”求める会”の「偲ぶ会」に参加した。
正式には「豊かな食べ物を求める会」の「日野岳唯照を偲ぶ会」である。
「豊かな食べ物を求める会」もう30年も続く会である。どういう経緯か知らないが、
記憶では岩手大学の学生たちが有機農家を応援するという会だったようだ。
その主体の人が山形へ引っ越したり、学生たちが卒業して、地元の主婦が地元の有機農家が主体となって、生産物を分け合ったり、醤油を作ったり、お茶を頒布したり、「土と健康」という雑誌を読み合ったり、食の安全と農業と向き合いながら、食べ物を持ち合いおシャベルをする会である。それもどんどん人が替わっていったりしてメンバーが替わったが、人数的には変わらない。
ようするに農業の「提携」とか、米国でいう「CSA」の元祖である。

そんな”求める会”で、中心メンバーの専立寺の坊守さんのご主人が昨年亡くなった。
一周忌をまえに、偲ぶ会やろうという会である。
小生は、入会20年ぐらいになる新参者である。今まで年に5〜6回開催される行事にもほとんど参加したことがない。
そういえば会報誌に、一本原稿を寄せたぐらいだ。
ほとんど駄目な幽霊会員であるが、会員の人が店にかいものにきてくれたりするので付き合いが続いている。

店を閉めて暇になった。
そして、お寺さんとの付き合いで是非参加しなくては…と思った次第である。
女性ばかり10人ぐらいである、さまざまな手料理を持ち寄って好きなことを喋って準備もあわせて4時間。
玄米の甘酒とぬか漬けを作って持参した。

食いきれないほどの料理と栗ご飯、豊かなのは食べ物だけではない。
豊かな量の食事だ。お土産を山ほどもらって帰った。
あれこれと話をする内容も濃く、至福の時間の情報交換の場である。
長く続くというのは場所の問題だと思う。
気のおけない場所と雰囲気。主催というか中心となる人の人柄か…