ちいさな野菜畑

ちいさな野菜畑ブログ

カテゴリーアーカイブ: 私たちの思い

哲学の森

内山節と出会ったのは、いつだろう
そういえば今年のように暑かった平成6年の暮れだったかも知れない
場所は八戸。農山漁村文化協会の中期講習だった。
農文協が、東北の農家を集めて行っているセミナーであった。

「本格的な農業を勉強したいのですが.」と岩大の農業経済の先生に言って紹介されたのがこのセミナーである
当時農業生産法人を辞めて、直売所を設立しようと考えていた時期である
まだ具体的な行動はおこしていない失業同然の時だった

集まった2〜30名の農家から白い眼で見られたような気がする
当然だ
眼光鋭い大男が、ボロボロの車に乗ってやってきた(当時の車もボロボロだった、弊衣破帽号は、3台目である)
なにも言わずに黙って座っている
(当たり前だ、しゃべっていることがチンプンカンプンだった。今にして思えば、使用価値とか交換価値とかを語っていたような気がする)
ただただ車と一緒で、ぼろが出ないように黙って座っているだけである
翌年の再会を約して解散したが、帰りの車は、ホッとした気分だったのを思い出す

翌年はは仙台で行われた。しかし叉も、良く理解できず、ただただ座っていたような.
鮮明に覚えているのは、三年目の仙台の青少年会館のことだった。
とりあえず中身は覚えていないが、別に質問をしている訳ではないのに、抱えて来た問題に「脳みそに、スーッと染み渡る答え」が出てきたのである
あのときの感動というのは、言葉で表せないほどの驚きだった
そして参加する度に、質問をしていないのに答えが出てくる状態が続く
それから、内山節に、はまった。

農文協の中期講習は、「東北農家の二月セミナー」と名前を変え、農家の自主組織として未だに続いている
東北農家と名前を付けているが、京都・長野・静岡・新潟・東京と農家以外の人も集まる30人規模のセミナーとなって、毎回参加人数の調整に苦慮している状態である.

「是非、岩手の人にもコレを聞かせたい」と思い。岩泉の”哲学の広場”を経て、「哲学の森」と名付けた講座が、岩大演習林で5年目を迎える

ある人曰く「日本で、哲学者という肩書きだけで食える、唯一の人」と彼を評する

庄内のふたり

庄内に行ったときに、初日でデジカメの電池が切れた
二日目は、携帯カメラで20枚近く撮ったが.この写真がパソコンに読み込めない
しかたなく、Eメールに添付して、一つ一つ送信した。
”操作に習熟しないと、時間ばかりかかる。”と言って、取説を読もうともしない
たぶんこういう事が、老いのなせる技なのだろう

しかし、科学技術の進歩について行けないことは、悪いことなのだろうか?
不便だけど、昔よりは、ましだ。
追いかけて行くよりも、これで良いのだ。という心の余裕(あきらめ)が必要な気もするが.
追いかけて追いかけて疲れ果て、結果、なにも残っていないという事になりはしないか?

そんなことを思いながら写真を眺めていた

庄内では、同世代の2人にあった菅原進と志籐正一である

田んぼに立つ菅原進

奥さんと志籐正一    

 

菅原進は、疎植に取り組んで30年、それ以上にグループを作ってイナ作の記録をつけて40年という
また志籐正一は、庄内共同ファームをつくって米の販売に取り組み、農家で初めて農産加工(餅加工)に取り組んで30年。

2人とも長い年月をかけて地に足を付けて生きてきた人達である
彼らは、その年月のあいだ、生産量は拡大していない
ただ有機栽培を始め質の変化はあっただろうし、それによる価格の変化もあっただろうと思う
それにしても、売上という数字では、増大と言うか、進歩というか、発展拡大はしていない

よく言うが、一反歩あたりの収量は最高24俵採れると言う
ただ24俵採ってしまったら、翌年の収穫は皆無になる。
24俵に、長年かけて作ってきた地力(腐植)が吸い上げられてしまうからである
食べ物は、今年豊作だからたらふく食べて、翌年は不作だから、食べなくて良い、と言う事にならない
拡大増大しないで、どんな天気でも毎年同じ量を収穫することが最高の技なのである

