ちいさな野菜畑

ちいさな野菜畑ブログ

カテゴリーアーカイブ: 私たちの思い

わかもの

若者にであった。
たてつづけに二人のすごい若者である
34歳と40歳である
40歳を若者というか、初頭の中年というか、晩年の若者というが…
まぁ小生から見たら自分よりわかいものなんだが…
しかし、小生がその歳だったら絶対に思いつかないし、行動もしなかっただろう

ひとりは
「入道さんあと20年頑張ってください」といい
「いずれ僕が会長になって変わりますから…」と真顔で言った
某マスコミの薄謝協会の職員である
初任地が盛岡だった。多くの仲間と一緒に当店に出入りしていた
盛岡・東京・仙台と転勤してあるいて今福島にいる
「被災三県をすべて歩いたのは小生だけです」という
カレが追いかけている被災地のドキュメンタリーは、彼の実家のとなり町だという
「偏向している」と責める小生に
「あれは自分たちで上の意向を忖度して自主判断しているのです。なさけない」という
そして「そんな会社を変えたい」という
そういえば”こうさん”もその若者を応援していた。
40歳の時、小生も悩んでいた。
このまま会社にいるか…
会社の方針と小生のやり方が合わないのである
一部の上司は認めてくれたが、他の人たちとは全然信頼関係が作れなかった
というか…会社では浮いていた。
当時、子どもの学校は荒れていた。
「都会で育てるべきか…田舎に帰るべきか…」
それも悩ましい問題だった。
結局、「農業と産業廃棄物を組み合わせた新しい仕組み」に誘われて戻ってきた
戻ってきてよかった
前の会社の担当していた部門は、消滅した。
小生がやっていても無理だっただろう。そもそも会社と見解が違うのだから…
そこには”会社を変える”という発想は無かった
プロパーではないし、銀座のビルの一室で浮き草稼業のような仕事だった。

その若者の結婚記念植樹写真である

DSCF0380

つぎに34歳である
小生は34歳は人生の一大転機であった。
上場会社を止めると言う決断をした時である。
彼は、みため45〜6歳、しゃべり方も50前後に見える
幼い頃から複雑な家庭に育ち、生活保護でそだった、と言う
その彼はある地方の生活困窮者を助けNPOを立ち上げたという
彼の素晴らしいのは、じぶんが苦学しながらもそこからぬけ出すという発想ではなく
そこに陥る人たちを助けるためにさまざまな関わりを自分自身で作っていった。と言う実行力である
それは行政の仕組みを…行政の見方を…変えていったという
その彼が今月発行の週刊誌に載るという。乞うご期待だ。
詳報は、それを読んでから

第二弾に続く

紙一重

IMG_0788 IMG_0787

65歳を過ぎたら請求書がきた
なんでも年金請求書というらしい
読んだが意味がわからない
というか…

国が年金を支払えないので「遅らせて欲しい」と言っているようだが

認知症の母親は戦前、軍需工場で学徒動員されて働いていた
何でも器用にこなす母は、優秀な作業員だったらしい

表彰されたという
副賞が国債だったと言ってた

もらって数カ月後、敗戦になって国債がすべてパーになった
それいらい、母は国を信用しない。
そしていつも言う。「国債は信用出来ない」
最近でこそ認知症で「財布がなくなった」「財布を取られた」と言う
円の通貨は、まだ信用しているようだが…

 

某宗教団体の100年安心の年金制度等と言っていたが
年金が破綻した、いや破綻するだろうと言われ
”福祉よりも軍事だ”とか様々言われているが

こんな紙切れ一枚で年金を遅らせるという国民はいるのだろうか?
いや増えるからという人もいるだろうが
それは増えるか、消えるかは、紙一重だ

貰えそうもない若者が大勢いるのに…

ちいさな

元鹿児島大学の副学長の萬田先生と佐賀の農民作家山下惣一さんから手紙が届いた

何でも小農学会を立ち上げるという。

賛同の意思を表明しようと思ったら、いつの間にか時間が過ぎていた

日本農業新聞の記事が載っていたのでコピペする


 

神髄は小農にあり むら存続へ結集を 福岡で学会設立総会 (2015/11/30)

