たぶん子どもの頃、このあたりを駆けずり回って遊んだだろうと思う
岩手山が優しく見下ろす盛岡の鬼門と言われる北側の一角である。
お寺からは、にぎやかな音楽と喧騒が流れてくるが、
町中にあるのに、何軒ものお寺の共同の墓がある閑静な場所である。
そんな場所に、まんじゅうを伏せたような墓石の墓がある。
こんなところに眠っていたのだ。先代の住職は…
隣には「朴」という(韓国の女性だろうか…男性だろうか…)
墓と並んで立っていた。
倶会一処という墓を作り、生前の会費制で、誰でも入れる会を作ったという
そして身元不明の人など役所の要請で誰でも受け入れるという
アメリカ原住民を泊めて一騒動おこした住職らしい場所である。

先代の住職の墓石には、掘った名前が消えているのだろうか…
もともと名前なんか掘っていないのだろうか…
墓石を隅々までみても。それらしいものが無い。
しかし、その変わった形を見れば。それが専立寺代々のお墓とすぐわかる。
そろそろ1周忌がちかい。木枯らしが吹く11月だったから
盆明けの8月も末は、秋風が吹き始めるころなのだが…
まだまだビールの美味しい暑い夏の最後
「大菩薩マーケット」と言うお寺の行事にしては
にぎやか過ぎた行事だが、これが最後のマーケットだという音楽が
墓場に響いていた。
おもえば先代の住職も、変わっていた。
昔は、人が集まるところがお寺だった、と言っていた。
「寺は部落の…村の集会所だ」と
変わったお寺だったが、変わった住職だった
それに魅せられたのかもしれない。