ちいさな野菜畑

ちいさな野菜畑ブログ

カテゴリーアーカイブ: 本日の岩手さんと

うめはる

「昔、繊維業界に勤めていた。」と言うと、人はある程度納得する。
ところが「ファッション業界に勤めていた」と言うと、驚く。
ジッと、上から下まで見て…
”そのセンスで…”と心のなかで、つぶやいているのが聞こえる

最初に勤めたところが「商社」なのである
「商社」と言っても”総合商社化”に乗り遅れた「老舗の繊維専門商社」である。
多くの新入社員が、繊維に配属された。
英語ができそうなやつは、繊維貿易へ
まるっきり英語が話せなさそうな顔をしているやつは、国内繊維へ

国内繊維でも、身体や、声の大きな体育会系は、大阪へ
ちょっと神経質なおぼっちゃん風は、東京へ配属された

何と言っても大阪の繊維業界は、ヤクザである
「繊維で一人前になったら商売は一流だ!」と言われていたが
今にして思えば。「山口組」で若頭になるようなものだ
そういえば先輩たちもヤクザのような人ばかりだ。(Blogを読んでいないと思うから言うが…)
女子社員は、すべてヤクザの情婦のような感じだ(感じだ!たぶん!)
最初は東京へ配属されたが、やはり間違えたのか?すぐ大阪に転勤になった。
大阪は、水を得た魚のように動き回った。

あるとき「横縞のボーダーが曲がった」というクレームが付いた
丸編であるから螺旋上にボーダーができあがる。それを切り開いて糊ではっつけて伸ばすのである。
反物のときは真っ直ぐである。縫製している最中に、徐々にもとに戻ってくる。
今はなくなったが、昔、わきで縞模様がずれているシャツをきていたやつが多い。
だから大きな縞模様はできなかった。というよりもメーカーは嫌がった。
「縞が曲がった」とクレームがついて販売員が一緒に行ってくれ!と言われた
一緒に行った。
担当の人が出てきて、ネチネチと嫌味を言った。
すぐ言った「当たり前や!こんなんは曲がるもんや!」と言うと
相手は驚いて黙った。
すこし大声だったかもしれない。
すこし声が低かったかもしれない。
すこし語気が荒かったかもしれない。
顔が歪んでいたかもしれない。
眉毛が逆だっていたかもしれない。
右手が内ポケットのピストルを触っていたかもしれない。
交渉は、最初が肝心である。

無事にクレームは解決した。(相手が黙ったので…)
あとから販売員が言った
「あの人もう連れてきていらん」とトランプ(?)のようなことを云われたらしい。

そんな大阪の繊維業界から東京へ転勤になった。
東京は「ファッション業界」と言う。場違いのところへ来てしまった。
なんと言ったって、キンキラキンの女の子ばかりである
と思ったら、当時は黒と白のファッションだった。
マンションメーカーと言われるマンション一室で、デザインをおこし、
縫製業者に委託し、ちいさなブティックに卸すところが一杯あった。
そんなところのデザイナーと商売するのに、自身の服にセンスが無いので困ったが
当時は白黒だったので、これ幸いとヤクザルックにした。
ダークスーツにピンストライブである。
しかし、商売はカラーコォーデネートである(?)
「流行色協会の色を参考に…」と言っても、ちんぷんかんぷんである
そんななか記憶に残っているのは「うめはる」という言葉である。
「うめはる」と言うのは「梅春」と書く。
春よりも早い季節、真冬が終わった頃である。
ようするに1月2月に店頭に並べる商品群や、その色である。
年末セールが終わり、消費が冷え込む1〜2月、
暖かくなって出歩くようになって購買力も回復する3月から4月の春。

そんな1月2月の梅春は、商売も停滞する。
毎日食わないとやっていけない人間も、冷蔵庫にある買いだめ他正月の残りを漁って過ごす日々である
岩手の八百屋も新鮮なものは無い。下りものばかりである。
あるのは沢庵、それさえも昨年の秋は不作で早々に終わった。

次にでてくる山菜まで、じっと我慢の梅春が続く。

 

 

四十四田

IMGP3209

四十四田湖からの岩手山である。
北上川をせき止めて作ったダム湖である。
沈んだ土地には、四十四枚の田んぼが有ったと言われる。
流れこむ支流には、以前東洋一と言われた硫黄鉱山「松尾」から強酸性の鉱毒水が流れる赤川が有る。
松尾鉱山は、明治末期から採掘され、ところが硫黄は海外からの輸入や石油の脱硫義務化で廃棄物としてできるため、昭和44年廃業した。それまでは「雲上の楽園」という未来型の空中都市であった。と言う
近代化したセントラルヒーティングや、ダストシュートが付いた憧れのアパート、映画館や劇場が山の上に並んだと言う
そして盛岡の芸者を総アゲして、タクシーで松尾まで2時間ぐらいかかる道のりを帰ったという
近くの農家は野菜や米を担いで、列車に乗りアパートを売り歩いたという。

高度成長期には真っ赤になった強酸性の廃水をどんどん流していたが、
環境問題がうるさくなって中和する施設ができて川が綺麗になった。と言う
その浄化するための苛性ソーダ−などの費用や処理費が年間5億になるという。
それが県の予算を圧迫しているという。

