ちいさな野菜畑

ちいさな野菜畑ブログ

新国家観

ワールドカップの日本チームは7カ国の混成チームである。
もともと英国発祥のスポーツなので、世界の植民地に行った英国人が現地の人と一緒の代表チームに入って戦えるようにと言う
現地のラグビー協会所属主義という。
だから日本ラグビー協会に所属する人で、
 日本国籍を有する人
 親、または祖父が日本人
 また三年間日本に住んでいるか…
 他国の代表にならなかった人なら
日本代表になれるという。

ゲームを見ていると、一瞬のスピードで大きな体の隙間をつくのは可能だが
やはりフィジカルな面では、日本人では勝てない
という思いがする。
肉食民族と…草食民族との差を感じるのである。
その差をカバーするのが外国人代表なのである。


以前読んだ本で、江戸末期から明治の始めに来た外国人二人が、二台の人力車を雇って、江戸から日光東照宮まで走らせたという。
人力車の車夫は片道150kmを二日がかりで走りきり、
外国人は、車夫は休みも取らずに帰りも平気だったと驚いて書いてあった。
一日75km人力車を引っ張り、その食事は握り飯だけだったという。
日本人は、穀物食でその驚異的体力を作ったが、穀物食は持久力こそ作れるが、体格的な骨格は穀物では無理だったようだ。動物蛋白が必要だった。
 昔の人の体力は、一人一日、鍬で一反歩(300坪)の畑を耕すとあった。
現代人の小生は、せいぜい一日かかって100坪が精一杯である。
(若い時ならば…)(休み…休みならば…)(翌日は2日ぐらい休まないと…)
そして日本人は、穀物食のために、消化吸収の時間をとるために大腸が長くなったから胴長だという。(短足は個性だ。)
(小生は足が長いので困った。タックルされるとすぐバランスを崩れて倒れてしまうのである(汗)

基本的な体力で差があると、当然負けるだろうと予想が付き、そのとおりになる。
それでは面白くない。想定外が起こらなければ…
そこでアドバンテージとして、現地ラグビー協会主義ができたのだろう。
 卓球は、世界各地に中国人のプレーヤが帰化して、その国の代表となっているという。自国では代表になれない選手たちが、海外に出ていくという。
たしかに華僑という形で、中国人が商売のために海外に出かけて行ったのはわかるが、それもほとんどが、他国でチャイナタウンを作っている。
その国に同化しているのではなく、そこに租界を作っているのである。
だから現地協会主義のラグビーとは、ちょっと違うような気がする。

しかし、いずれにせよこれからの日本のあり方ではないのだろうか…
他国の良いところを取り入れて。良いものを作り、良いサービスを提供していく、
そしてラグビーの日本チームのように、鍛え上げれば言葉が通じなくても心が通じるのだと、最後の記者会見が示していた。
英語と日本語が、飛び交う面白い記者会見だった。
相手に通じるように下手な日本語でしゃべる、
こちらの想いを伝えるために母国語でしゃべる。
それでもワンチームであれば、通じるのだ。
ひょっとしたら領土という土地にとらわれない新しい国家観なのかもしれない。
そしてスポーツ文化と芸術文化が、無事な世界を作るのかもしれない

あるコンビニチェーンが自社工場を田舎町に作った。
そこは…東南アジア系の外人ばかりだという。
それは地域のためになるのか…
またそこに働きに来た人たちのためになるのか…
単に賃金が安いから、大量に連れてきたのか…
もっと違う雇用システムがあるのではないか…

たね

10月の大豆畑である。
品種はリュウホウという
白目大豆
10月22日の枝豆を過ぎた秘伝青大豆
秘伝大豆の三反分の転作畑

豆畑を見に行った。
昔、豆は水田の畦(あぜ)に植えていた。
畦(あぜ)というのは水田を仕切る道である。
水が染み込みやすいので崩れやすい。
だから豆を植えることによって根を張り、崩れを防ぐという意味もあり、また大豆の根は根粒菌がつき、窒素の供給源になるから稲の栄養源になる