 
  家族経営などの小農を評価し、生き残りと普及を目指そうと、農業者や研究者らによる「小農学会」が29日、発足した。福岡市で同日開いた設立総会で は、政府が推し進める農業の大規模化・企業化では農村は守れないとして、小農と、農に関わる都市住民が結集・研さんし、社会的な発言力を高めることを確認 した。

 
 代表に、鹿児島大学名誉教授で有畜複合農業を営む萬田正治さんと、佐賀県の農民作家・山下惣一さんが就いた。
 
 総会には約80人が参加。①農の神髄は小農にあり、研さん、実践と普及に努める②自然の営みに沿った農を実践する③農の使命は人類の生命の維 持で、全ての人に恩恵がとどく社会を目指す――ことを決議した。同学会は、シンポジウムや現地研修会、会誌の発行、学会賞の授与を行う。
 
 経過報告で萬田さんは、国連が2014年を国際家族農業年と定めたことを説明。しかし日本政府は、その振興に消極的な一方で「TPP(環太平 洋連携協定)で、日本の農業を国際競争に裸でさらそうとしている」と批判し、「こういう情勢だからこそ、勇気を持って学会を立ち上げたい」と設立を宣言し た。
 
 講演した山下さんは「そこに住んで家族の労働で、家族と暮らしていくことを目的に(農業を)やっている農家」と小農を定義し、「日本の農家の 99%」と指摘した。それが大規模化を推進する政府によって「つぶされようとしている」として、「声を上げよう。そうでないと、むらは持たない」と呼び掛 けた。


 全くそのとおりである
政府は、他国のような農業の大規模化で合理的効率的な農業を目指そうとしている
そこにあるのは競争でしかない
日本のような平地のない山国は、競争に勝てるか?
まして他国の大規模化の農業は、ほとんどが政府の補助で成り立っている
①は当然の使命である
②は、自然のとらえ方が他国と違う
③生命の維持とは、他国は貨幣による(経済)による維持と捉えている。
荒々しい自然の日本では、「いただきます’という言葉とともに神への祈りが根底にあった。
その違いが、アメリカナイズされた政府はわからないふりをしているのだろう
日本は大規模ではなく、村というコミュニティがないと農業を続かないのだ
なぜなら自然との協調は、独りではできない
P1070118

易しく言う

IMG_0670 IMG_0673

報恩講である。
報恩講というのは文字の通り。恩を報いて講ずるのである(意味不明)

要するにキリスト教ではいえばクリスマスである
浄土真宗では、宗祖親鸞の誕生日である
浄土真宗の一大イベントであり、全国の真宗大谷派のお寺でさまざまなイベントが繰り広げられる
浄土真宗大谷派騎雲山専立寺では、哲学者内山節が記念講演という形で、毎年呼んでいる
もう15〜6年になるという

そういえば小生が内山さんと知り合ったのは平成6年だからもう21年前か…
44歳の時だ
最初は、八戸の某会館だった。
最初は、チンプンカンプンで、よくわからなかった
言っていることが使用価値と交換価値のようなことだったことだけ、覚えている
比喩として「ダイヤモンドと水」の関係だけ覚えている
ダイヤモンドは砂漠では価値が無いが都会では価値がある
水は都会では価値が無いが、砂漠では大変な価値がある
そんな話だった

まぁわからないなりに、聞いていればなにかわかるさ…と思って数年聞いていたが
あるとき、内山さんの発する言葉が、すぅ〜っと体に染み渡るように入ってきたのである
感動した。身体が震えた。
それからである
話を聞くたびに、具体的な問題を抱えて行くとそれに応えるような話をされた
どんどん深みにはまっていった。

中学生の頃だっただろうか、
自分の意見を言えとか、自分の考えを主張しろとか、個性を持てとか、さんざん言われた
新入社員の研修でも似たようなことを言われた
あるときに「個性は顔だ」とある人が言っているのを聞いた
一人ひとり顔が違う、それで良いのだという
そして一人ひとり生まれが…育ちが…場所が違う。それで違いが出てくる。
それが個性だ。そんなことを聞いていると楽になった。
そんな時に内山さんと出会った。
内山さんとの出会いから、様々な問題を通して見えてくる物が違ってきた
なんだか薄皮を剥ぐような感じだ