このダム湖の湖底にもヘドロが溜まって、もうダムとしての機能が失われたと言ってから久しい。
もう30年前になろうか…

そんな四十四田湖を、じっと見ている岩手山がいた。
一本桜も…

IMGP3217

 

 

逝く春

IMG_2024 IMG_2025

ワシの一本桜も葉桜になった

そして最後の八重も満開である

IMG_2005
いよいよ、夏が始まったような気がする

 

葉桜になると、春も終わったというのは自分だけの感覚だろうか…
桜が咲くまでの待ち遠しい時間、それが春待つ時間なのだが…
桜が咲き、花びらが散ると同時に、春は逝ってしまう

空も、夏の空の様相を帯びてきた。

満開

あちこちの桜が満開になった
盛岡の南では散り始めだというところもある
しかし、盛岡北部は、まだ花びらがしっかりと風に耐えて枝にまとわりついている

IMG_1935

岩手山のテッペンの鷲が羽を広げたような雪が溶けた形が
岩手山の別名”岩鷲山”のいわれだという
その鷲の形のしっぽのところにあるから「鷲の尾」という酒造メーカーがある
陸羽一三二号の酒を作ってもらっているところだ。

ワシの一本桜も満開である
そばの車道に車が止めてあるところを見ると
車を降りて写真を撮っているのだろう

IMG_1939

店の桜も満開

IMG_1926

ふと気づいた。
店の桜が咲く頃、ワシの一本桜も咲くのだ
ひょっとすると店の遅咲きの八重桜は、米内浄水場の枝垂れ桜と連動しているのか…

あと10日ほどであろうか…
八重桜が満開になるのは…

米内の枝垂れ桜がいつ咲くか…

一本桜と…

IMG_1735
小生の一本桜はまだまだの感じだ
ちょっとしたスキマから見える借景だったので、
誰も気が付かない一人だけの一本桜だったが…

徐々に徐々に気がついてきたのか、
昨年は何人か眺めている人
近づいていく人
カメラを構えている人が多くなってきた

一人だけの一本桜が、多くの人の一本桜になってきた
これを個人の所有ではなく、「総有」というのだろう
多くの人が、その風景や自然財産を地域のものとして見守ることを…
たぶん持ち主もそれを狙って一本だけ残した(植えた?)のだろうか…

 

その一本桜を過ぎて、豆腐料理の田楽茶屋に豆腐の集荷に行った。
豆腐の消費量日本一の盛岡の豆腐屋でも、ちいさなところはどんどん店を閉めている
堅実にお得意様を大切にしてきた店も、お得意様の高齢化と、若年層の味の変化と、
大量生産の豆腐の価格競争と、垂れ流しのコマーシャルに耐え切れないのだろう
個人の努力では、どうしようもない世の中になってきた。

そんな田楽茶屋も、最近は惣菜料理に力を入れ始めた
パートが増えて、早朝からてんてこ舞いである。

IMG_1766

ふと思い立って「にんにく味噌」を購入した。
舌にのこる大蒜の味が美味い
しかし、魔子様は「臭いが…」と言って食べようともしない

自宅で湯豆腐を、にんにく味噌で食べたら、美味しかった
そうだ!こんな食べ方も有るのだ…

大量生産・消費に負けない
そんなあり方のヒントを得たような気がする

 

迎える春

春である!春!

今年も春を迎えることができた
そうなのだ
年齢を重ねると春は、わざわざ迎えるのだ

新しい4号線から見える岩手山も新鮮

IMG_1527

窓辺の梅の蕾も膨らみ

 

 

IMG_1468

庭のクロッカスも
IMG_1484

サンシュユの黄色が蒼い空にはえ
IMG_1488

庭のカタクリも首を傾げた
IMG_1483

 

あとすこしだ。
ことしの桜まで…

IMG_1481   IMG_1439

故郷の山

岩手山である
南部富士である
巌鷲山である

そして啄木が唄う故郷の山である

IMG_1450

IMG_1447 IMG_1449

様々な方向から様々に見える

端正な山
母親のような山
街角を曲がれば、すぐ見える友逹のような山

もうすぐ、鷲型が見えて春がくる
春の岩手山は刻々と白い服を脱ぎ捨てる
桜とともに春の岩手山は、やってくる

春まだ浅く

久しぶりに岩手山を見た
薄曇りの早い春にしては、寒い日だった

曇り空を後ろに雪を冠って春に向かう岩手山は、なぜか寂しい
蒼い空に真っ白な岩手山は冬の景色だが、なぜか晴れやかである。

 

IMG_1370 IMG_1379

もうすぐ本物の春がやってくる
友人に「もうすぐ桜が見られるね」と囁いたら
「あと2ヶ月もある」と言う
今年も桜を見ることができるか…

春はまだ浅い、どころか…まだまだである。
この寒さの山を越えれば…
この雨が上がれば…

日一日と暖かさを増してきているが…
春は、まだまだ浅い。

カテゴリーアーカイブ: 本日の岩手さんと

1 / 1512345...10...最後 »