木伏緑地「きっぷしりょくち」

「木伏緑地」へ、行ってきた。
こんな”緑地”聞いたことがない。
どこに有るのだ?
木と言う名がついているから山か?
と思ったら、川のそばだった!
この前、新聞で話題になっていたが…
PFIという市民公募型の施設で
「トイレを作ると言いながら、飲食店ができている」
と言って…商店街から、横槍が入った!
と問題になった施設の公園だ。

一回通ってみると「なるほど、これは面白い。」
ひょとして、企画書に説明は有ったが、気が付かないというか
問題にするほどでもないと、たかをくくったのか…
しかし、”良くできている”「これでは、客が流れる」と慌てたのか…
この発想は、昔の人というか…常識人と言うか…公務員とか…
商売人というか…経営者にはない発想だ。
 まず土地が細長い、車が入れない、入りにくい。
 川が近い。ダムの放流 増水。反乱するとどうなる?
 店が狭い(コンテナハウスのため)
 ウッドデッキは、借景として河川敷の芝生があるが…
 雪の冬場や、雨のとき、カンカン照りの夏も使用できない
色々と考えると、従来の飲食業の立地条件としてはマイナス要因ばかりである。

しかし、考えようによっては、イケるかもしれない。
まず雰囲気がいい。ビルの谷間にあった、川の流れが見える場所である
盛岡は、世界で一番という友人がいる
それは親水性である。川と親しい。通常川に落ちないように柵が設けてある
ところが中心部で合流する北上川・雫石川・中津川と三本の川は、川辺に降りられるようになっていて、できるだけ柵を作らない工夫をしている。
まして中津川は、海から200kmも鮭が上ってくる川で
秋になると、橋の上から覗き込んで見るのが名物だ。

近頃は、こだわった飲み物・食い物が、ちまたに山ほどある
雰囲気も和風・洋風から、なんでもあるといっても良い。
ところが風景は、ここにしか無いという唯一無二の場所である。
こんなところで
静かにぬか漬けで、モッキリを傾けたい、
安いビールで焼き鳥を…
川を見ながら、上司の文句を忘れ
家に戻って、聞きたくない嫁さんのグチを聞く準備をして
いっぱい呑んで帰りたい
サラリーマン時代のころ、よく行った穴場を思い出した。