これは農林水産業の第一次産業に共通して言えることではないか?
どんなに科学技術が進歩発展しても、一反歩に降り注ぐ太陽エネルギーは増大しないのだから

虫見板

宇根豊さんが、やって来た。
宇根さんは、元福岡県の農業改良普及員で、虫見板を作った人だ
 虫見板とは、農薬を振るか?振らないか?を判断するのに、黒い板に稲を揺すって、落ちた虫を数える、
 その落ちた虫の種類や数で、農薬を振るか振らないか?量をどうするか?判断材料とする

農薬には三種類ある。除草剤・殺菌剤・殺虫剤である
除草剤は雑草を駆除し、肥料効果を高める、
殺菌剤は、いもち菌など目に見えない菌を駆除する
この二つは、ある程度、人力や栽培方法でクリアーすることができるが
害虫だけは、なかなかクリアーできない
農家は、手で駆除するといっても取り切れない。
害虫と共存して我慢するか?

農薬は、防除暦と言って県や農協の指導に従って、散布する
殺虫財散布は、害虫がいるか?いないかは関係無いのである。要するに予防なのだ
それを、しっかりと害虫をみて、農薬を振ろうと言うが宇根さんの虫見板である

日本は農薬の使用量が世界で一番という
害虫がいないのに、農薬を散布したり
益虫ばかりなのに、農薬を散布したり
無駄な農薬をじゃんじゃん振る。日本人の潔癖性のあらわれか?

それを、田んぼの状況を見てふることにより、農薬の使用量を減らすことを可能にした
虫見板の減農薬栽培である
有機栽培が、無農薬・無化学肥料なのに対し、減農薬栽培は栽培技術としては一段低くみられるが
国全体としては、農家が取り組みやすく、全体の使用量が減らせることができる
有機栽培をする農家が、高温多湿の日本では、なかなか増えていかないが、減農薬栽培は現実的に農薬を減らせる

なるほどそんな考え方もあるなぁ〜と思ったのが15〜6年前である
宇根さんは県職員を辞めて、「農と自然の研究所」を開き10年目の今年、研究所を閉じた、

「使命を終えた」という理由で.

そんな宇根さん夫妻を有機農業研究会が呼んで(お金がないので県の主催となったが.)
講演会を開き、当店で夕食の歓迎会を開いたのである

宇根さんは「蚊がいない。九州なら外でこんなことをしたら蚊に囲まれてしまう、まるでヨーロッパのようだ」という

しかし、あちこちでアルコールの匂いをかぎつけたのか、腕を.足をはたく人が.

ウッドデッキ用の虫見板を作らなければ.

帰り際「美味しい酒だった」というので「陸羽132号」をプレゼントしたら

本をくれた

季節の変わり目

昼過ぎに、急激に温度が下がったような.
「あぁ季節の変わり目だ」と感じた

8月も”お盆を過ぎれば秋だ。”と、この付近ではいうが.
なかなか秋がこない、
それでも幾分か朝晩は過ごしやすい温度になり、風があれば裸では寒いときも時々ある
しかし、日中は暑い
そんな日中に、”ふっ”と暑さを感じない、まさに季節の変わり目である。

こんな感じは、60歳近くになって初めてだ

トマトは花が落ち、これから高くなる
茄子は、水分不足でかすかす。
今年のトウモロコシは、つくるのに苦労している
そして米は、高温障害で一等米比率が相当さがるだろう

そんな話があちこちで聞こえてくる
今年の夏が、異常なのか
これからも、こういう夏が続くのか
新聞には「温暖化」ではなく「高温化」という文字が.

ひょっとして何万年という地球の歴史の中の、1サイクルなのか?

