ちいさな野菜畑

ちいさな野菜畑ブログ

カテゴリーアーカイブ: 私たちの思い

観光カード

若い女性が4人きた
若い男が連れて来た

総勢、全国の出身地が違う学生5名、囲炉裏を囲んで話をした

以前、島根から来た若い女性が、岩手を回って取材した場所が観光カードとなって戻ってきた
その若い女性は、島根の小さな町でつぶれかかった旅館い入り、若者の雇用を創造しているという

この観光カードは、地域に行くことによって、困っている人を助けると言う事と
そこに若者が働く場所をつくるキッカケづくりになれば…という発想らしい
そして、それが岩手の復興に役に立てば…

「大変面白い発想だ」と思うが、そう簡単ではない

第一に困っていることを助けると言うことは、単に作業をすれば良いと言うことではない
仕事と作業は違う。作業は言われたことをやるだけであるが、仕事はその人の役に立たないと行けない
困っている人の問題解決は、仕事をしなければならない
仕事をだれが教えるのか?
忙しい中せっかく教えても、すぐ交代して、ただただ忙しいだけで彼らの好奇心を満足させるだけになるのではないか?

第二に、「仕事に対して利益が上がらない=人件費が払えない」と言う事である
「低賃金で良い」と言っても、働いている人はいつまで我慢できるか?と思う

資本主義経済の問題は、「拡大し続けないと利益もあがらない」と言う事である
人を雇う(経費を掛ける)ことで売上が(利益が)上がらないと成り立たない
保険のセールスや、百科事典のセールスが、その例である
人を雇って、その人の親戚縁者を勧誘して行き渡ったら、お終い。
そんな仕事が昔から、多い
まして地方は、人口が少ない。人口が少なければ需要が少ない。
単一な需要ではなく、複合的な需要の仕事を組み立てないとやっていけない
複合的な仕事は、なかなか出来る人がすくない
ましてこんな時代の若者は、単一の作業しかできない人が多い

ちょっと思いついただけでも、こんな大きな問題点がある
それをクリヤーするには
「地に足を付けると言うことであり、新しい循環型の地方経済の仕組みを考えなければならない」
そんなことをコンコンと二時間伝えたが…
分かってくれたかどうか
彼女らは「一度岩手にきて、きっかけ作り」「観光でも何でも、キッカケづくり」と言っていた
確かにキッカケが無いと知ることが出来ないのかもしれない

昔、東京で「岩手宣伝会議」というのが有った
G大の学生達が企画した会議だ
あちこちから岩手に集まって来た「G大の学生」と、岩手から出て行った「岩手出身の東京在住の学生」達が、
東京で「岩手を盛り上げるにはどうしたら良いか」と言う会議だった
そこへ東京で働いている社会人、東京から岩手に戻ってきた社会人が、学生達の応援団として大勢参加した。
当時、東京から岩手に戻ったばかりの小生も参加したが、その会議は一回で終わってしまった
あれを何回も続けることが、必要だったのかも知れない。
そんなことを、ふと思った若者との出会いであった

とうとう

インターネットで、こんな文章を見つけた

 

とうとう、嘉田由紀子さんが動き出した。いろいろな意味でびっくりしたが、環境社会学者から滋賀県知事に転身した時から、ある意味で必然的な流れなのかもしれません。嘉田さんは今までの政治家とまったく違う特質を持っている。それが今の日本の政治に生かされることはある意味では意味のあることだと思う。

いまから15年位前の頃、まだ琵琶湖博物館に勤務されていた頃、研究仲間と一緒に琵琶湖の周辺の集落を嘉田さんに案内していただいてずっと回ったことがある。どこに行っても、誰に行き会っても、ほとんど例外なく向こうから嘉田さんに挨拶する場面に遭遇した。琵琶湖をフィールドとして歩き回った優れたフィールドワーカーだから当然と言えば当然なのだが、彼女が、本当に地域の隅々まで、そこに住む人の暮らしの襞の奥間で入り込んでいることを深く感じながら歩いた、とても豊かな時間だった。