そんな作り方だったので、昔は大量には作っていない。
それぞれの農家が、それぞれに使う分だけ作っていた。
できた豆は、自宅で納豆や味噌を作った。葉や茎は牛や馬の餌になった。
だから自家採種で青豆や黒豆や茶豆など勝手に作っていた。
産直へ行くと「あおまめ」「くろまめ」と品種名を表示していない。
これは農家の自家採種の更新なので、品種名がわからなくなったのである。
ところが基本的な白大豆とか米の種子は、地方自治体(県単位)で管理するという法律が有る。(大豆は白大豆のみ、黒豆や青豆や茶豆は民間管理)
その法律が、なぜなのか…経費の問題か…もう管理しなくていいという法律が国会を通った。
つまり民間で、勝手にやってもいいと言うことらしい。
それは良いと思う人が多いだろう。
行政がやることは、効率が悪い、コスト管理がなっていない。などと思う。

ところが、ここで大きな問題が有る。雑草である。
豆を播くときに「一つ所に三粒の種を播け」という言い伝えが有る。
一粒は、虫のため、一粒は鳥のため、一粒が大きくなって実をつけて人のため。
昔の人は、虫や小鳥も共存する世界に住んでいたのである。
ところが虫や鳥の対策をして種を播いても、畑の豆は雑草が覆うのである。
上手な人は、草を見ずして草を取り、下手は草を見てから草を取る
という言い伝えが有るが、要するに地面を覆う前に取ってしまえという。
普通の人は、雑草の生育に手取りでは追いつかないのである。
雑草は栽培作物の成長に大きな影響を与える。栄養分を横取りして成長を妨げたり、成長が早くて栽培作物の光合成を遮ったり、収穫のときには絡まって収穫作業のじゃまになる。取り残すと翌年は雑草が大繁茂する畑となる。
それでも畦にはえる程度なら、手取りでなんとかなるが、
転作水田に播く大豆の雑草は、手取りでは追いつかない大面積になる。
マルチシートをしたり、畝(うね)の間を管理機(耕運機)でかき回したり
して作業をするのだが、手間とカネがかかる。
そこで海外の輸出用の大農家は、一気に除草できる除草剤を空中散布する。
大豆だけが枯れないで、雑草だけが枯れるという。
その大豆は遺伝子操作で除草剤を効かないようにいしているという。
その除草剤と種の豆をセットで売ろうとする外資系の世界的巨大種苗会社がある
その除草剤と種豆のセットを売ろうとする世界的販売戦略で
日本の文化が捻じ曲げられようとしているのである。

大豆は日本の心である。
味噌、醤油、納豆、豆腐、大豆油、保存食としての豆、飼料、
豆は生産した茎・葉・実の、すべてを使いつくしている。
現在、脱脂大豆(油を搾った粕)を輸入して醤油をつくっており、飼料などの大豆は、ほとんどが海外産である。
一つの大豆の種で、ほとんどの豆加工を賄うことは、危険だ。
病気や鳥獣害で全滅する可能性がある。
多様な種があることが、生態系の維持につながるし、人間の命をつなぐのである。
食べ物は、経済合理性だけで選択するべきではない。
その多様性にこそ、意味があるのである。


自己犠牲

今回のワールドカップの日本開催で、ラグビーは多くのファンを得た。
しかし、これだけ成功するとは思っていなかった。
ひょっとしたら日本のゲームは満員になるだろうが…
日本と関係のない試合は…人が入るか…
と思っていたが…
杞憂だった。

高校入学時、中学のサッカー部の連中とサッカーをやろうと思っていた。
ところが入学した高校は、ラグビー部しか無かった。
しかたがなく皆でラグビー部に入った。
それからラグビー人生が始まった。
昭和40〜50年代、岩手はラグビー王国だった。
笹田を有する盛岡工業は、全国大会で優勝し、
平尾誠二の伏見工業が優勝したときには、準決勝で黒沢尻工業と対戦した。
釜石には7連覇の富士鉄釜石(現新日鉄釜石)があった。
森重隆と松尾雄治が、引っ張るが、その殆どが地元の高卒のラガーマンだった。
24時間稼働している現場の仕事をやりながら、作ったチームだった。