黒ボクとリン酸資源

店の前にバス停がある。「小林牧場」というバス停である
まわりに牧場はない
店の前に「小林さん」という家はあるが.
昔、この付近は谷地で馬を飼って水飲み場が有ったという
小林さんが馬を飼っていたので、小林牧場という名前だという
「ちいさな野菜畑」という名前に変えてもらったら.と思うが、「たいそうな金を要求される」という
そんなことを、バスの中でCMを流す営業マンが言っていた。
「CMを流す方が、安いですよ」
しかし、現実に即していない名称をいつまで使い続けるのか?(怒)

そんな小林牧場から、久しぶりにパスに乗った。

盛南の工業技術センターに行くために、盛岡バスセンターで乗り継いだ
驚いたことに、冷房が効いている、ヘボ号より快適だ
しかし高い、車で行けば20分程度のところが、乗り継ぎの待ち合わせも入れると1時間もかかり800円近く取られた
ヘボ号は、リッター12km走るから、その金額だと、100km離れた県境まで行ってしまう

しかし、呑まないといけない(別に呑む必然性はないのだが.呑みたいのだ)
今日は土づくり研究会で、工業技術センターの視察である。終わったら意見交流会という名の「呑み会」がある
呑み会に参加しなければ良いのだが.。極力、呑み会には、参加するように努力している。
「努力しなくても良い」という声もあるが.

土づくり研究会は、岩大の工学部の清水先生が、言い出しっぺで、農研センターの宮下前所長が会長である
「工学部が考える農業」というのが面白い
農業は、1次産業と呼ばれるが、農業は基盤産業ではないかと思う
工業や商業に携わっている人も、食べないと生きていけないのだから
それが並列の1次産業と呼ばれると、工業や商業と比べられて効率が悪い、生産性が悪いという評価をされる
そんな産業に、人が集まってくる訳がない
そういう意味で、農業は様々な角度で考えないといけないと思うのだが.

その第6回目が工業技術センターの視察である。

最初は、工業技術センターの概要をスライドで説明を受けた
歴史は、日本最古の(と言っても明治6年だが)工業試験場だというが、研究人員は東北最小だという
その辺に県の姿勢が見られるような気がする.

しかし、「工業」と唄っているが。結構農業と関連した食品工業の仕事をしている(醸造試験場を併合したせいか)
清酒、地ビール・米粉・麦・雑穀・果実の商品開発が持ち込まれているようだ
そのなかで、リン酸の回収リサイクルに力を入れているようである
植物にとって窒素・リン酸・カリの3要素は、必須三要素であるが、その中でも岩手の歴史はリン酸不足の歴史であり
リン酸の過剰投与で、なんとか作物が作れるようになったのだが、そのリン酸が枯渇する時期を迎えているという
その枯渇資源のリン酸を、工業的利用と農業的利用との綱引きが起きているという
そのために、県内の下水道汚泥からリン酸資源を回収して再利用するシステムをつくろうとしている
即「リン資源地産地消研究会」に入会した

「黒ボクというのは、良い土」というが一般的だが、黒ボクは新生火山灰土でリン酸の吸収を妨げるアルミを含んでいる
そこまでは知っていたが、
「黒ボク地帯(関東ローム層。岩手。北海道)を避けて稲作地帯が広がっている。」という地図には驚いた
窒素は、根粒菌や空中から窒素を固定することができ。
.(雷は、昔から稲妻や稲光とよばれ、稲に窒素を固定する要因として古くからしられている)
またカリは、草木灰から取ることが可能である。
リン酸は、鉱物からしかとることができず、その鉱物が海外の輸入に頼り、一番必要としている黒ボク地帯が岩手には広がっている
そのリン酸を、リサイクルしようというのだが.
昔、産業廃棄物をやっていたころ、「下水道汚泥には重金属が含まれて再利用しにくい」という話があった
今は、それも解消する技術が出来ているという
リン酸のリサイクル。これは岩手にとって必要な技術であると思ったのでリン酸資源地産地消研究会に入った

科学技術というのは、どんどん進んでいる
しかしそれを利用するための資源的なエネルギー問題と、経済上の採算という、大きな壁が乗り越えられるのだろうか?
それが一番の問題だと思うのだが.

