ちいさな野菜畑

ちいさな野菜畑ブログ

一本桜

20100216102857.JPG

一本桜の後ろに岩手山が見える(携帯写真なので不鮮明である)

小岩井の一本桜が有名であるが、岩手は個人個人が大切にしてる一本桜がある

これは小生の一本桜である。うっかりすると通り過ぎてしまう

本日の岩手

今朝早起きして、わしの尾の陸羽132号の仕込みに立ち会うために282を北上した。
厳しい寒さの中、暗い空が徐々に明るさを増していく
幸い道路に雪がない、少し遅れ気味の出発にいらいらしながらも、姫神の朝日が昇る直前の姿をとらえた

                                                                            

ようやくわしの尾の事務所に到着。社長は、還暦の同窓会で温泉に行っており、朝帰ってくると言う
     

陸羽132の一連の作業を見学して、弁当の配達があるので10時頃わしの尾をでて282を南下、一路盛岡に向かう
その途中の岩手山が、まるで寒い息を吐いているようである

 

                                             

                                                                                                      

弁当

弁当の注文をもらった
予算500円15個である。

昨日から段取りして今朝から調整してできた

                                                             

しかし、500円以下の弁当の作り方を教えて欲しい
ひょっとして、捨てるものを利用しているのではないだろうか?

わしの尾酒造

「わしの尾」は文政年間に創業されたと言う古い蔵である。
岩手山が”別名”巌鷲山”と呼ばれるために。”わしの尾っぽの処にあるところ”であると聞いた

http://www.washinoo.co.jp/

 

東京で名前を売れていると言う話が、聞いてみると

「八幡平に学習院の寮がある。そこではわしの尾がよく飲まれた。
それで東京の皇族関係から高い評価をえているのではないか?」

という話だった

陸羽132号

あちこちの酒蔵に、何度か行った。ただの見学である。
おけが一杯ならんでいて、全部試飲させてくれ、帰る頃にはふらふらになる、と言うような見学なのかと思ったら
やはり単なる見学である。まんじゅうを前に置いて、お預けさせられる子供のようなものである。
そして帰りには、いっぱい酒を買わされて帰るという羽目におちいる。くやしい!

そんなことを思い出しながら、今朝はわしの酒造の陸羽132号の仕込みに立ち会った

http://www.ken-ohashi.jp/contents/2b/dagakki3/08series/132.html
店のお客であるカメラマンが、「手作業の部分は今日だけだから…」と言って勧めてくれたのである。

今日は一番最初の仕込みで「添(そえ)」と言う。三段仕込みの最初(一段目?)である。
二段目は「中添え」最後は「留」という

一番最初に水麹をつくりそれを四日間で徐々に酵母を増やす
最初に空のタンクに、水を入れそれに酒母という麹を入れ、麹米をいれ、かけ米をいれる、
この作業の一連を見学してきた

朝6時半、松尾神社に参拝する
八幡平市松尾か?と思ったら違った
京都の酒造りの神さんらしい 

http://www.matsunoo.or.jp/index-1/index.html

それが終わると杜氏たちは、めまぐるしく動く

岩手山の伏流水の中に、麹を発酵させた米を入れ込むのである
発酵させた陸羽をさまして担いでいれるのである。

        

それから酒母という麹菌と米をじっくりと発酵させたものを入れる

                         kk

それを攪拌して温度が一定になったところで熱いかけ米を、温度を下げてからいれ、12.5度まで上げるのである

                                    

                                                                                           

                                                                                                                        

そのタンクを保温している          稲の生産者渡辺晴久君がインタビューされている

今年は陸羽132号が育種開発されてから八八年目の米寿を迎える
その記念の仕込みである

しかし、寒かった、熱燗の陸羽132を一杯やってから見学すべきだったか?