ちいさな野菜畑

ちいさな野菜畑ブログ

アラスカからの来客

アラスカからの交換留学生だという若い外人を紹介された。
「有機農業に関心がある」という

“アラスカで農業?”と思ったが
「平均温度が15℃以上になる期間は何ヶ月有るか?」と問うと
「3〜4ヶ月有る」と言う
「それでは一作しかできないね…」
「ハウスで…白夜を利用すれば…二作、三作も…」と言う

白夜で十分な太陽光が確保できるのであろうか?
と素朴な疑問をもった。

植物は水と温度があれば…と言うが15℃以上にならないと微生物が動かない
低温や高温で動く微生物もいるが、一つの微生物があればいいというものではなく
さまざまな微生物がバランスよく活動しなければ、土の中から有機質を分解し吸収できない
それと光合成である。二酸化炭素と水。それに太陽光が大きく関与する
それが極北の地アラスカで十分に供給できるのであろうか…

そんな思いを持ち、ふと喋りながら日本の有機農業の経緯(歴史とはいいがたい)を話してみた

戦前は化学肥料が若干あったとしても基本は糞尿を利用した稲作畑作であり残飯養豚・庭先養鶏の循環型農業であった。
しかし、食料自給はできていない
戦後化学肥料がどんどん入って機械化が進み、農村に人手がいらなくなり都会へ出た人たちで高度成長がなしとげられ
そこへレイチェルカーソンの「沈黙の春」有吉佐和子「複合汚染」などで公害問題が騒がれ、持続可能な土作りということで第一次有機農業ブームが起きた。
その後第二次有機農業ブームは食品汚染である。添加物だらけの食品があふれそれをただす安心安全の農業として有機農業ブームがもてはやされた。
そして第三次有機農業が現在である。
拡大経済が行き詰まりを見せ、先行き不安の中で就農して豊かに暮らす生き方として地域の人達とつながる有機農業を目指す若者が増えてきた。

たぶん大雑把に分けて三回のブームが有ったのではないか?と思う

それぞれに当時の社会のさまざまな問題を解決するために有機農業が言われてきているのが、
根源的に農業が社会のあり方と深く関わっているからだろうと思う

江戸時代まで社会の変化は緩やかであったが。明治の欧米文化の導入で早くなり、戦後の科学技術の発展で躍進を遂げ、変化のスピードが俄然早くなった。
それに対して「原点に戻ろう」と言うブレーキが、有機農業であったと思う
その原点というのは「循環」である。
唯一太陽から届く光エネルギーを利用して地球という閉鎖空間で循環しなければ続いていかない。

だから有機農業は付加価値産業ではなく、基本的な仕組みである。
いまの政府との唱える大規模農業は、。化石燃料をベースにした先行き不安の農業である。
ただ、それは間違いだとはいえない。
様々な変化する条件で、生き残る多様な農業が必要だからである。

 

そんなことをアラスカの学生に、出ない声で過呼吸になりながら小一時間も話をしてしまった。
疲れた…
しかし、話すことは自分の考えをまとめる上で大切なことだ。
主観的であろうと…一方的な見方であろうと…
訂正すれば良いのである
国会と違って偽証罪には問われない(?)

食育


児童書を、こびる食堂においてある。
漫画も「おいしんぼ」「玄米せんせい」「もやしもん」もおいてある
食と農にかんするものだ

以前は農業に関する話題のもの…
くだいて書かれた新規就農の準備の本
そんなものを置いてあったが…

若い人に「そんなの読みませんよ!漫画を置いてください」と言われた
そういえばそうだ
昼飯を食うのに硬い本の1章も読んだら、美味しい飯がまずくなる。

軽く読める本を置こうと、児童書をさがした。

ふと昔、自分の子供達に読ませた本を自宅で探した。
シリーズでは「ぐりとぐら」「てんぐちゃんシリーズ」「かこさとしシリーズ」
当時、小生は興味がなくて、ほとんど魔子様に任せていたが、
良い本を選んでくれていた。