新日鉄釜石の7連覇のあと、岩手の低迷が続いている
そして大学ラグビーも、早慶明の国立競技場を満杯にした人気から、
平尾率いる同志社の三連覇そして帝京や関東学院などに移ったが、
それほどの盛り上がりは、見せない。
社会人も神戸製鋼の7連覇以降、一応プロ化をしたが人気はもう一つだ。

サッカーが地域を全面的に打ち出して人気になってきたのに
それ以前は、人気があったラグビーの落ち込みは激しい。

日本の前ヘッドコーチ、エディ・ジョーンズが、巨人の原辰徳監督にアドバイスを貰いに行ったそのときのドキュメンタリーを見た
当時、全日本を率いて優勝した原監督は、日本人の特性は
「スピードと自己犠牲だ」とアドバイスしたという、
そうなのだラグビーは、前にボールを投げてはいけない。
だから後ろに投げる。
それを続けると、アタックラインは、だんだん後ろに下がっていく。
自己犠牲=自分が一歩前に倒れても、後ろから走ってくる人に渡す
というプレーがないと、前に進まないのだ。
つまり自己犠牲の連続なのである。
本来、もっともっと日本人受けするスポーツなのである。
それが盛り上がりが少ない。

今回のワールドカップで「感動をありがとう」「涙が止まらない」
というにわかファンの声が大きいという。
ルールが難しいとか言うが、自己犠牲の連続は見ていれば誰もが感動する。
そんなスポーツなのだ。
これをきっかけに多くのファンが増えて、
子どもたちも日常に自己犠牲のラグビーがあれば…

疲れた。

ようやく終わった。
日本のワールドカップが…

長い一ヶ月だった。そして緊張の一週間で…
残像の3日だった。
たっぷりとラグビーに浸った。全てをなげうって。
毎日が試合日程とにらめっこをしながら段取りをした。

ベスト8の4試合、一日二試合はつらい。
いやゲームをするのではなく、見るのが疲れる。
テレビの前で体が自然と動く、
声が出ないので喉の乾きが…もうひとつだが
しかし構わず、ビールを流し込む。
次のゲームまでに体調を整えて…と思いながら
缶を4っつも空けるとつらい
日本酒にすれば…焼酎にすれば…
いや水割りにすれば…量は少なくなる
と思いながら、ビールをちょびちょびなめる
ゲームがすべて見応えがある。トイレに立つヒマがない。
一つ一つのプレーに反応し、感動し、手足が動き、テーブルを叩く。
疲れる。
一日3ゲームは無理だ(泣)

それも終わった。日本のゲームがだ。
あとは冷静に見られるが、ふと考えるとゲームの流れが全く記憶にない。
そうなのだ。流れの中で入ってしまって、全体の流れがわかっていない。
結局、どうだったのだろう?と回想し、
もう一度確認する作業をする#RWC2019

そしてニュースをすべてチェックしてようやく落ち着く。
結局、眠りにつくのは12時をすぎる。朝5時おきの年寄りにはつらい

そしてもう日本の試合が無い、とわかると呆然とする。

疲れた。

想定外考

想定外ということが、原発事故以来、常態化している。
どんな想定で、思わぬことが起こっているのか…考えてみた。

原発事故は、ここ100年の科学が想定しうる対策をしても、それ以上のことを
自然は引き起こすということであり
人間が操作するということは、そこに間違いが発生するということである
完璧な機械によるコントロールにしても、機械は壊れるという運命を持ち
壊れない機械は、摩耗しない素材で作らないといけない、
摩耗しない素材、それは魔法の素材である。
また人工知能で判断させるなら、そこに埋め込む知能は完全でないといけない
不完全な人間が、完全な知能を作り出すことは不可能である。
世の中には、完全な人間だと思いこんでいる頭のいい人が多いこと…

台風19号も自然災害に対して、科学が想定しうる対策をとっても
自然は、その対策を軽々と乗り越えた災害を与える
所詮、想定しうる対策と言っても、せいぜい気象の観測の100年の蓄積を元にした対策しか無い。
つまり地球46億年の歴史から、気象観測はわずか100年。
その他に地層や凍土、氷等から分析した想像でしかない。
できないのに想定することが、問題なのである。
つまり想定外が当たり前のなのである。