多くの人は難しいことを難しく言う
内山さんは、難しいことを易しく言う
易しく言うことは、奥が深いということである。
内山さんの周りには多くの人がいる
しかし、内山さんほど易しく語る人はいない。

そんなことを改めて思った報恩講であった。

子持ちとビッコ

IMG_0019孫が病気だ

なんでも他の保育園で「RS感染症」というのが流行っているという
”たんなる風邪ですましてはいけない”という

RS感染症というのは、怪しげな…恐ろしげな名前だ。

大体が病気の名前で、優しいとか、安心できる名前など無い
エイズとか、エボラ出血熱とか…バセドウ氏病とか
なんだか治りそうもない病名だ
もっとすぐ治るような名前をつけて欲しい

RS感染症というのは手っ取り早くいえば、乳幼児の風邪らしい。
それが重症化すると慢性になり喘息とかいろいろと症状が起きてくるという
伝染病だから保育園は、閉鎖になったり大変である

しかし、もっと大変なのはこちとらである

保育園からしょっちゅう呼び出しがかかる
「お子さんが熱を出しております。すぐ引き取りに来てください」
「すぐ!」と言っても客が立て混んでいて…
これが何度かかることだろう。特に男の子の場合は…
電話がかかるたびに、慌てて娘が迎えに行き、そのまま帰ってこない

母親にとって「子ども」を取るか「仕事」をとるか
少子高齢化…生産人口の減少…女子の就業、出生率、子育ての環境等々いろいろと言われているが

大体がシンゾーくんの考えることだから、
「出産後の復帰」「男子の育児休暇」等々大手企業の立場に立っている政策しか見えてこない
ところが母親は「子ども」を取りたいというのが本音ではないだろうか
なんと言ったって子どもにとって母親は「唯一の肉体を分けた味方である」
残念ながら父親は、そんな肉体的感覚がない。

だから安心して子育てできる環境というのは、母親と一緒にいるということである
子どもは三歳までの可愛さで親への一生の責任を果たす
という言葉がある

かわいい盛りを一緒に過ごしたらどうだ

と想うのだが、逆に中小の自営業者としては、熟練した人に長期休業はつらい
東京の下町で言われている言葉だが

「子持ちかビッコを雇うときは、ビッコをえらべ!」と中小企業では言われているという
中小企業だらけの日本。
それに対応する制度をつくれば(中小企業へのヘルパー制度)いいだけのことだ

妊娠してから三歳までは、子育て教育期間だ
愛情たっぷりの子育てや教育を考える良い期間になると想うが
子どもよりも金だ、女性だってやりがいだ、と働きたい人は、働けばいい。
そんな多様な雰囲気の社会の中に、きちんとしたセーフティ・ネットがある社会

それを応援する地域社会があればなおいい

IMG_0018

きかい

内山節の「清浄なる精神」の読書会である寺子屋の帰り道、

今日は一章も読まずに…
和尚と鍼医の禅問答のような話を
子守唄のように聞いてしまった。

と反省をしながら、ふと帰り道に見上げると、浮かび上がっていた。

IMG_0628

日々通っていても気付かなかった「器械」という文字があるのか…

頭のなかは「機械」なのに視界から入ってくる「器械」を変換してしまっているのだろう
たぶんそんな間違いがいっぱいあるのだ。

目で見ても頭のなかで、自分で思い込んでいることに変換することが…

 

工作機械」「包装機械」のように、動力を用いて操作する装置(マシン)を「機械」、
「測定器械」「光学器械」のように、人間が直接動かし、比較的小型で小規模な装置や道具(インストルメント)を「器械」と使い分けることが多い。

やま

ようやく一山越えた
こじ開けて、むりやりに…
自分で自分を鼓舞しながら、ようやく越えた。

いや安心は出来ない
まだまだ越えないといけない山が立ちはだかっている

よく見渡してみると山だらけだ
高い山、低い山、道なき山、道が消えている山
登山家のマロリーは「そこに山があるから」といったというが
山を越えても、また山があるのだろう

そんな気がする人生である。

IMG_0588

手焼き

よこやませんべいを知ってるかい?