 

むかしの児童書と比べると、今の児童書はなんだか現実的な教訓的なテーマが多いような気がする
もっとも小生が読ませたいと思った本は、押し付けがましい本である。

びょうきからまもってくれるたべもの―みどりのえいようのなかまたち (げんきをつくる食育えほん) 
にんげんはたべたものからつくられる (かしこいからだ絵本) 
つよいちからがでるたべもの―きいろのえいようのなかまたち (げんきをつくる食育えほん) 
じょうぶなからだをつくるたべもの―あかのえいようのなかまたち (げんきをつくる食育えほん) 
世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ 
小学生のボクは、鬼のようなお母さんにナスビを売らされました。 
絵本 「弁当の日」がやってきた! ! 
できる!を伸ばす 弁当の日 親はけっして手伝わないで 
読む 知る 話す ほんとうにあった食べものと命のお話 
コンビニの買ってはいけない食品 買ってもいい食品 (だいわ文庫) 
買ってはいけないお菓子 買ってもいいお菓子 (だいわ文庫) 
食べるなら、どっち! ? 不安食品見極めガイド (Sanctuary books) 
子どもにこれを食べさせてはいけない (知的生きかた文庫) 
お母さんは命がけであなたを産みました 
絵本 いのちをいただく みいちゃんがお肉になる日 (講談社の創作絵本) 
娘・はなへ‐‐ ママが遺した いのちのレシピ 
はなちゃん12歳の台所 
絵本 はなちゃんのみそ汁 (講談社の創作絵本) 
玄米せんせいの弁当箱 コミック 全10巻完結セット (ビッグ コミックス) 
ゼロから始める玄米生活〈2〉おかず編―高取保育園の食育実践レシピ集 (西日本新聞ブックレット―シリーズ・食卓の向こう側) 
いのちをつくる愛情ごはん: 高取保育園の食育レシピ集 
子どもが育つ玄米和食 高取保育園のいのちの食育 (光文社新書) 

若い頃、髭を生やしていた。
そうなのだ

若く!優しく!見られていたので、
少し大人に…
少し怖く…

見せたいと思ったのである。

一番最初は、学生時代だった。
ラグビーをやっていた頃
対面(トイメン)に恐怖感を抱かせようとしたのである
いまなら素顔でも十分だと言う人もいるが(泣)
当時は、ぼっちゃん顔だったのである

二回目は、商社時代である。
商売は迫力だ!という時代で…
“相手に勝つ”という顔が必要だった
しかし、顔よりも、言葉が必要だと強く認識した。
(関西弁の迫力である)

辞めたあと、新しき会社でまた伸ばした。
写真は30代なかばのころ

素顔は迫力のない顔である

しかし、どんどん膨らんだ顔が、年とともにしぼんで来た。

若い頃は、年令を重ねたら
太った豚よりも、禿げたソクラテスになりたい

と痛切に思った。

 

「40を過ぎたら顔に責任を持て!」というコトワザがあるが
このごろテレビでは
「60を過ぎて責任のなすり合いみたいな顔」が跳梁跋扈している
これでいいのか日本は!

ニュースをみながら、
顔を変えようか…
禿げたソクラテスに、髭は似合うだろうか…
しなびた顔に…

グッドラック

熱暑である
いや!酷暑である
猛暑!と言ってもいい

暑すぎる

ムーンと熱気が、身体にまとわりつく
こんな時に
”「炊きたてのご飯を食べたい」というやつの気が知れない”

と言う奴もいる

そんな人達に負けたくないのです!(秋葉原の演説口調で!)

