙に気が抜け、腰が抜けた。

前は、若い女性記者で入ったばかりと言う「”お陀仏”みたいな名前の記者がいたが…」
と訪ねたら
「彼女と入れ替わりで、今は、本社の政治部で小沢番です。」という
「初任地が岩手で、小沢番だったら、記者仲間では幅がきくだろうね〜」
そんな雑談をしながら、取材を小一時間ほど…

彼は、カウンターから”かき揚げ定食”を出す。小生の写真を撮っていった。


小生がカウンターから料理を出すということは無いが…。やらせだ!
まぁマスコミのほとんどは、やらせだから、仕方がないが…
しかし、小生の写真など撮って、客が怖がって来なかったら心配だ。
誰が責任を取ってくれるのだろうか?

帰り際に「今度、妻を連れてきます」と言って帰ったが
前任の”お陀仏”みたいな名前の記者も、初任地で新婚だった。
 

まぁ遠距離恋愛は、続かないからなぁ〜
僻地のような岩手に赴任するには、早めに手込めにして連れてくるのだろうか?
そういえば岩手にも拉致して連れてこられた,日本人妻.日本人夫が多い(?)

う〜ん 接点がない

三組の客が、かち合った。
学校の2人と、お寺の2人と、寿司屋の2人である。

客がかち合うと、いつもどこか接点がないか考える。
その接点を紹介して引き合わせるのだが…

今回は、別々の三組で、接点が見あたらない
一生懸命コーヒーを淹れながら、か細い糸をたぐるように考えたが…

出身は、愛知と長崎と、宮城と盛岡と、千葉と譜代とすべて違う
共通の知人は…

学校の若いのは、そういえばY准教授の学生だった。
Y准教授は、お寺にしょっちゅう行っている。
これか?しかし、線が弱い。

趣味は、映画が共通しているが…
片方はドキュメンタリーで、片方はドラマだ。

おまけに仏教と神道である。

山に住んでいるのと、海のものを扱う商売

子供相手の仕事と、末期高齢者の仕事と…

営利の仕事と…非営利の仕事…

金儲けに苦しんでいるのと、金に不自由していないのと、これから金儲けをしよというのと…

新婚と旧婚と…年齢差も30歳もある

美人の奥さんをもらったのと…美男のだんなと…そうでないのと…

足が短いのと…、足が長いのと…

太っているのと…痩せているのと…

背の高いのと…背の低いのと…

躰が頑丈なのと…がたがあちこちに来ているのと…

 

う〜ん、接点がない