昔と言っても、電化製品が少なく、停電が当たり前の時代、薪や炭という燃料があり、仏壇にはロウソクと、部屋の隅には前に使ったランプもぶら下がっており、必ずラジオがあった。
そして天気予報はあまり当たらず、常に逃げる場所を確認して、子どもたちは枕元に、明日着る服とランドセルを置いて寝たものだ。
町には八百屋や魚屋、米屋、雑貨屋があって、それぞれに1週間ぐらいの在庫は持ち、なま物は保存する技もみんな持っていた。
たぶん想定していたのだろう、襲いかかる自然に自分たちはかなわないことを
そのころから、だんだん科学が進歩して、
自分たちは想定して動けると思い込んだ人が多くなったのかもしれない。

所詮、人間は浅知恵なのだ、と自然は証明しているのである。
だから努力して努力して、神に近づこうとするのが、人間のあり方なのかもしれない
しかし、それでも神になれないから、人間なのである。


これで2勝10敗!

森元総理は
「間に合わなかった新国立競技場にワールドカップを持ってこれなかった奴らに悔しがらせたい」
森元総理は
「間に合わなかった新国立競技場にワールドカップを持ってこなかった奴らに悔しがらせたい」
と言ったらしい。

「国立競技場の建て直しは、当初から東京オリパラが目的だったと思われがちだが、ちょっと違う。なぜなら、建て直す計画が動き始めた時点で、ラグビーW杯2019は日本開催が決まっていたけれども、オリパラ2020の方は開催地が未定だった。つまり、国立競技場は『ラグビーW杯日本大会のために建て直すことになったスタジアム』にほかならない」   元文部副大臣

なにもかも想定外だった。
こんなに客が入るのも…
そしてプールAの最後の試合までベストエイトが決まるのも…
そこに全勝の日本が残るのもの…

今まで日本VSスコットランドは1勝10敗と日本は言っている
しかし、スコットランドは
1989年5月の宿澤監督・平尾キャプテンの秩父宮での1勝をを認めていない。
「あれはテストマッチ(国同士の対抗戦)ではない」と言っているのだ。
(当時は、格下げ国との練習試合みたいなものだ。という意味である)
その言葉は嘘だ。紳士のスポーツで嘘を言って良いのか…
という日本の意地を見せるときだ。

いよいよファーストスクラム

体が動く、アルコールでぶれているのではない。
その〜なんというか…
自分がプレーしているような感覚なのである
当然ボールなど無い。相手もいない。
それなのに。タックルへ行く時は身体を低くしてビール飲み
スクラムを組む時は、背筋を伸ばしてテーブルをなめ
ボールを投げるときは、反対側に体を寄せて…
キックするときは、ふとももがピクピク動く
ラインアウトは思いっきり背伸びして…
トライするときは両手を大きく鳴らす

「ヤッター」パチンバチンバッチン

選手よりも疲れる
トイレに行くヒマもない。

もう終了寸前、密集を何回も何回も飛び込んで…
とりあえずボールを安全に確保して…
そしてまた隣へ飛び込む
あっ!ボールがこぼれた。
それ拾って…また飛び込む
もういい加減に時間よ止まれ(じゃない)
過ぎろ!
じゃァ〜ん(ドラの音が…)
それキック!(「はずすなよ。空振りするな?)

「やったァ〜」

「国立競技場の建て直しは、当初から東京オリパラが目的だったと思われがちだが、ちょっと違う。なぜなら、建て直す計画が動き始めた時点で、ラグビーW杯2019は日本開催が決まっていたけれども、オリパラ2020の方は開催地が未定だった。つまり、国立競技場は『ラグビーW杯日本大会のために建て直すことになったスタジアム』にほかならない」
戦い終わって…

これで2勝10敗だ!

