ようやく終わった。
日本のワールドカップが…

長い一ヶ月だった。そして緊張の一週間で…
残像の3日だった。
たっぷりとラグビーに浸った。全てをなげうって。
毎日が試合日程とにらめっこをしながら段取りをした。

ベスト8の4試合、一日二試合はつらい。
いやゲームをするのではなく、見るのが疲れる。
テレビの前で体が自然と動く、
声が出ないので喉の乾きが…もうひとつだが
しかし構わず、ビールを流し込む。
次のゲームまでに体調を整えて…と思いながら
缶を4っつも空けるとつらい
日本酒にすれば…焼酎にすれば…
いや水割りにすれば…量は少なくなる
と思いながら、ビールをちょびちょびなめる
ゲームがすべて見応えがある。トイレに立つヒマがない。
一つ一つのプレーに反応し、感動し、手足が動き、テーブルを叩く。
疲れる。
一日3ゲームは無理だ(泣)

それも終わった。日本のゲームがだ。
あとは冷静に見られるが、ふと考えるとゲームの流れが全く記憶にない。
そうなのだ。流れの中で入ってしまって、全体の流れがわかっていない。
結局、どうだったのだろう?と回想し、
もう一度確認する作業をする#RWC2019

そしてニュースをすべてチェックしてようやく落ち着く。
結局、眠りにつくのは12時をすぎる。朝5時おきの年寄りにはつらい

そしてもう日本の試合が無い、とわかると呆然とする。

疲れた。