思い出のメロディ(盛岡バージョン)

第42回思い出のメロディーが終わった。
二葉百合子の「岸壁の母」が古かったと思ったら
「銀座カンカン娘」が昭和24年で一番古いようである。
「岸壁の母」は、昭和47年という

確か引き揚げ船で息子が帰ってくるのを待つ母を唄ったモノだが…
あとから作ったものだったのだ

しかし、何か足りない。
そうなんです。
想い出のメロディということなのだから、やはり軍歌を入れないと…
小生が中学生時代、先輩を見送る予餞会で、たしか軍歌を元に寸劇をしたものだった
団塊の世代でもまだまだ、軍歌は歌い継がれていた
なんせ、隠れて行ったパチンコ屋は、軍艦マーチだった
当時、玉が1円で、それが1個2円になるとか…手打ちだったのが、自動になるとか…言っていたころの話である
親の仕送りでパチンコをやっていたので、大きな声では言えないが…

何の話だ?そうそう軍歌の話だ!

「軍歌は厭戦歌だった」という
そういえば勇ましいのは軍艦マーチぐらいで、後はもの悲しい雰囲気が漂う感じの唄が多い
たぶん兵士の間では、望郷の…家族を思う…替え歌があったのだろうと思うが…

資本主義大国のアメリカは、常に戦争をしております
スクラップ&ビルドが資本主義のシステムだから戦争とは切り離せません
そんなアメリカに追随している日本が、また巻き込まれないように…

「厭戦歌を聞きたい」

という多くの人々の要望にこたえて

魂の歌声・天使の歌声と言われる、岩大の日本兵のリサイタルを企画してみだ

日時:9月11日土曜日午後6時〜

場所:こびる食堂in八百よろず屋ちいさな野菜畑

会費:2000円(ワンドリンク付き)
   追加ドリンクは有料(ベアレン500円・陸羽132号もっきり300円。その他ノンアルコールは200円、
   また亭主に一杯呑ませる場合は。持ち込み可)

定員:30名(超えた場合は、立ち見有り)

申込締切:9月10日(定員不足の場合は、当日飛び入り可)

お願い:岩大の日本兵には出演料が払えません。
    もしお気に入りの場合は、お捻りの用意を…

内容:6:30〜一部 厭戦歌 7:30〜二部 昭和の唄

   本リサイタルは、うまくいけば全世界に生中継予定です。
   世界中の参加できない「岩大の日本兵」のファンの皆様、11日夜は、お茶の間で…

食文化と薪

「冬は寒い。夏は暑い」「当たり前だ」と言ったら
「南半球では、逆だ」と言われた(しゅん…)

この暑い夏に、寒い冬の用意をしなければならない
それが秋収穫用の種まきである。

先日、竜田揚げ丼を食べに来た「淳(女性)」は
「真室川では。春から冬の準備をするのです」と本を差し出した

  

良くできた本だ、一つの町の春夏秋冬の食文化が余すことなく書いてある
一つの町と言っても、合併して一つの町になったので、集落によって少しづつ違う
一つの町で、これだけの食文化になるのだから、岩手ならさぞ…と思ったが
そんな本は、無い。

東北の冬の寒さは厳しい。
その厳しい寒さを楽しむために春・夏・秋は、あるのだとつくづく思う

その厳しい寒さのための夏の仕事といえば、もう一つは薪づくりである
今年は、遅れている。
冬のストーブ用の薪を、今作らなければ乾かない

その薪を、いわて森林再生研究会の理事長と毎年二人で作っている
薪は、通常ナラとかクヌギの広葉樹なのだが…、当店は間伐材の杉を使っている

杉は熾き(おき)にならずに、すぎ燃える(親父ギャグ)
しかし、一番の利点は、すぎ乾燥する(再度、親父ぎゃぐ)

通常、薪づくりは、広葉樹を
 秋に切り倒して、山で乾燥させ、
 冬に雪を利用して山から降ろし、
 春に薪割りして
 夏から秋にかけて乾燥させ、
 冬に使う

ところがいわて森林再生研究会の間伐材を使っているために
春に切り倒したものを、夏に薪割りして積み上げ、冬に使う
いわて森林再生研究会は、森林ボランティアを育てる研究会である
春に募集して、一年の講習を行う、
きちんと山の道具を使いこなせるようになり
ひとりで山仕事ができるようになると評判で、募集するとすぐ定員になる

そのため、間伐した木は春に切り倒したものしか手に入らない
しかし、”すぎ乾燥する”から問題は無い
ところが薪割りの講習のせいだろうか?おもしろがってだろか?

