ちいさな野菜畑

ちいさな野菜畑ブログ

カテゴリーアーカイブ: 未分類

飲水思源

やるべきことが沢山ある。
しかし、とっつきにくいと言うか、取りかかれない。
こういうときに、すぐ他人のせいにする悪い癖の入道である。
今回はワールドカップのせいである。
9月20日に始まって、まだ5日も立たない、最終が11月3日だというのに…
面白すぎるのである。
いつもいうが、サッカーは動きがなくて、トイレに立った時、点が入る
ラグビーは、トイレに立つヒマがない。
利尿剤を呑んている初老の男は、ハーフタイムまで我慢するしか無い。
トイレに立つ瞬間に試合が動くのである。
油断も隙もない。

昭和40年代は、戦後のスポーツは体力増強と団体規範のような運動だった。
中学校・高校と全員授業後の部活に入るシステムになっていた。
県立高校に入った小生は、当時中学校の授業でならった、サッカーをやろうとおもった。
中学のサッカー部の連中に誘われたからである。
ところが岩手県の高校には、あまりサッカー部がなかった。(あったかな?)
外で大きなボールを投げたり蹴ったりするのは。ラグビーだけだった。
しかたなくラグビー部に入ったのが、最初の出会いである。
当時、ラグビーをやるのは工業高校だった。商業高校は野球だった。
どちらかと言うと就職に有利ということで職業高校が運動部が盛んだった。
だから試合をすると、普通高校はいつもボロ負けだった。

大学も、入学式に先輩に見つかり仕方なく、ラグビー部に入った。
4年間アルバイトと、ラグビーに泥まみれに毎日だった。
その頃であろうか、大学ラグビーが人気になってきた。
大学が名前を高めるために運動部推薦の枠を設け優秀な高校生をきぞって入れた。
そして野球は早慶戦。ラグビーは早明戦がもてはやされた。
そこへ彗星のように現れたのが早稲田の宿澤弘朗であった。
埼玉出身の彼はラグビ−選手とは思えないほど身体が小さかった。
しかしそれ以上に体力任せの推薦入試のラグビー部の中で、
難関の早稲田の政経学部に一般入試で入った秀才だった。
当時日本選手権は、大学と社会人の優勝者で争われ、彼が2年と3年のときは日本一に輝いた。(4年時は学生選手権で明治に負けた)
その彼が大学卒業して銀行に勤め、ラグビーから足を洗ったが、
その解説や分析力を請われ。日本代表監督となった。
その緻密な情報収集力とチームに自信を与える言葉は未だに色褪せない。
そして1989年5月28日秩父宮で、初めて8強のひとつスコットランドに勝った。

彼は銀行で専務まで上り詰め、亡くなった
彼とは、同じ世代である。
「水を飲む時井戸を掘った人を忘れず」という。
ここ数年の日本代表の活躍は彼から始まった

彼の座右の銘
「努力は運を支配する」「勝つ事のみ善である」

穴場

木伏緑地「きっぷしりょくち」

「木伏緑地」へ、行ってきた。
こんな”緑地”聞いたことがない。
どこに有るのだ?
木と言う名がついているから山か?
と思ったら、川のそばだった!
この前、新聞で話題になっていたが…
PFIという市民公募型の施設で
「トイレを作ると言いながら、飲食店ができている」
と言って…商店街から、横槍が入った!
と問題になった施設の公園だ。

一回通ってみると「なるほど、これは面白い。」
ひょとして、企画書に説明は有ったが、気が付かないというか
問題にするほどでもないと、たかをくくったのか…
しかし、”良くできている”「これでは、客が流れる」と慌てたのか…
この発想は、昔の人というか…常識人と言うか…公務員とか…
商売人というか…経営者にはない発想だ。
 まず土地が細長い、車が入れない、入りにくい。
 川が近い。ダムの放流 増水。反乱するとどうなる?
 店が狭い(コンテナハウスのため)
 ウッドデッキは、借景として河川敷の芝生があるが…
 雪の冬場や、雨のとき、カンカン照りの夏も使用できない
色々と考えると、従来の飲食業の立地条件としてはマイナス要因ばかりである。

しかし、考えようによっては、イケるかもしれない。
まず雰囲気がいい。ビルの谷間にあった、川の流れが見える場所である
盛岡は、世界で一番という友人がいる
それは親水性である。川と親しい。通常川に落ちないように柵が設けてある
ところが中心部で合流する北上川・雫石川・中津川と三本の川は、川辺に降りられるようになっていて、できるだけ柵を作らない工夫をしている。
まして中津川は、海から200kmも鮭が上ってくる川で
秋になると、橋の上から覗き込んで見るのが名物だ。