秘伝

乾燥大豆秘伝


「エダマメという豆は、何の豆だ?」と問う人がいる。
エダマメには、さまざま品種がある。
津軽の毛豆、山形のだだっ茶豆、八尾の枝豆、新潟のくろさき茶豆
札幌みどり、兵庫の丹波黒、京都の紫ずきん、千葉の小糸在来
等々
以上は、ブランド地元枝豆である。
そのほかにさっぽろみどり・湯あがり娘・ゆきみどり・ふさみどり・錦繍等々
メーカー品種が多々ある。
全国で栽培されているのが400種類もあるという

なぜエダマメと言うか?
江戸時代に枝についた塩ゆでの豆を食べながら歩いたという文献が有る
そして、その「枝豆売り」は、貧しい女性が子守をしながら売り歩いたという
そのエダマメは、未成熟の大豆である。
要するに乾燥するまえの大豆の若いヤツを食べているのである。
だから、そのまま畑にほっとくと、大豆になる豆なのである。
しかし、最近と言ってもここ30〜40年だろうか…
エダマメが商品になるというので、さまざまなエダマメ専用の品種ができた。
だからエダマメはマメ科ではなく「野菜だ!」と言っている人もいる
大豆になる前なので、大豆になるときには消えているベーターカロチンやビタミンCなどを含み、脂質や良質なたんぱく質にとみ、ビタミン類、食物繊維やカルシウム、鉄分など多くの栄養素を含んでいる、まったく完全栄養食品とも言っていいほど素晴らしい野菜なのである・
しかし、外国では食べられていない。日本独自の文化なのである。
と言っても、ここ20年ぐらいで北米などで「EDAMAME」として食べられている。
という。
アメリカから大豆を輸入しているのに、エダマメという食文化は日本が輸出しているのである。

そんなエダマメで「日本一の香りエダマメ」という枝豆が有る。岩手に…
「秘伝」という品種である。製法みたいだが、秘伝の製法でつくるわけではない
名前が「秘伝」である。岩手県矢巾町の佐藤政行種苗が育種開発した豆である。
この秘伝は、岩手で育種開発した豆なのに、都会では「山形の秘伝豆」として認知されている。それは岩手の作付面積の100倍栽培しているからである。
山形産が都会中に出回り、ネットで目につくのは「山形の秘伝」という文字なのである。
それは、山形のだだっちゃ豆が、早生・中手・晩生と終わったあと、
最晩生に山形が県の指導で「秘伝」を全面的に栽培しているからである。
これは、減反政策が、とうぶん続くと見た山形県と…
減反政策が終われば米の増産を…と考えた岩手県の見込み違い
または、岩手県の民間育種へのこだわりなのか…
余談(国は種子法の改悪をして地方自治体の大豆と米の関わりを外した。
これによって外資の種子メーカーがどんどん日本に進出してくる。
種子の自己更新ができなくなり、多様な作物の文化が無くなってくる
→別途に記す)

枝豆秘伝

そんな秘伝豆に惚れた加藤淳くんが、岩手山麓の柳沢で農薬を使用しないで枝豆の秘伝を作っている。
秘伝の枝豆は、岩手では9月20日〜10月の10日頃までである。
今年の秘伝は、もう終盤である。
見かけたら、ぜひ買い求めください。

あと一息

なんとも至福の時間だ。午後はイングランドとアルゼンチン
今からビールを飲んだら、もう夜は見られない。
午後の試合は、おとなしくビール一本で我慢する。
さすがにイングランドは強い。
そして、準備万端整えて

さぁ〜〜〜〜〜〜〜日本対サモアだ

昔の日本とは違う。と思ったら、前のサモアとも違った。
接戦だ。
だいたいが、昔、習ったラグビーと違う
なんだかわからん反則や、プレーがどんどん出てくる

オフロードパスって、なんや?
オフロードバイクみたいなもんか?
ノールックパスって、なんや?
みないでパスして、どこへボールが行くんや?
ジャッカルって、なんや?
むかし、そんな洋画が有ったが…

流れはわかるが、一つ一つのプレーがや反則が、外来語が反乱してようわからん?
ましてレフェリーまで、両手でジェスチャー、四角を書いて、テレビだという
テレビ判定だという、レフェリーなら自分で判断しろ!
文句つけるやつや即、退場!と昔は言っていたが…
今はキャプテンと反則したやつと、一緒に叱られて…
(叱られているのではなく、説明されているらしい)

なんだかワールドカップといいながら
偏っているような…
中東はいない、アジアが人数が多いと言っても日本だけ
中南米はアルゼンチンだけ、
東ヨーロッパもいない。
北アフリカも…
それなのにミクロネシアが3(サモアといい、トンガ・フィジー)つも出ているのはなぜ?
思うと色々と疑問が湧いてくる。
そんな疑問を解決してくれるのが