非常に細かく、丹念に割ってくれる。(ありがたいことである)
しかし、これでは薪にならない。
なぜなら、めらめらと紙のように燃えて無くなるからである
 

そういうわけで理事長は再度玉切りして積み上げることになる

薪を割ることが目的の人と、薪を使うことが目的の人の違いである
世の中、そんなことが一杯ある

人生色々、会社も色々

ときおり時雨れる中、北上へ行った。
北上は、米の集荷やトウモロコシの集荷で、時々行くが、荷物があるので、いつも車だ。
今回は,酒を呑むので電車で行った。
北上は、第二の故郷である。仙台から北上へ小学校のとき転校し9年間を過ごした街である。
当時は人口3万人の何もない街だったが、今は盛岡に次ぐ岩手第二の街になった。
工場誘致で人口が増え、店が増え、住宅が増え。活気づいているが…
一昨年ののリーマンショックで、これからどうなるか…
そんな街の中学校や高校を卒業した。
その高校の還暦の同窓会が駅近くのホテルであった。
一学年310名の約80有余人が集まった

                 

  顔がわかるけど、名前が出てこない
名前は覚えているが、顔が全然変わった
名前も顔も、まるっきり知らない
まるっきり変わらないのもいる

42年ぶりに初めて…
20数年前に東京で会って以来
近くに住んでいるが、42年ぶり…
10年ほどまえに、なんかの会合で…
人生の途中で、すれ違った人達である

功成り名を遂げた人
「店を手放して、これから何を…」転職して悪戦苦闘している人
「来年から嘱託で…」と定年間近で、次のことを考えている人
「故郷には、もう戻れない」と東京から来た人
「孫のおもりで手一杯」と、年老いた女性が…
「子どもが手を離れたので、パートに…」と

人生色々である。生き方も色々、これからも色々

忍耐

せっかく書いたblogが消えた

なんと忍耐を強いるパソコンなのだろう

深夜図書館

夏祭りの時 

町内会長が言った。
「家の光協会だか、農文協だか…、日本の食事を書いた本が…。家内は全然読まないんだよ。あんたの所に持って行ったら良いかと思って…」
80歳を過ぎ、白髪のひょうひょうとした元高校教師である。
 

祭りが終わって、集荷で留守の間にもって来たのは

農文協の日本の食事全集49巻。

各県の地方の昔の食事をおばぁさんから聞きだし、書き留めた物である

これは財産である

一冊3000円近くするから、合計で15万になるだろう
とりあえず、せっせと本棚に詰め込んだが…
心配である。万引きが…
「ふるさとの家庭料理」も、だいぶ抜かれた。
本屋は。割に合わない商売である。
20%の粗利だから、1冊万引きされると、4冊売らないと元が取れない
(本当はネット利益を失うので、もっと多くの損害になるのだが…)

「これは、もらったのものだから…万引きされても良い」と言う物ではない
これだけ揃っているから、価値がある
各県の食文化を、比較できるのだから…
食文化とは、庶民が、その土地で生きていくための智慧の集大成である。
多様な価値観を生み出す源泉ではないか?と大げさに考えるのだが…(微笑)

 

以前「深夜図書館」というテーマの空想エッセーを読んだことがある
24時間、開いている図書館である。
宵っ張りの人も、朝が早い人も…利用でき。
そこでは薪ストーブの上にいつもお湯が沸いて、熱い珈琲がいつでも飲め、朝食には美味しいスープ、そして焼きたてのパンの香りが漂い
多くの人が持ち寄った本を並べ、ページをくる音だけが心地よく響く
そんな森の中の一軒家である

そんな空間を作りたい物だと思っているが…
そんな場所になってくれれば…

カテゴリーアーカイブ: 私たちの思い