近頃は、こだわった飲み物・食い物が、ちまたに山ほどある
雰囲気も和風・洋風から、なんでもあるといっても良い。
ところが風景は、ここにしか無いという唯一無二の場所である。
こんなところで
静かにぬか漬けで、モッキリを傾けたい、
安いビールで焼き鳥を…
川を見ながら、上司の文句を忘れ
家に戻って、聞きたくない嫁さんのグチを聞く準備をして
いっぱい呑んで帰りたい
サラリーマン時代のころ、よく行った穴場を思い出した。

グローバル気候マーチ

一人の女の子が、初めたという。スエーデンの女の子だという。
高校生のグレタ・トゥーンベリさんは、昨年8月から毎週金曜日に、
学校を休み、国会前で一人、気候変動対策を求める抗議を初めたという。
そのスクール・ストライキに参加し、フライディ−・フォ・フューチャー運動の参加者が、世界で数百万人になったという
今年の9月23日に国連気候サミットに、その声を届けようとSNSで拡散し、
9月20日、グローバル気候マーチを開催する動きが、世界中に広がった。
それを見た金ケ崎の女の子が、フェイスブックで呼びかけた。

行ってきた。
集まっているのは20人ぐらい。ほとんどが20〜30代
見かけた顔が二人。
取材のOさんと、三陸の海を守る会のNさんである。
そういえば、再稼働反対の会も女性がスタートだという
20代30代の若い女性の行動力には脱帽だ。(ついでに脱毛?)
再稼働反対の会は、警察も厳しい対応をしたが、今回はフレンドリーだ。
デモは道の真ん中を歩かせてくれる。
警官が5人もついて信号や車の対応をしてくれる。
言葉遣いも丁寧で、にこやかである。
なんだこの違いは…

途中、横断歩道で停められた若い女性は
「横断歩道で立ち往生させられて…」とブツブツ言っているのが聞こえた
20〜30人の紙製のプラカードを掲げて踊り
ビートルズの「all you need is love」を流しながら歩く集団は
奇異に移ったようだ。何が通っているのか…、不思議なものを見るような…
最後は、開運橋のたもとの河川敷から、
橋を渡る人たちや、土手を歩く人達に、下から呼びかけて終わった。

グローバル気候マーチ?開運橋編
階段が降りれないので上から目線

この気候危機への緊急対策をもとめるグローバル気候マーチにしても、原発の再稼働をにしても、若い人たちが、様々なデジタルな手法で、スピーディに流してくる。それを受け止めて地域のスローな受け皿をつくるのがアナログの年寄りの役目か…と思う今日このごろ。
足のむくみが、ひどくなった(泣)
膝の靭帯が…(大泣)

想定外

元ハム屋のレポート第二弾

 

岩泉町役場の方と少しだけですが連絡とりました。
全国の方にお願いがあります。

昨日の自分の投稿をシェアしましたが、そこにも書いてある通り、役場の全職員が通常業務を中断して、災害対応をしています。未だ孤立している地区も多いですし、孤立してない地域でもインフラは崩壊したままです。そして役場職員の中には、自分自身が被災者の人がたくさんいます。それでも皆さん必死で働いています。

しかし残念なことに役場に、はっきり書いてしまいますが、全国からクレームが殺到しているそうです。グループホームや光ファイバー網の事でしょう。そして その対応がとても大変だそうです。私が昨日、役場に電話した際もなかなか繋がりませんでした。もしかしたら、そういう電話のせいだったかもしれません。

人間がやる事ですし、非常事態ですから、色々不備はあるでしょう。そして同じことを繰り返さないために、その不備について責任の所在をはっきりさせることも絶対に必要です。

でも、それはもう少し落ち着いてからにしましょう。
今、怒りをぶつけても何も変わりません。
小さな町ですから職員の数も限られています。今は被災している現場の事に集中してもらいましょう。

よろしくお願いします。

 

ここまで引用

スクリーンショット 2016-09-03 11.14.02

想定外という言葉がある

福島の原発事故のときに言い回された言葉である
しかし、あれは想定外という”想像力のなさ”と、”危険になることを想像しない”という逃げを露呈していた
人間が扱う人工的なものは危険物なら、さまざまな事を想定して行うことができる、そして最悪の場合は覚悟が必要である

今回の岩泉の件は自然災害であり、想定外という言葉が許される。なんと言ったって西日本で何回も台風に晒されながら同じ轍を踏んでいる。参考にしろと言っても一回も直撃したことのない土地での災害だから想像が貧困である。…だからこれは国が責任を取るべきであろうと思う。