ラグビーハック
いぢと覗いてみてほしい。

サモアの試合も面白かった。
終わった翌日からテレビはすべてラグビーに変わった。ただただラグビー人気が嬉しい。

しかし、テレビ朝日系の解説は堀越正巳がでてきた。宿澤の後継者だと言われたスクラムハーフだ。
そしてアナウンサーの高島彩は、成城中学のラグビー部のマネージャーという
吉永小百合は、熱狂的な早稲田ラグビーのファンだ。
ラグビーファンに美人が多い。

豊かな量を求める会

”求める会”の「偲ぶ会」に参加した。
正式には「豊かな食べ物を求める会」の「日野岳唯照を偲ぶ会」である。
「豊かな食べ物を求める会」もう30年も続く会である。どういう経緯か知らないが、
記憶では岩手大学の学生たちが有機農家を応援するという会だったようだ。
その主体の人が山形へ引っ越したり、学生たちが卒業して、地元の主婦が地元の有機農家が主体となって、生産物を分け合ったり、醤油を作ったり、お茶を頒布したり、「土と健康」という雑誌を読み合ったり、食の安全と農業と向き合いながら、食べ物を持ち合いおシャベルをする会である。それもどんどん人が替わっていったりしてメンバーが替わったが、人数的には変わらない。
ようするに農業の「提携」とか、米国でいう「CSA」の元祖である。

そんな”求める会”で、中心メンバーの専立寺の坊守さんのご主人が昨年亡くなった。
一周忌をまえに、偲ぶ会やろうという会である。
小生は、入会20年ぐらいになる新参者である。今まで年に5〜6回開催される行事にもほとんど参加したことがない。
そういえば会報誌に、一本原稿を寄せたぐらいだ。
ほとんど駄目な幽霊会員であるが、会員の人が店にかいものにきてくれたりするので付き合いが続いている。

店を閉めて暇になった。
そして、お寺さんとの付き合いで是非参加しなくては…と思った次第である。
女性ばかり10人ぐらいである、さまざまな手料理を持ち寄って好きなことを喋って準備もあわせて4時間。
玄米の甘酒とぬか漬けを作って持参した。

食いきれないほどの料理と栗ご飯、豊かなのは食べ物だけではない。
豊かな量の食事だ。お土産を山ほどもらって帰った。
あれこれと話をする内容も濃く、至福の時間の情報交換の場である。
長く続くというのは場所の問題だと思う。
気のおけない場所と雰囲気。主催というか中心となる人の人柄か…

ライトでなかったらレフト?

大雨という予報の台風の昼下がり。ポツポツと雨が落ちてきた。
長い北山トンネルに入った。
前を走っているミニパトカーが、なんだか叫んでいる。
”どうしたんや?”
”なに?なに?きこえへん?”
トンネル内で反響して聞こえてこない。
何を叫んでいるのか…ずーっと間合いを詰めた。
あまりにも詰めると、あおり運転と思われる。

そういえば昔、高速道路から降りるとき、パトカーの後ろを走っていた
スピードを緩めるパトカーに気が付かなくて、あっという間に
パトカーの後ろに、近づいた。
パトカーの後部ガラスに、文字が現れた

「車間距離をあけなさい」
どうやらパトカーを煽ったようだ。

そんな事があったので、近づかないようにしているのだが…
何を喋っているのか、わからない
ようやくトンネルを抜け、赤信号でミニパトカーは止まった
こちらも続けて止まったら、おまわりさんが降りてきた
こちらも「ニッ!」と愛想笑いしたが、通じない。
おまわりさんは、口角泡を飛ばして喋った。
「スモールライトはライトではない!」
ニコっと笑いながら一瞬思った。

”ライトでなかったらレフトか…”

眼鏡の奥は笑っていない。そして言う
「トンネル内は前照灯を点灯してください。
スモールライトはライトではありませんから、違反です。」

驚いた、40年近く運転して初めて知った。
トンネル内は、スモールライトでは違反だったとは…

月別アーカイブ : 2019年10月