森元総理は
「間に合わなかった新国立競技場にワールドカップを持ってこれなかった奴らに悔しがらせたい」
森元総理は
「間に合わなかった新国立競技場にワールドカップを持ってこなかった奴らに悔しがらせたい」
と言ったらしい。

「国立競技場の建て直しは、当初から東京オリパラが目的だったと思われがちだが、ちょっと違う。なぜなら、建て直す計画が動き始めた時点で、ラグビーW杯2019は日本開催が決まっていたけれども、オリパラ2020の方は開催地が未定だった。つまり、国立競技場は『ラグビーW杯日本大会のために建て直すことになったスタジアム』にほかならない」   元文部副大臣

なにもかも想定外だった。
こんなに客が入るのも…
そしてプールAの最後の試合までベストエイトが決まるのも…
そこに全勝の日本が残るのもの…

今まで日本VSスコットランドは1勝10敗と日本は言っている
しかし、スコットランドは
1989年5月の宿澤監督・平尾キャプテンの秩父宮での1勝をを認めていない。
「あれはテストマッチ(国同士の対抗戦)ではない」と言っているのだ。
(当時は、格下げ国との練習試合みたいなものだ。という意味である)
その言葉は嘘だ。紳士のスポーツで嘘を言って良いのか…
という日本の意地を見せるときだ。

いよいよファーストスクラム

体が動く、アルコールでぶれているのではない。
その〜なんというか…
自分がプレーしているような感覚なのである
当然ボールなど無い。相手もいない。
それなのに。タックルへ行く時は身体を低くしてビール飲み
スクラムを組む時は、背筋を伸ばしてテーブルをなめ
ボールを投げるときは、反対側に体を寄せて…
キックするときは、ふとももがピクピク動く
ラインアウトは思いっきり背伸びして…
トライするときは両手を大きく鳴らす

「ヤッター」パチンバチンバッチン

選手よりも疲れる
トイレに行くヒマもない。

もう終了寸前、密集を何回も何回も飛び込んで…
とりあえずボールを安全に確保して…
そしてまた隣へ飛び込む
あっ!ボールがこぼれた。
それ拾って…また飛び込む
もういい加減に時間よ止まれ(じゃない)
過ぎろ!
じゃァ〜ん(ドラの音が…)
それキック!(「はずすなよ。空振りするな?)

「やったァ〜」

「国立競技場の建て直しは、当初から東京オリパラが目的だったと思われがちだが、ちょっと違う。なぜなら、建て直す計画が動き始めた時点で、ラグビーW杯2019は日本開催が決まっていたけれども、オリパラ2020の方は開催地が未定だった。つまり、国立競技場は『ラグビーW杯日本大会のために建て直すことになったスタジアム』にほかならない」
戦い終わって…

これで2勝10敗だ!