暑いときに、炊きたての熱いご飯を
汗をかきながら必死に頬張るのが生きてる幸せなのです

ご飯には香り立つ味噌汁。
豆腐と…納豆と…生卵があれば…
ついでにとろろと…梅干しも…

 

今当店で、お米を買うと、もれなく米びつ当番がついてきます。

お米は、コクゾウムシがつきものです。
(無農薬の証だ!と言う人もいますが、慣行農法でも着きます)
コクゾウムシは15℃で以上で活動を開始します。
冷蔵庫の野菜室に入れるのがおすすめ。

当店では2週間で食べ切れる程度のお米を量り売りします
(野菜室に入る量をお買い求めください)

もしコクゾウムシがついたら、晴天の日に新聞紙などの上に薄く広げると、コクゾウムシは出ていきます。
出戻り娘のように戻ってくることはありません。

米びつ当番(トウガラシ)は、一ヶ月ほど効果が持続すると言われております。
トウガラシが効くかどうかは、貴方の思い込み次第です。(神のみぞ知る)

グッドラック!

哲学の森

第12回「哲学の森」開催のお知らせ

もう12回も重ねた。
重ねればいい、というものではないが…

誰かが内山さんに聞いた?
「内山さんの話は、哲学というよりも、社会学では…」

内山さんは言う

「社会学よりも、幅広い分野で語ることができるから…」

優しい言葉で諭す哲学であり
深い言葉で探る社会学であり
広い言葉で語る民俗学であり

わかりやすい歴史学でもある。

一度聞いてみませんか?
(注!)岩手大学の公開講座になったために、大変な人気で早めに定員に達する傾向にあるようです。

 

二日目の日曜日の朝、山本信次先生と歩く、岩手大学演習林の散策が秀逸です。
気が付かないことを、見せてくれます。

配達

いつものことながら、弁当の配達には気を使う

今回は、初めてのところである

以前に行ったことは有るが、弁当の配達という用件では初めてである。

弁当の配達は、時間指定がある。

昼に食べるのに、2時頃の配達ではどうしようもない
最近、手広くやっている弁当屋は、最初2時間遅れで配達したという
文句を言ったら、お金を返したという
それでも繁盛しているようだが
金を返せばいい、と言う考え方は
商売の基本とちがうだろう、と思うのだが…
消費者も忘れる動物だから、それでいいのだという風潮なのだろうか…

いちど時間を大きく違えて、配達したことが有る
同じ名前だが、場所が違った。
気がついたときには、配達時間が迫っていた。
その場所に行くのに、あと小一時間かかる
電話をしようとしたが番号がわからない
慌てて渋滞の列に並んでイライラした
結局30分遅れたが、その後、そこからの注文は無い。

今回の配達は、森林公園だという
岩手県は、77%が森林という森林県である
市町村を冠した森林公園なら、あちこちにあっても不思議ではない

盛岡森林公園
滝沢森林公園
雫石森林公園などなど
いろいろな公園が想像されるが…
それに東西南北をつけたら。いくらでも創造できる

念のために電話をした
「国道4号線を北上して…」電話に出た女性は親切に道案内をしてくれた
「いやわかっているのですが、確認のための電話です」
と言うと
「それでは、気をつけておいでください」

やはりソコだった。
一度、関西の先輩夫婦を案内した処だった。
領収証の宛名が、隣町の農場の名前だったので一瞬、迷ったのだが…

 

 

 

科学は技を超えない

こびる食堂のメインの白米の米が変わった。
ひとめぼれの今摺り米なのだが…。
生産者が替わったのでコメの味も変わった。(だろうと思う)

今まで、毎月300kgの米を契約している。
梅雨頃から味が落ちるので、低温倉庫(15度以下)に保存する条件だ。
それが「倉庫に行ったら米がなかった」と一方的に言われた
こちらの言い分は、いっぱいあるが、農家にはよくあることだ。
「消える」のである。
契約は口頭でも文書でも一緒のことである
無いものは無いのだ

仕方がない。持っている人を探すことになる。
幸い農家の若い友人が探してくれた。
沢内の米である。沢内は米どころである
沢内甚句に「沢内3000石おこめのでどこ」と唄う

しかし、コメの味は一番は品種に寄る
二番目は栽培土壌である。
三番目は気象かな?

