ちいさな野菜畑

ちいさな野菜畑ブログ

河内山 耕 君

江刺の河内山から、便りが届いた

「里山生活学校をやっと立ち上げた」という通信である
河内山耕は、元埼玉「自由の森学園」の英語の教師だった
18年前に江刺に入植したが、それ以前に両親が三陸町に入植した
(当店に飾ってある絵は、河内山耕くんのお父さん河内山亨さんが「退院祝い」としてくれたものである)

耕くんは、両親に岩手で就農するように言われたが、気が進まず英語教師を続けいたが
自由の森学園での農業実習で、良いところが無くて自分で始める決意をしたと言う
ついでに、教え子を拉致して妻にしたという(うらやましい?)

山下惣一さんを連れて最初にあったときは豚小屋を改造して住んでいた。
畑はわずか、自然養鶏で生計を立てていたが、徐々に開墾し

今では、様々なものを作り出す「うたがき優命園」として立体農業を目指している
(立体農業=果樹の下に鶏や羊、豚を飼う)

自宅は新規就農資金で基礎と柱と屋根を大工に建ててもらい、その後は長い年月をかけて自分で建てたと言う2階建てである
明るい奥さんは、お菓子をつくり、一菓卵爛(?)と言う菓子工房を作った

そんな河内山君が、今まで行ってきた学習会や観察会。見学会を一連の流れとして「里山生活学校」を立ち上げたのである
部数が5部しかないので早い者勝ちであるが、希望者におわけします。連絡ください

 

 

おひさま米

                       

いつもお米を買っていただけるお客様が、無農薬米の玄米7種類全部を500gづつ買い求めたという
そして家に着いたと思う頃電話で

「おひさま米を5kg欲しい」と連絡があった

「すごいわね、あの人全部炊いて試してみたのかしら…」と店のスタッフが話をしていた
全部炊いて試食するには、時間がなさ過ぎる
たぶん「籾が入っている」とクレームがあったから「籾の入っていないものを選んだのだろう」

玄米にはどうしても、しっかりと籾すりしても籾が残る。白米に精米すれば問題が無いのであるが…
おひさま米の渡辺哲哉は「無農薬米は、玄米で食べることが多いので籾すりには神経を使う。二度籾すりをしている」と言う
それが評価されたのだろう

 

鴨だし青龍麺

ラーメンが好きである

インスタントラーメンが出初めたのは、中学生の頃だろうか?
受験勉強で遅くなると、夜食にインスタントラーメンを作ってくれた
それが食べたさに、勉強していたのかもしれない
(もっとも頭に入らず、タダ机に座っていたのかも知れないが…頭に入っていれば違う道に行っていただろう(泣)
しかし、インスタントラーメンは当時高価だった。
そこで丼に醤油と味の素とラードを入れお湯を注ぎ、中華麺を入れたラーメン風のものをお袋は作ってくれた
その味が懐かしく思い出させる

当店でもラーメンを作りたいと考えていた
しかし、ラーメンは様々な店が、様々な味をだして競っている
そこへ参入するのは愚の骨頂である
違う事で勝負できないか?
そして昔の家で作ってもらったラーメンを思い出したのである
ラーメンではなくラーメン風で良いのではないか?

スープは田んぼでお役ご免になった合鴨のガラをぐつぐつ煮て野菜をたっぷり入れたスープ
軽米の古里斉がつくった南部小麦と北上更木産の桑茶をブレンド
緑色の麺が出来た
ラーメンと名乗るは、おこがましい。最初は龍麺と名付けたが、朝青龍引退記念で青龍麺とすることに決めた(笑)

ラーメンを超えた青龍麺

ところが太さと縮れ具合がいろいろある
中野製麺がそのサンプルと作ってくれた
もう食堂のメニューに書いてあるが…
早く試食をして麺を決めないと行けない。これから試食三昧である

地獄の極楽である

山下惣一さん

山下惣一さんは、今年74才になると言う
元気だ。若い頃から百姓仕事をしていたせいだろうか?
温泉で裸になっても筋肉は隆々としている。
小生と違って、下腹など全然でていない。(泣)

山下さんは、佐賀県唐津の農民作家である

「減反神社」で直木賞候補にもなり農民文学の最高峰「地上文学賞」も受賞している
そして行動力もあり世界各地の農業を見て回り、日本農政を批判している。
「農政批判ばかりしているが、それではこれからどうしたらいいのだ?」と言われても「分からない」と出会ったばかりの頃は言っていたが
10年前「ついに分かった」と言って「身土不二の探求」を著し、
身土不二こそ日本農業のあり方だ
と提言している

その「身土不二の探求」には岩大鷹嘴テル先生や、専立寺の和尚まで登場し、小生も「盛岡の友人」としてでている
 

12〜3年前から沢内に講演に来た山下さんに
「農政批判で煽っている山下さんには、若者を育てる責任と義務がある。旅費を出せないが宿泊費と飲み代はだすから、東北に来たときは岩手で一杯やろう」
と言って一年に一度岩手に来ることになっている
今回は水沢に講演にくるというので、有志で北上の温泉に集合した

                                                                 

沢内から吉田正志・有馬富弘・北上から八重樫真純・千田茂光、山形村から落安賢吉 そして小生である
宿の料理の他。沢内の大根の一本漬け、ミズの漬け物。そしてハタハタとキンキの寿司漬け。
酒はわしの尾金印・陸羽132・米の発酵した汁・夢灯り・浜千鳥

6時から、5升は呑んだだろうか?一人7合ぐらいはいっただろう
山下さんは「九州では日本酒はごちそう!」と良いながらぐびぐび
そして禁煙しているが「嫌いで別れたわけではない。}と言いながら、もらい煙草を…(内緒だ)
話はパレスチナの農業や各地の農業の話題。そして農政批判と尽きない
もっとも盛り上がったのは西和賀町長選と、西和賀農業のあり方であった。

翌朝。朝風呂に入って朝飯
これがまずい
           

ご飯がとてつもなくまずいのである。北上の人間は「岩崎新田の米はまずい」というが…
おまけにカメムシの斑点米まで混じっている
ぶつぶつ言いながら、お代わりをしてしまった。
貧乏性のせいか、とりあえず腹を満たそうと言う本能がさわぐのだろうか(泣)

この宿は湯治客ようの宿ではあるが、近隣の住民が銭湯代わりに入っているようである。
なんせ入浴料が150円なのである
洗面道具を抱えて、朝からどんどん客が入ってくる
近くには夏油温泉があるが冬期閉鎖で、そばには夏油川が流れている

                             

 

「また来年!」と再会を約して、解散!

 

 

 

  

一本桜

20100216102857.JPG

一本桜の後ろに岩手山が見える(携帯写真なので不鮮明である)

小岩井の一本桜が有名であるが、岩手は個人個人が大切にしてる一本桜がある

これは小生の一本桜である。うっかりすると通り過ぎてしまう

本日の岩手

今朝早起きして、わしの尾の陸羽132号の仕込みに立ち会うために282を北上した。
厳しい寒さの中、暗い空が徐々に明るさを増していく
幸い道路に雪がない、少し遅れ気味の出発にいらいらしながらも、姫神の朝日が昇る直前の姿をとらえた

                                                                            

ようやくわしの尾の事務所に到着。社長は、還暦の同窓会で温泉に行っており、朝帰ってくると言う
     

陸羽132の一連の作業を見学して、弁当の配達があるので10時頃わしの尾をでて282を南下、一路盛岡に向かう
その途中の岩手山が、まるで寒い息を吐いているようである