ちいさな野菜畑

ちいさな野菜畑ブログ

大雪警報

昨日、泥酔してタクシーで家に到着したときは、そんなんではなかったが…

朝、店に出ようと思ったら魔子様の愛車 ,愚薄禿号(おろなかうすらはげ)は、こんな感じだった。
(親鸞が還俗したときの名前「愚禿」にあやかり、愚薄禿号と名付けた。雪を取り除くと分かるが…天井がハゲ?なのである)

                 

今日は、定期便岩手町へ行くが、道路は圧雪凍結

愛車の弊衣破帽号(とりあえずボロボロです)は、車輪で四駆に切り替える方式なので、出かけるときは二駆だった。
右に左にとハンドルを取られて、危うく道路から飛び出しそうになるのを、なだめなだめ走らせた。

田中清憲さんは、
「昨日、帰ってくるとき猛吹雪で全然前が見えない。ワイパーが張り付いて、二回ほど降りてワイパーの雪を払った」
「何時頃?」
「夜中の二時!」
冬は、バイトで寄るが遅いのである

岩手山も吹雪に阻まれて裾野がかろうじて見えるだけであ る
          

河原の石も、綿帽子をかぶって

              

そして今も雪は降り続く、春の大雪でこれが最後になって欲しいが…

まだ、だろうなぁ〜

すぐれもの

         

店の薪ストーブは、店主より優れものです(汗)
わずかになった熾き(おき)でも、薪を放り込むと瞬く間に燃え上がります

しかし、結構気むずかしくて、最初はなかなか燃えてくれなくて…

朝はいつも

   こうなったりああなったり

 このじゃじゃ馬娘が暴れまくって

                                            

店内が、煙だらけで、どうにも手を着けられなくなります。
そういうときは、優しい心と一緒に窓を開け放ち、空気を一新して新しい気持ちで望みます

しかし、この準備のために、春から斎藤理事長が玉切りして

 店主は薪割り機で玉を割り

そして積み上げ

 厳しい冬も,

つららを友とし

いまでは残り少なくなって…、

もうここまで来れば、春はもうそこ!

今年もなんとか間に合った!

stop theイオン

「いおん」がする。

小生の嫌いな、イオンではない。

 

精米器から「異音」がするのである。

                                                 

”キーン、キィ〜ン”という音が止まらない。
この精米器が故障したら大変である。厨房のご飯も、店で売る米も、すべて無くなってしまう。

この精米器は、石抜き付き低温精米器である。
昔は、よくご飯の中に石などが入っていた。当時は、当たり前と思って食べていた。
しかし、今はクレームや、歯が欠けた等の保障沙汰になると言う

石が入るのは、稲刈りの時に稲刈り機が田んぼの石を拾いあげ、その石が籾すりや精米の過程で細かく砕かれて混入する。
しかし、稲刈り機が拾い上げるのは石だけではない。除草をきちんとしていない田んぼでは草の実も拾う。
最近は、石抜きの技術はや色彩選別機が普及したおかげで、滅多に石や草の実が混入することは無くなったが…
まだ一部旧式の精米器を利用している農家もある。
目視できるほど大きな草の実が入っている農家の米もあるので、注意しなければならない。
ときどき田んぼで落とした10円玉が入っていることが…(それは無い)

また玄米から米ぬかをはがすのは、摩擦である。米と米を摩擦して米ぬかを落とす。
そのために摩擦熱で、高温になる。高温になるとタンパク質が変性して味が悪くなる。
コイン精米器で、手を入れると「熱い」とまではいかないが。結構熱くなっているときがあるが、それが摩擦熱である。
当店の精米器は、「ぬるい」程度の温かさである。精米器メーカーのノウハウなのであろう
冷たいまま出てくることがあるが、それは精米が出来ていない(玄米のまま)

それに小米選別機を後から付け加えた。
これは、精米した段階でひび割れていた米が割れて小米となる。
この小米を選別してふるい落とすのである。
小米は、ご飯を炊くときに粒度がそろってないと、蒸気の抜ける穴がふさがれる。
均一にご飯が炊けないのである。調理の基本は均一に加熱することと聞く、
ご飯を炊いたときにカニ穴と呼ばれる、穴が無数に開いているご飯は美味しく炊けたと言う
そのカニ穴が蒸気穴である。そのために小米を選別してふるい落とす事が必要です。
ふるい落とした小米は、小鳥の餌として、お寺さんにもらわれていく。
殺生を禁じられているお寺さんは、窓辺によってくる雀を餌付けして、丸々と太らせて…(後は、どうしているか分からない。)

精米器の心臓とも言われる摺動部分を外してこびりついた、米ぬかをとり

小米選別機の選別機を解体して掃除をする

おもったほど糠は溜まっていないかったが…

 

これでさらさらと精米が出来る

                                                        

選別も

 

しかし、イオンは止まらない。

油断

昨晩インターネットで、天気予報を確認した。

「夜から雨で午前3時頃からやや強い雨。」とあった。

「明日で、日陰の雪も消える」と心地よいワインの酔いも手伝ってベッドに横たわった

朝起きて、おかゆの用意をしようと思ったら、台所の窓から、なにか白い風景が…

えっ!雪!

