昔の話だ。

最初に盛岡に連れてこられたのは、小学校4〜5年ごろだった。
北上に住んで、盛岡で働いていた父を訪ねた。
そのころは、あくまでも自分の意志ではなく、連れてこられたのだ。
そして大学の夏休みを利用して、初めて自分で盛岡に降り立ったのが20歳ごろ
盛岡で”食事をしよう”と自主的に考えたのは…
その頃か…そして周りを見渡した。
「焼肉 冷麺」という看板をあちこちで目にした。
”ふ〜ん、年中冷やし中華をやっているのだ”と、不思議な気持ちで見過ごした。
初めて冷麺という言葉を認識した思い出である。


群馬県高崎の学生時代はカネがない。
いつも焼き肉を食べに行っても、学生向けのホルモン食堂ばかりであった。
網の上に山と積まれたホルモンを、生焼けで争うように食べた
そして腹にたまる大盛りライスで腹を満たした。
 だから冷麺を食べたのは30代はじめ
商社を辞めて盛岡に帰って来た頃だ。そのころ「平壌冷麺」と言っていた。
酒を、しこたま呑んだあと、仕上げに食べるものだった。
冷たい牛のスープ。牛骨はスープにならない、と聞いたことがある
唯一、冷麺のスープにはなると…
その透き通った冷たいスープは、まさに冷製コンソメスープで美味しかった。
そして麺は、ゴム紐のように噛み切れない長い長いものだった。
デンプンだといい、片栗粉だといい、噛み切れなくても消化に良いと言われ
飲み込むように流し込んだものだった。

農業の世界に入った40代、韓国に行った。
韓国自然農法研究会のチョウハンギュさんと同行して
韓国の農家を回りながら、田舎をバスで周るという1週間だっった。
泊まるのはケバケバしたラブホテルのような田舎宿
そして食事は田舎の食堂や、ドライブイン。
焼き肉を期待して行ったのだが、出てくるのは野菜料理ばかりだった。
それも途中で道端に生えているような、
立ち小便のときに、めがけた草がいっぱい出てくるのである。
韓国人は、肉よりも野菜をよく食う。
そして冷麺は、ぜんぜん出てこない。
研修の最後の頃に行ったドライブインで、ようやく出てきたのは
真っ黒い汁の少な冷麺だった。
本来の韓国冷麺は、蕎麦冷麺なのであった。

盛岡冷麺を作った友人が「これ食べてみて」と言われてだしたのは
桑の葉を練り込んだ桑の葉冷麺だった。
韓国で食べた蕎麦冷麺を思い出す、細めの硬めの冷麺だが
スープと澄んだ麺は、彼一流のこだわりが感じられた。


桑の葉は血糖値を抑制するという岩手大学の鈴木幸一教授の研究もある
しかし、食間に飲めという
つまりお茶などで飲むよりも、そのまま食べたほうが良いということらしい
当店も桑を練り込んだひっつみや、中華麺などを開発している。