彼女が滋賀県知事選に出馬して、ほとんどのメディアは彼女が当選することを予想できなかった。表面では現職の国松知事が勝つはずだった。しかし、彼女は当選した。メディアは従来のいわゆる市民派の知事として扱ったが、嘉田さんは従来の「市民派」の知事とは根本的に違うのは、地域の暮らしの襞まで分け入ったフィールドワーカーであり、保守でも革新でもなく、従来の政治の図式とはまったく異なる位置づけで地域住民の「政治」にかかわっていることであろう。


ある意味では、今までとまったく異なる部類の政治家が現れたということであった。そのような今までの政治の手法とは異なるやり方を洗練されてきた嘉田さんが中央の政治に対して構えたときどのようなことが起こるのか、大変期待を持ってみている。

彼女の人を引っ張り、一方できちんと理念を通しつつも政治的手腕を発揮する天性の才覚にびっくりすることがある。滋賀県知事選に出たときに、政党に対して推薦から支持に変えることで自らの主導的な立場を確保し、多くの政党が離れたにもかかわらず、自民党本部から袂を別った近江八幡支部など真摯に支持してくれる人をうまく形にしていったことも鮮明な記憶がある。新幹線駅問題で最初から多くの方が絶対挫折すると考えたにもかかわらず、根強く地域社会をつかんで、最終的には、いい意味で、まったく誰も文句を言わない状況を創り出してしまった。

2008年の川の全国シンポジウムは、歌を歌わないという条件で出演して講演した加藤登紀子に対して、嘉田さんが突然歌いだして加藤登紀子を引っ張りだしてそこでデュエットをしてしまうという、会場があっと驚くハプニングがあったが、そういう状況を創り出してしまうこの才能は、「政治家」だと、私は深く感心してしまった覚えがある。

あの、人を惹きつけ、人をうまく踊らせ、しっかりした理念の下に周到なリーダーシップを発揮する、それでいて、地域での人の暮らしの襞にも分けいれるような感覚を持っている。このような人が中央の政治の中で、魑魅魍魎のどうしようもない政治家の中に入ってどんなことをしていくのか、それはとても期待を持って見ざるをえない。

同じ志をもってともに研究をしてきた旧来の研究仲間としても、今回の動き、心から応援したいと思う。

 

なんとかしろ!

盛金デモに遅れてしまった
しかし、だんだん寒さが迫ってくる
ようやく追いついた時には、身体も温まっているが…
一合しか持ってこない水筒の熱燗は、半分も持たない
せっかく、じっくり味わおうと思って「久保田」を入れてきたのに…
安物の二級酒を二合入れてきた方が良いのか?

チビチビが…
グビグビになって
ゴクゴクと呑んでも、まだ温まらない冬がもうすぐだ
どうすんだ盛金デモは!

桜山の飲み屋街は、デモ参加者にはモッキリ熱燗一杯無料!にしろ!
10回参加したら、貸し切りで飲み放題!
毎回参加者は、永久飲み放題!

なんとかしろ実行委員会!

なんでわかったのだろう?

「朝刊に載ってるぞ!それも酒瓶抱えて歩いていると…」
と大きな声で電話があった。浣腸である。違った館長だ。

毎日発行しているM新聞に盛金デモが掲載された
”毎日発行しているM新聞”と書いたのは、
単に「M新聞」と書くと、あの有名なMタイムスより発行部数の多い「松園新聞」と勘違いされると思ったからである
松園新聞にも、毎月コラムを書いているが、これは有料である。
と言って、お金を貰っている訳ではない。払っているのである。(泣)

しかし、最近CD新聞とかA新聞とか全国紙に掲載されているが…
M新聞の掲載は地方版であった。

何を書いてあったかと言うと

「寒さを紛らわすために水筒を入れた熱燗を飲みながら歩いた」とある
浣腸は、いや館長は「さむぐながった」と言うが

寒さを感じるのは、人それぞれである
アフリカの人が一桁の温度では寒く感じるだろうが
エスキモーが一桁の温度を温かく感じるように…

すっかり骨皮筋右衛門になった小生には、寒さは大敵である
だいたいが仕事が終わって、すぐ酒が呑めないようでは

生きている意味が無い

まぁ、それはさておいて
このコメントの後に続けた言葉が書いて居ない

官僚制度をぶちこわすには「○×●郎しかいない」
と言ったのであるが…
実は言ってから、小心者は心配した
ひょっとして店の名前から実名まで出ていたらどうしよう
様々な客が来るのである
○民党の候補者から…○明党の支持者から…○社党の党員から
○産党の議員から…
小売業はつらい。思ったことも言えないのである