やんごとなき本番

本番の当日が、やってきた
朝、パトカーが無断で侵入してきた

IMGP3341

道路には、早朝からウロウロとしている警官が…

IMGP3354

それ以上に、警官をのせたバスが何台も、岩泉方面に…
それを見送っていたと思ったら、上からヘリコプターが…
そして道端の警官は、集まってきた大衆に
「上の交差点付近で集まってください。」と声をかけて
小生は「規制ですか?」と聞くと「お願いです」と言う

多くの人は、ぞろぞろと上の交差点を目指してあるく
だれが、ココを通っていくと広報しているのだろうか…
町内会か?老人会か?
”人を集めて警備する”などというのはマッチポンプではないのか?
消防車を呼べ!
しかし、年寄りばかり集まってくる
何台も何台も白バイが通りパトカーが通って行く
気がついたら、その白バイのうしろに黒い車がいた

魔子様と麻子様は、客がいない店の中から眺めていると
「あっ!見えた!」
「こっちむいて笑った」
小生は、下を向きカメラのモードを切り替えていた。
目を上げた瞬間、車は通りすぎていた。

上の交差点付近で集まった人たちは、「人が多すぎて、みることはかなわなかった」と言う

「テレビでみるより痩せていた」
「やっぱり苦労しているのね」と魔子様

入道も痩せいるのだ!

タクアン考

たくあんと言うと懐かしい思い出しかない
というか…

たくあんでボリボリとご飯を食べた記憶しか無い
もちろん、最初からたくあんで酒を呑むような年齢には至っていない
もっともたくあんで酒を呑むというのは、落語の「長屋の花見」だろう
確か、タクワンは玉子焼きの代わりだったような気がする
しかし、今玉子焼きのほうが安いのではないか?
十個で二百円ぐらいの卵と、一本三百円のたくあんと、どちらが食べごたえが有るのだ

IMG_1281

そんなたくあんが、あちこちの産直で売られている
真っ黄色の甘いたくあんである。
そんなのは、沢庵ではなく、タクアンだろう(?)と思うのだが…

当店の熱烈なファンのお客様が、当店自家製造のたくあんを大量に買っていただく
「どうするのだ?」と聞いたら
「これが本物のたくあんだ!」と言って周囲に配るという。

IMG_1278

もうだいぶ前になる。
あまりにも色鮮やかなタクアンが農家から出てくる
そして、砂糖をまぶしたような甘いタクアンである

「こんなタクアンを、昔から作っていたの?」と聞くと
「うんにゃ。うめがら…」と言う

美味いという味覚が麻痺しているのではないか?
いやそれとも市販の漬物の真似をしているのではないか?
(市販の漬物は防腐剤代わりに砂糖を多用している)
いろいろと文献を探して調べた結果…

市販の漬物と似ているように作ると「売れる」と思っている。
「甘い」という感覚は、「美味い」と言う感覚である
(生まれた時に最初に感じる味が甘みだという。その甘さをうまいと感じるが、年齢を重ねるにしたがい赤ん坊のように戻る。
つまり甘いモノを欲しがるようになる。タクアンを作るおばあちゃんは、甘いのが美味いと思っているのである。)
そして市販の漬物の素である。真っ黄色の着色料と、ザラメを入れろというレシピ
以前の作り方と違って、「売れるもの」を造っているのである。
たぶん、行政の産直担当の指導者は。そういうふうに教えているのだろう

当店の熱烈のファンのお客様は、他の産直店で聞いたという
「なぜ塩だけの沢庵を作らないのですか?」
「”売れないから…”とポツリと言われた」と言う。
売れれば良いのである

そんな産直と一緒にされるのを嫌って「脱産直宣言」をした
10年前のことだ。
しかし、多くの人が当店を。まだまだ産直だと思っている
そして声が出る時から「産直が農家を駄目にする」と講演で何回も喋っているのだが…。
しかし、それも、なかなか浸透しない
「地産地消」や「身土不二」は、経済効果があるとなると、すぐ浸透する
ようするに売上が上がれば…儲かれば…すぐやるのである
儲かったほうが、勝ちか…?

産直とは、農家のじっちゃん、ばっちゃんの長年の技や文化を紹介するものである。
既存の流通を変えるものではない。
既存の流通が本来の役目、”モノのないところへ、モノを流す”ことが
”金のあるところへ、モノが流れる”ように変わってきたから、間違うのである。

いずれにせよ、当店の熱烈なるファンのお客様は塩だけで漬けた沢庵は
「噛みしめると甘みがにじみ出てくる」と言う
それを食べて日本人は、歴史を積み重ねてきたのだ

塩と糠と唐辛子だけのたくあん
子どもに伝えたい味である。

カテゴリーアーカイブ: 未分類