車の上には分厚い雪の絨毯が…

昨日の庭も、あっという間に…

店に行くと弊衣破帽号も雪で覆われ

土手には、大きな枝がごろり

そして,直径40cmは有ろうかという樹が、根元からボッキリ

だれだ、雨という予報を出したのは(怒)

怖い世の中

「このtwitterの下に、”ブログ更新しました”と言う文字を入れよう」とホームページを作ってもらっているパソコンの師匠に言ったら…

「ブログは、毎日更新するものです」と言われてしまった。

昨日は、更新しなかった。
何となく気ぜわしい細かいことが多く、その現実逃避としてちょっとtwitterを読んでいたら、とんでもないことに出くわしたのである。
厚労省虚偽記載事件、村木厚子被告の公判で、石井一議員が証人尋問をされているのを江川紹子と竹中なみが、twitterで実況中継をしているのである。

http://d.hatena.ne.jp/Tony_Shikaku/20100304/1267713363

「冤罪はこうして作られるのか?「検察は、正義ではないのか?」「恐ろしいでっち上げ!」「この裏には、何があるのか」
そんなことを考え、あちこちを読んでいる間に時間が過ぎた。
陰で画策している人、利権で動いている人、様々な裏社会の一面を見たような気がする。

これでは、マスコミはいらないと思わせるような、迫力である
しかし、このtwitterも、利用の仕方によっては、善悪両方に多大な影響を与えるのだろうね

怖い世の中になった。

 

 

 

定期便

定期便の岩手町・西根・玉山行き

田中清憲さんは、夫婦で倉庫の中で、ごそごそ
「なにしてんだ?」
「ふたりで隠れんぼ(笑)!」
太い土から堀立の大根を、出してきた

               

[他から何が出てくるの?」と聞くので
「何も出てこないから。油を売っている(?)」

遠藤栄さんは、調子が悪そうで、人参を出して「嫁に行った姉と、お袋が洗った」
「長いもが、品薄で…」と言うと
「土着きだけど、持って行くかい?」

 

岩崎善隆さんは、「漬け物がどっさりだ」と発砲スチロールの箱を持って
「爺さんが植えた家の回りの樹を、ぜんぶ切るんだ。風が吹くといつ倒れるか不安だし、杉の葉が掃除が大変だ。
切っても金にならない。伐採賃と相殺だ。一ヶ月はかかるだろう」と言う

「いや中国需要が多くて、ロシアの北方材は中国へ行き、国産材が高騰している話だが…それに7〜80年ものを、もったいない。
息子が家を建て替える頃には、使える木になると思うが…」というが、後の祭りである

                                                     

                           

おまたせ青龍麺!

「青龍麺ってなに?」と、よく言われる
当たり前だ。壁掛けメニューの一番上に載っている。

本当は、早くやるつもりだったが…
麺もメーカーも決まらず、スープの味も今ひとつ。気が乗らない。

そこでこんな改良を加えた
麺は、中力粉の南部小麦。本来は強力粉なのだが中力粉なので腰がない
(本来国産で強力粉はできない、中華麺のほとんどが海外産小麦である)
それを細く縮れさせ、冷凍して短時間でゆであげることでカバーした。(堅めの細麺である)

そして梅さん曰く「どひょぉ〜ん、としている」と言うスープは、
田んぼから引き上げた鴨をばらしたガラをぐつぐつと煮て、野菜をたっぷり入れて出汁をとり、隠し味のしょっつるで、締めた。
すこし鴨の風味が薄れたが、しっかりとした昔風の味に仕上がった。

上に載せるのは、盛岡で唯一の手づくりかまぼこ店である丸三かまぼこの鳴門巻と葱。

どうだ!鴨だし青龍麺!明日から新発売!乞うご期待!

たねの森

今日、でかい男が「お寺さんからの紹介で…」と言って来た。おまけにひげ面である。
なんでも「食に関心がある}という。そして「どのような菌が効果があるのか?」と言う。

”いったい、なんだこの男は…”と思いながら、話を聞いていると、どうやら工務店もだめなので農業をしたいという話らしい。
実家は県北の農家で、「農地は人に貸しているが一部分を、今年から耕作できそうだ。」と言う。
「蕎麦や大豆や小豆を無農薬でやりたいが、高く売れないと言われる」という。あちこちで、だいぶ聞きかじっているようである。
「蕎麦は、そもそも農薬なんかかけないよ」「ひょえ〜」
「大豆は無肥料だ」「ひょえ〜」
「今流行のEM菌なんて菌は存在しない」「ひょえ〜」
「微生物には好気性菌と嫌気性菌があって…」「ひょぇ〜」

いちいち驚いてくれるのでこちらも調子に乗ってついつい1時間も話をしてしまった。
いい加減な事を教える輩が多い。自分が儲けるために話をするのだろうが…
「肥料も農薬も掛けないのならそれでも良いが、種はどうする。最近はF1しか売っていない」
「固定種を、どこかで見つけられないでしょうか?」と聞くので
「うちで種も苗も、売っているが…」「ひょぇ〜」