なんでも有名な煎餅だという。「羽田うちでは…」と魔子様は言う

IMG_0602

東京は蒲田にある穴守稲荷の擬宝珠の形をした醤油せんべいである。
魔子様が子供の頃、よく食べた、夫婦でやっているちいさなせんべい屋だったという

有名になったが、未だに夫婦が手焼きで焼けるぶんしかないという。それも電話で予約だという
下町のちいさなせんべい屋が生き残っている文化である。

 

そんな魔子様の家に、いつも南部せんべいを手土産に持って行っていた。
今でこそ認知症でボケた母親だが、当時は

「”ほら!あの、いつも南部せんべいを持ってくる人!”とおぼえてくれるから…」

と手土産は「南部せんべい」にしていた。
魔子様の家族は、あまり好きでは無かったと後から聞いた。
「よこやませんべいが、あるから…」と

 

江戸のハズレの羽田で、頑なにちいさな煎餅にこだわっている手焼きの煎餅屋と
田舎町で、大きくなろう大きくなろうとしてあがいているせんべい屋と…
資本主義の拡大経済と地域の食文化、人口が増えていく都市と、減少の田舎、技の継承と機械化のこれから等々
様々なことを考えさせられる

 

ときおり魔子様の実家に入った姉が、横山煎餅を贈ってくれる
あっという間に無くなるが…
しかし、最近はあのゴマ味の南部せんべいも捨てがたい、と思うような歳になった。

IMG_0013

 

JAPAN WAY

IMG_0495

何回も、何回も、見なおしている
極早朝に目が覚めて、まずスイッチを入れて、画面に広がるのはグーグルのニュースだ
それをグッ−っと下におろして、スポーツをみる
いや、その前にエンターメントや政治ネタで取り上げられている小さな記事も読む

ワールドカップの日本の活躍である
ただただファンとして単純に嬉しいから見ていたが…
ふと気がついた
おれは何を見ようとしているのだろう

結局、今まで勝ったことのない日本が勝ったという快感
そして小が大を倒した快感だけでなく
あのラグビーで、番狂わせがないラグビーで、体格の違いも運動量の違いも大きすぎる差を物ともせずに、
ちいさな選手たちが…鍛え上げられた選手たちが勝てるのは…

なぜ?

確かに外人選手の力が大きな影響を与えたチームだったが
外人選手だって、祖国の代表選手には、一歩も二歩も遠い選手たちである
それをまとめて鍛え上げたエディの手腕と
「日本ラグビーに誇りを取り戻す」という強い信念だろう

IMG_0501

その彼が掲げたのは「JAPAN WAY」である
今までの指導者は日本人は体力に劣るから…と言って

「接近・展開」の発想だった。つまり身体の大きな選手に近づきながらボールをパスしてつなぐ

ところが彼は
身体の小さな日本人を身体の大きな外人選手の足元にツッコミ、ちいさなパスでボールを繋ぎ、又足元にツッコミ、小さなパスでボールを繋ぐ
それをミスすることもなく何回も繰り返して相手のスキ(空隙)に飛び込んで距離を稼ぐという戦術を実行した
これは突っ込んでも潰されないような頑丈な体力と、跳ね飛ばされないように瞬発力を鍛えないと戦いにならない
そのためにフィジカルトレーニングを一日に何回も、世界で一番というぐらいやったという

やはり世界でベストエイトに入ろうとするには、小手先の器用さでは難しいことを身体で知っていたのであろう
しかし、見ていてイライラしたのは

ボールを持ってツッコミ…ボールを持ってツッコミ…それを繰り返しながらジリジリと後ずさりのように下がっていくことである
いくら前に投げたらダメというルールでも、後ろに下がってはトライに結びつかないと、イライラしていたが
正確にミスせずにボールを繋ぎ続けていくと、相手は根負けして必ずちいさな穴が空くのである。

なるほど、これが「JAPAN WAY」か

IMG_0510

しかし、この戦術は使える

今地方都市は、大型資本にかき回されている
商品の種類、売り場面積、見せ方、もう勝てないというぐらい圧倒されている
いや、ちいさなコンビニでも、その商品の並べ方や種類、その展開力は地方の小売店の努力を凌駕している

勝てないまでも、どうしたら負けないのか…

そんなことを考えながらエディジャパンを何回も繰り返しみていると

「JAPAN WAY」にむすびつく
そうだ!これだ!