品種は大雑把に分けて
餅系が好きな人と、さっぱり系が好きな人で品種の良さは別れる

餅系の代表はこしひかり・ひとめぼれだ
さっぱり系は、ささにしきなど昔のタイプだ
餅系は洋食に向き、さっぱり系は和食に向くと言われる

次に土壌だ
やはりリン酸が効く沖積土壌が一番いい
アルミにリン酸が吸着される火山灰土は今ひとつである

気象は米粒の大きさに影響を与える
天気が良ければ十分に実が太り充実した米ができる

であるから栽培場所や年によって味が違う
それを昔の米屋は混米技術で「年間一律の味」にする“わざ”を持っていた。
今の量販店やドラックストアの安いコメは「やすくする混米」の”ワザ”である。

そんなわけで、こびる食堂のご飯の味が替わってしまうのだが…
それを補う”技”として「炊飯」がある。
水の量、火の加減、蒸らしの時間。それができるのガスという直火の羽釜焚きである。

電気炊飯器は「羽釜炊きの美味しさ」と宣伝するが、加減の微調整はできない。
科学は技を超えない!

 

食のブーム

「24年目に入ります」と人に言っていた。

たしかそうだったと思うのだが…
鶴亀算だったか…植木算だったか…
暗算は得意だが…
和算が苦手で、しっかりと覚えた記憶がない

だから平成7年7月7日に開店しようと思ったら、何かの理由で翌日

平成7年7月8日がちいさな野菜畑の開店記念日
だから今年は平成29年7月8日は、開店してから丸22年で23年目に入る。(これでいいのか?)
とりあえず長くやっている。

盛岡正食普及会が、昨日で休業をした。
戦後から(?)盛岡の食のリーダーとして長きに渡って続けてきたが、ついに休業である
長きに渡って続けてきたことがさまざまな垢が溜まってきたのだろう

長く続ければいいというものではない
時代に合わせて変化を遂げるという考え方と
古くて良いものを残していくという考え方と
問題はバランスなのだろうか…

戦後の食生活を考える上において
「外食産業」の与えた影響は大きい
昭和45年までに物心ついた子ども時代を終えた人たちは
懐かしくも貧しく質素な昭和の家庭料理を覚えている
人それぞれ、地域によってもだが、昭和45年頃から外食産業が入ってきて
華やかな甘いグルメの料理がもてはやされている。
それを作ったのが小麦の粉食文化であろう
それを岩手では盛岡正食普及会が、地元の麦で…地元の粉で…と、学校給食などの下地を作り担ってきた。
現在も、固い歯の丈夫な人しか食べることのできないロシアビスケットなど、古き良きものを続けながら…
グルメパンなどの対応ができずに、売上が低迷していったのか…

いずれにせよ盛岡正食普及会が岩手の食に残した功績は大きい

食のブームが、次から次へと変わっていく。
人間の体は水分とタンパク質でできている。
タンパク質は人間自身で作り出すことができない。
食べることでしか補給できないのである

食べるということを、ブームにしていけないと思うのは、

23年目の早朝の「想い」である。

 

と言ってブームの「蕎麦の実」「もち麦」置いてあります!
ぜひお買い求めを!

 

150坪

家庭菜園があった
店から車で7〜8分のところだ
家庭菜園と言うには、大きすぎるか…。
一区画20坪ぐらいある感じだ

平日の昼間に二人の初老の人が作業していた、

多分定年退職して家にいたたまれず、出てきた人だろうか…
農作業が好きで一日、ここで過ごしている人だろうか…

様々な野菜を植えてある
トマト・ナス・胡瓜・葱・水菜・ブロッコリー…
みんな少しづつである

 

昔、水沢の古老に話を聞いたことがある
彼は専業農家だが…
息子に譲って、自分は自給用の野菜を作っていた

彼は独特の笑みを満面に浮かべて語った。
「一反歩の畑で、朝から晩まで一日働いても、夏場でも体が疲れない」と…
そのコツは、「15分おきに作業を変えることだ」と言う

