常連さんは、ブログを書いても書いてもコメントが無いと、
「どうしたのだろう?」「あの人は今?」という形になるが…
初めてコメントをくれる人には、びっくりすることが度々有る。

数年前に「トラ子とドラ子の同居人」という名前でコメントがあった。
トラ子は”入道の独り言”を丹念に読んでいるらしく
「前に、こんな事が書いてあった」と指摘される
「覚えがない」と返事をすると
「何月何日に、こんなテーマで…」
脱帽である。帽子だけでなく頭ごと脱毛した。
どうやら夫婦で読み込み、書き込んでいるようだ。
ある時から、ふとコメントが途絶えた。
風のうわさで、トラ子がで亡くなり、看病していた同居人も
張り合いが亡くなったのだろう。書き込みも消えた。
(「風のうわさ」も大きな出会いが会った)
しかし、その噂で”トラ子”は、小生の高校の同級生だったということが判明し、
50年ぶりのブログでの出会いに、驚愕し、驚き!恐れおののいた。(?)
ブログには様々な出会いがある!


今回のブログの出会いは、三年前に書いたブログ
いとパンである
これは、伊藤誠逸さんという若き癌で亡くなった高校の友人を偲んで
親友が作った追悼集をもらった時のブログである。
東京に住んでいる彼は、高校の仲間と会う機会が無い。
また広い東京で同郷の人や、関係性の有りそうな人という付き合いも無い。
「これを、ちいさな野菜畑に、置いてくれ」
「興味がある人がいたら、上げてくれ」
と言って東京へ帰っていった。
多分、顔の広い、態度のでかい、太っ腹で、大胆に失敗する入道なら
”誰か配る人がいるだろう”と想ったのだろう。
ブログを読んで、ポチポチと取りに来た人がいる。
ブログを読んでいなくても、
小さな縁(同窓生・同じクラブ等)を見つけては、配って押し付けた。
そんなことを、すっかり忘れていたが…
突然、問い合わせが来た

お問い合わせ内容:
突然のメール失礼致します
『入道の独り言』2016年1月1日記載のいとパンを読ませていただきました。
懐かしい”かたくりの花の写真”を見て、びっくりしました。
記載の文にある『いとパン』こと故伊藤正逸は、父の親戚なのですが、
貴殿の優しい文章に厄年で早世した名前を見つけ、
本当に驚き涙にむせびました。追悼文集が発行されていたことを知り、
なんとか連絡をいただけないかとこちらの方に書かせていただきます。
亡き正逸は歳の離れた兄弟のような関係で、
父は今でもかたくりの花の写真を大事にしております。
そんな父も今、癌と闘病中です。
それで、不躾なお願いなのですが…
お手元にまだ『伊藤正逸追悼文集』をお持ちでしたら
是非お譲りいただけませんでしょうか?
突然のお願いのメールで大変恐縮しておりますが、
どちらで買い求めたらよいかもわからず、
発行元も全くわからないので貴方様を頼りにメールさせていただきました。
お忙しい中申し訳ありませんが御返事頂けたら幸いです。

驚きである。
昔のブログからこんな縁が広がるのだ。
これがネットではなく、個人の書き綴った日記なら、こんな広がりは持てない。
読まれることの恥ずかしさと、突然の未知の人との出会い、
それがネットの良さなのか…
一生懸命に書かなければ…と、
書き込みをサボっている入道の反省しきりの早朝であった。