小さな企画を…小ロットの商品を…ちいさなニーズを…
大型資本が手を出せない、ちいさなものを数多く正確にタイミングよく打ち出すことではないか

そのうちに相手が、ほころびを見せてくる
そこが狙いめである。

 

 

つながるさろん

ちいさな野菜畑開設20年を数え、新しい店の形をつくります
今まで「地産地消」や「身土不二」を唱え、地域の人々が心の通いあうなかで農産物が流れる流通をつくろうと取り組んできました。
ようやく道の駅が、あちこちにでき、農協の直売所も規模拡大し、量販店にはインストア−産直が増え、手軽に地域の農産物が手に入る状況になりました。
また以前は、仲間はずれにされた有機農産物も、認められるようになり、多くの需要が生まれ、農家が直接繋がる流通ができつつ有ります。

全国に先駆けて岩手県が掲げる「地産地消」に、当店が農家と市民をつなぐ街中の直売所、県内の有機農産物の直売所として、一定の役割を果たしてきたと自負しております。
そこで20年目を迎え、新しい店の形を打ち出したいと思います
それは、人口減少社会に向けて、地方都市の新しい流通と地域のあり方です。
歴史上、人口が増えるということで、全てのことがらが考えられてきました。

人が増えるということは、増えた人数分の需要が増加するということですから、物は必要となり、需要が増えて生産が増えます。人口に見合う分だけの生産が行われれば良いのですが、増大した生産は止まりません。必然的に世界へ向けて生産・販売されていき、世界をターゲットにしたグローバル化が叫ばれるようになりました

しかし、その拡大する経済を支えているのは、枯渇する天然資源の石油です。
ところが科学技術の発達は、石油資源の枯渇も克服すると思わせる様相を呈していますが、東日本大震災の原発事故以来、科学万能の社会に警鐘をならし、疑問を抱く人が増えてきました。

そこで「江戸時代の循環型社会に戻ろう」と言う動きが出てきました

江戸時代にもどるのではなく、循環型社会へもどろうという動きです
それは単なる物質のリサイクルではなく、生産と流通と消費が一定の循環する成長しない社会なのです。

日本は、欧米のような安定した気候の乾燥地帯ではなく、嵐が吹き荒れるモンスーン地帯で、助けあって生きるというコミュニティが生まれました
また細長い島国は、平坦な地形は無く、山と海と陸の組み合わさった複雑な地形を生み出しており、一箇所として同じ気候風土が無いと言っても過言ではありません。そんな地域の自然は、暮らす人にとって当たり前のことでも、ひと山越えれば、違う気候風土の中では違う発想がうみだされます。
青森と岩手の言葉がわからないように、そして岩手でも県南と県北と沿岸部は、風土も風習も違います。
それを我々は、一方通行のマスコミや、学校教育の共通語で話すことによって一定の理解をしているように思っておりますが、真の理解はできていないような気がします

もう一度、同じ風土に住む人々が、深い理解と、真の理解を…
そして狭い地域で深い関係性をつくることが、人口減少社会の地域と交流のあり方ではないか?と思う次第です
そして、また隣のむらの違いを理解する深い理解を…
循環型社会の基本は、農林水産業です。
なぜなら単位面積あたりの生産量は限られており、生産は増大しません
農業は生産技術の発達で、単位面積あたりの生産量は限界まで伸びました。
林業は、皆伐と手入不足で森は荒れ、水産業は乱獲で水揚げが減少しております
それをもう一度、永続して循環する生産のちいさな営みが、あちこちで行われるようにすることが、地域で我々の目指すところではないか?
地域の人々がもつ様々な智慧を出し合って、もっと深い関係性のつながりの中での交流が必要ではないかと考えます。

そこで、ちいさな野菜畑では「つなぐサロン」と称し、一人ひとりの顔が見え、言葉を交わすことができる、深い交流の中で、問題意が語られる場を目指したいと考えております。
ちいさなサロンですが、深いサロンです
多くの人が集まるイベントにはない、心の交流を積み重ねていきたいと考えます

その中で語られる氣づきが、新しい地方の叡智となり、次の世代につながる智慧となるように願っております。
人と人が、単なる知り合えるサロンではなく、「深くつながるサロン」
 

そんなことを、二十年目にして考えております

 

カテゴリーアーカイブ: 私たちの思い