種まき、畝お越し、定植、葉摘み、土寄せ、農薬散布、収穫、片付け、
一つの作物に成長に従って作業が有り、それが多種類の作物が重なり合い、
雨の作業はできなくて…天気の段取りもいろいろある。
そんなことを思うと、やるべきことがちいさな面積でも一杯ある
それを15分毎に変えるのである
立ったり、座ったり、体全体を使ったり、手先を使ったり
頭の中は
次の作業を考えたり、目の前の作業の判断をしたり、天気の状況を考えて次の作業の段取り
あっという間に一日が過ぎる

 

これが広い面積だと
一つの作業時間が長い。
同じ姿勢を続けないといけない
身体がもたない。機械化する。機械でできないことも有る、人を頼む、重労働をする人がいない、外国人を使う
大規模面積は、効率よく土地を利用すると言う名のもと、人間を酷使し原価を高くするのである

小面積は身体を使いながら、取れた野菜でエネルギーを補給する。循環する。
原価は発生しない(?)身体は健康になる

人間が一年間の食糧を得るには5畝で十分だという
5畝は150坪である。

ゆたかさとは

「生が良いですか?」「火入れが良いですか?」と突然、若い彼は聞いてきた。

大酒飲みだが、実のところ微細なうまさの違いを知らない。
日本酒は冷なら純米酒、熱燗なら醸造用アルコールが入っていても良い。

そんな感覚だが…

若い頃、酒なら何でも良かったが…
コジャレた酒が出回る頃には、辛口が…
齢を重ねるにしたがって甘口でも…まぁまあぁ〜と、なり

今は肴に合わせて…
天気に合わせて…
酒なら要するに、なんでも良いのだ!

「生か?」「火入れか?」と言う選択を尋ねられたのは初めてだろう
彼の作ったコメで仕込んだ酒である。「与右衛門」というブランドなのだが…


彼は「亀の尾」という米を作っており、それを酒米として納め杜氏としても働いている

数年前だろうか…
彼が店に来て「夏はコメを作り、冬は杜氏としてはたらく、そんな生き方をしたい」と言ってきた。
それ以前に、彼の奥さんが店には出入りしていたのだが…
二人揃って会ったことは、記憶にない

真面目で、ひ弱そうな感じで…大丈夫か…と思ったが…
着実に有機農家で研修し、ようやく一人で田んぼをやるようになって見に行った。
ひどい田んぼだった。雑草が…
「これを物にするには3年ですまないだろう…」と思うような田んぼだった。
普通は、集落で良い田んぼは、すぐ近くの人が借りてしまう。
新規就農者には、悪い田んぼしか回ってこないのである。

しかし、彼は辛抱強く田んぼをモノにした。
そして思った通りに造り酒屋に持ち込んで酒にした。
それも昔の品種「亀の尾」である。

稲は品種改良が、どんどん進んで、食味がよく、量産できて、作りやすい品種開発が進んでいる
そのなかで「作りやすい」と言うのは、草丈が短いのも一つの特徴である
「垂れるほど こうべをたれる稲穂かな」という言葉は、実のたっぷりはいった稲穂の表現であるが、入りすぎると倒れるである。
倒伏は、モミが発芽して、米にならない
だから試験場は、草丈の短い米を開発しているのだが…
それにともなって草丈の長い昔の米を作りこなす技を持つ人が少なくなった
作りこなそうという気概を持った農家も少なくなった。

彼は草だらけの田んぼで「亀の尾」を作りこなした。
その「酔右衛門」である。

生でも火入れでも良いのだ…

暑い定休日、締め切った精米室の掃除をして汗をかき
シャワーを浴びてグラスで一献

あの雑草だらけの田んぼを思い、
数年前のひ弱な彼が、たくましい身体になって作った酒を味わった

「豊かさ」とはこんな事を言うのであろう

定休日の夕方の幸せである