ちいさな野菜畑

ちいさな野菜畑ブログ

無駄な広場

たぶん今のにわかファンと呼ばれる若い人たちは知らないと思うが…
昭和40年代50年代、秋田・岩手はラグビー王国と言われていた。
秋田工業は全国大会15度の優勝を飾り、盛岡工業も優勝が2度、準優勝も何回か?黒沢尻工業は優勝こそ無いが準優勝が2度。
ましてこの3高校が準決勝や8強まで進出したのは数しれないだろう。
そして高卒ラガーが主体の富士鉄釜石の7連覇があった。
なぜかラグビーの盛んな地域の偏りが激しい。
山形県や青森県は、全国大会県予選参加高校は数校だった記憶がある。

冬のスポーツだと言うのに、冬場がグランドが使えないチームが強いのは。
やはりスクラムだろう。大柄の選手はいなかったが小柄だがガッチリした身体の選手が強固なパックで組むスクラムは強かった。
冬場に走れない分練習は、スクラムの強化と、室内の走り込みが主体だった。
高校生は監督が全てである。冬場の指導を地元出身の先生たちが一生懸命教えた。

小生が社会人になった頃から東京大阪九州の高校が台頭してきた。
雪がないなか、ランニングラグビーで鍛え上げてきたのである。
そして秩父宮ラグビー場の改装で、客が入る早明戦・早慶戦。社会人との決勝などがどんどん国立を満杯にして昭和50年代は正月のラグビーは風物詩だったのである。

その後、仕事が忙しかった。ふと気がつくとラグビーシーズンは終わっていた。
それから4半世紀がたった。ある時「南アフリカに勝った」と誰からか聞いた。
まさか…
2015のイングランド大会だった。
2019のラグビーワールドカップの日本開催は、観客動員だけでも難しい
と思っていたいのに。日本がベスト8まで勝ち進むなんて…

昭和50年代の国立を満員にしたラグビーを見ていた者にとっては
このワールドカップをベースにしたラグビー人気は耐え難く嬉しい
これを一過性にしないで定着させるには…
多くの人は考える、ラグビースクールの充実や底上げ等々

しかし。子どもたちに決まりきったスポーツを押し付けることが本当にいいことになるのか…(最近の部活を見ていると特に…)
やはり生涯スポーツである。
高校中学校までは、スポーツの面白さを教える指導者がいるスポーツクラブで…
大学社会人では、体力と技を教えるチームスポーツを…
そして地域でスポーツで体力づくりと地域づくりを…
オールブラックスなどは。一年中ラグビーをやらないという。
他のスポーツをやって違う筋肉や動きを取り入れるという。
最近、原っぱが無くなった。無邪気に走り回る無駄な広場がひつようなのだ。

ラグビーって、いいもんだ!

ラグビーロスである。
魔子様が、小生を見て「ラグビー終わったの?」と声をかけた。
返事もしない。魔子様はラグビーには興味がない。
ラグビー中継が始まるやいなや、自分の部屋にこもりドラマを見る
「あんな痛い運動は…」痛がりの怖がりの魔子様である。

からだを変なふうによじったせいだろうか…
南アフリカの優勝から、殿筋というか…ある筋というか…
力が加わるとビーンと筋肉の張りがいたい。
疲れる44日間であるが、そのあと何日か全快までかかりそうである。

 RWC2019の記念にCAPを孫用に2つ買った。
2019のワールドカップにおじいちゃんが買ってくれたという想いでに…
そういえば、今まで土産など買った覚えがない

小さな頃からラグビーをやらせればよかった。と思うことしきりである。
もっとも仕事ばかりで子どもたちにかまってやることができなかったが…

あるコラムに

当コラム欄のタイトルである『be rugby』は、フランスの社会学者、ダニエル・プティエの著書『ラグビー』(文庫クセジュ)に紹介されている別の研究者(A・スーテール)の言葉から引いた。「ラグビーであること」の解釈は「プレーしているからというだけで、ある個人がラグビーなのではなく、日常的にラグビーを生きているからこそラグビーなのである」。以下、概略。チームという共同体へ帰属する。証明として、恐怖や苦痛にあらがい、みずからの身体を捧げる。そこまでするのだからうまくいかなくてはならない。そのためには仲間との相互性、選手と選手を結ぶ「完璧な信頼」が求められる。それは個人と個人のあいだに強い連帯感情がない限り不可能である…。

学者のように言語化はできないが、ラグビー部員であった者、ある者、ラグビー観戦を深く愛する者なら、わかる。ラグビーは痛くてこわくて、ひとりでは絶対にできない。いや、ひとりずつの集まりでもできない。だから「人生」が関係してくるのだ。オールブラックスやイングランドやジャパンでなくとも、ナミビアもカナダもロシアも「見つめるに値する」理由である。異なる文化の異なる個性がラグビーの共同体を形成する。不要なチームはひとつもない。無視できる人間もひとりもいない。

前掲の書にはこんな言葉も紹介されている。
「ラグビー、人生の学校」
かつてフランスの協会の標語のひとつであったらしい。
校則でなく連帯で営まれる学校。

月別アーカイブ : 2019年11月