しかし、記事は職業は「小売業」と出ている
名前は出ているが、マサカ入道が、こんな名前だとは知るまい

しかし、前日に携帯にしつこく着信履歴が有った
電話をしてみると「何歳ですか_」という電話だった
まさか年齢と名前で、店が分かってしまうのだろうか?

そして夜。メールがあった
「入道とデモハム屋が載っていたが…」とれい君からだった

なんで分かったのだろう(?)

つめあと

数日前、三陸へ行った。
表面は静かで、そして、そのままだった。

 

相変わらず瓦礫が山となり、そして山はきれいに積み上げられ、シートで覆われていたところもある

 

地盤沈下をした海岸べりは、道路が浸水し、車の底が海水に触れることを心配して徐行していた。

 

久しぶりに水平線をみた。
この水平線のかなたから、あの大津波がやってきたと思うと
そのとき恐怖感は、想像だにできない。

帰りの山道は真っ暗で、暗闇とはこんなに暗いものか?
と当たり前のことを思わされた。
ようやく車のライトが見え始め、廃墟になった高田の街をとおり
津波の被害にあった建物のそばを通って帰ってきたが…
車を停めて写真を撮るほどの勇気はなかった。
ここで多くの人が犠牲になったのか?
 
 
本当に復興ができるのか?と思う爪痕である。
今、長くて高い堤防が、作られようとしている
こんな素晴らしい自然を堤防でさえぎられて…と思うのは小生だけだろうか?
たしかに人が作った街を破壊したのは大津波である
しかし、自然にはあたりまえのことである
自然の中にいる人間は当たり前として捉えていかねばならないのに…
それに自然と人間が対峙するという構図を作り出していく
何十万年も…何億年も…自然の中で人間は生まれて死んでいった
そのなかで科学技術の進歩は、自然の猛威を克服する技を身につけたのだろうか?
そうは思えない
それは人間のおごりだろう
同じ事が繰り返される。同じ事が…

あけろ!

先日の脱原発サウンドデモが
こんなにでかでかと写真が掲載された
しかし、これはどこから撮ったアングルなのだろう

電柱によじ登って…
ラーメン屋の二階から…
煎餅屋の看板をつたって…
サラ金の受け付けから…
サツの取調室から…

さまざまなシチュエーションが考えられるが…
しかし、こんなに顔までハッキリみえると困る人もいるだろう

「みかんや!サボってないで早く店を開けろ!」


桜山モッキリの店「みかんや」近日開店

昼下がり

なんだか怪しげな集会をやっている
宗教団体か?坊主のような姿も…
左翼系の団体か?長髪がやけに目立つ
真っ白な髪をした年寄りも…
訳のわからん団体が、

鍋を囲んで歌を歌ったり

誕生日だと言われた中年の若者が一人で鍋を喰らったり

鍋から直接喰うなよ

子どもだってきちんと待っているんだから…

中津川では鮭がひっそりと死んでいた

 

脱原発サウンドデモ@盛岡の昼下がりの岩手公園である。

     

   

矛盾

今日は人が集まるかな?

集まって欲しいな…

と言う自分が、行けないと言う…

矛盾

フライヤー

最近、分からない言葉が横行している

これがフライヤー

昔、東映フライヤーズと言うのがあったが…
それとも違うのか?

どこがフライなのだ?

フライパンの一種ではないのか?

それとも飛んでるヤーさんか?

はえをたたくときのかけ声か?

 

何でもカタカナを使えばいいと思っているのだろうか!

きちんと英語を使え!

カテゴリーアーカイブ: 私たちの思い