今の種は、ほとんどがF1という一代交配種であり、種採りしても同じものが出来るとは限らない
せっかく種採りしても、親の親の性質が出てきたり、曾祖父の性質が出てきたりで同じものが作れない・
しかし、何代も自家採種しているとだんだん性質が固定化してくる、それで栽培している人もいる。
種のことまで考える人は、いないのが普通である。
最近の風潮で「甘くて柔らかいもの」をつくれば虫もよってくる。人間と一緒だ。
そういう品種改良をしている限り、農薬は必要になってくる。
無農薬でやろうとしている人には、固定種は不可欠である。
そんな固定種を扱っているのが「たねの森」である。残念ながら種採り圃場は海外が多いが…

そのたねの森の種を並べた

                                                               

並べられないものは取り寄せである。種を買っても育苗が難しいものは、苗で予約を受け付ける
 

ひげ面の大男は、「これで種の問題は解決した」と嬉しそうに帰って行ったが…
「軌道に乗るまでは5年ぐらいかかる。一年目は…二年目は…」と言って話していったが…
毎年気候が変わることを計算していない。大丈夫だろうか?

たねの森 http://www.geocities.jp/tanenomori1/

 

 

人生最大の悩み

オリンピックが終わった。ついでに冷蔵庫も終わった。

家の冷蔵庫は、今年成人式を迎える。人生で言えば早すぎる終焉である。
しかし、家電製品としては長寿であった。
トヨタが、コストを切り詰め派遣社員を大量に抱え、段階段階でのチェック体制が、機能しなかった為に様々な問題が起きている
この冷蔵庫は、偉い。たぶん金に糸目を付けず、優秀な自社工員が大勢いた時代に作られたのであろう。
購入したのは、たしか御徒町の電器屋だったと思う。東京から引き上げてくるときに、「岩手には電器屋がないだろう」と魔子様の母親が買ってくれたものだ。
同じ時に買ったA4縦型画面のデスクトップのワープロは、とっくに終わってしまい、何でも大事にして保存しておく魔子様も、さすがに片付けてしまった。

店から家に戻ってきたときに、休みだった”麻子さまが「冷蔵庫が音がしない」という。
(うちには魔子さまと、麻子さまと、二人の”まこさま”がいる。皇居には”まさこさま”がいるらしい)”

確かに中に手を入れると冷たくない。終焉とすれば人間なら冷たくなっているはずだが…
冷凍庫の氷いれは、すべて水と化している。冷凍してあった前沢牛のサーロインも、極上のソーセージも(モートンだから、たいしたことはないが…)
幻と言われる短角牛のレバーも、極上のサーモンも(単なる塩じゃけだが…)すべて水泡に帰した。
慌てて冷蔵庫の中のものを庭に出した。外気温1度、冷蔵庫よりは冷たい岩手の冬である。

しかし、最大の問題に気がついた。水割り用の氷が無い。
池の氷を割ろうにも、「管理が面倒だから…」と言って、母が埋め立ててしまった

                                                          

店のつららも、今は無い

                                            

屋根の雪も、すべて溶けた

困った。オリンピックが終わって、人生最大の悩みが始まった。

いきあたり ばったり

リニューアルしてから、弁当と仕出しの許可を取った。
この許可申請は、たいしたことではない。厨房の隣に一室、”弁当をさまして置くスペースを作れ”と言うことらしい
しかし、食堂の許可も、調理師免許がいるのかと思ったら、「食品衛生責任者」という免許で、一日の講習を、机の上にうつぶして寝ていれば取れる代物である。
当店は、うちの魔子様と小生が持っている。
(二人とも寝ていたわけではない。小生は、ちょっと寝たが…。魔子様は「あんたは、ずーっと寝てた」と言い張るが…。そんなことはない。休憩時間と昼食時間は、きちんと目を覚ました!)

しかし、「弁当をさまして置くスペース」というのは金がかかる。改築しないといけない。そんなわけでリニューアルのときに、ついてに作ったものである。
(ホカ弁は、温かいまま出すのが”売り”だが…。あれは、さますスペースを利用しているのだろうか?でも、ほとんどが物置になっているのが実情だが…)

おかげで、おおっぴらに注文を取れる(以前は隠れて注文を取っていた。保健所には内緒だ。しかし、死刑と一緒で時効だ)
農家の友人も、補助事業で弁当を販売しているが、学校の昼食用なので単価が安い。
しかし、友人の処だけではなく、他のスーパーや食堂でやっている弁当は、単価が安すぎる。
どうしたら、そんなに安くできるのだろうか?
たぶん、ゴミ箱からあさった原材料を使っているのだと思うが?(笑)

やはり、うちらしい弁当を作らねば…と思って、無い知恵を絞りきった。
無い知恵は、簡単なことだった。当店で販売しているものだけを使い、それを明記したのだ

                      

評判は上々である。
しかし、定番のメニューが無い。
旬の食材を使用といいながら、いきあたりばったりの、そのときにある食材を使うだけであるから(苦笑)