久しぶりにラグビーを見た。
客商売をしていると、みたい試合の時に客が来る。

どうでもいいときは客が来ない。

だからついつい見逃したりどうでもいいゲームを見る羽目になるのだが…

今回は日本とフィジーだ。
フィジーの体格と顔をみたら、誰もがすくむ。
ニュージーランドのオールブラックスや、
南アのスプリングボックスなど屁でもない。
2メートル近くの150kgの黒人が砂塵を巻き上げて
牙をむき出して走ってきたら、誰もが避ける。
タックルなど入っている暇はない(?)
それがどんな戦いを挑むのだろう。興味津々である。

今年のワールドカップの盛り上がりがもう一つである。
前回の南アをやぶった番狂わせで相当盛り上がったが、
今回は…どんな調子だ?と思って
仕事がない毎日が日曜日、らっきょの塩漬けとビールを片手にテレビの前に座った。
サッカーはトイレ休憩のときに点が入る。
ラグビーは、トイレ休憩に行く暇がない。
しかし、前回のワールドカップとメンバーがガラリと変わった。
五郎丸が解説をしている。畠山もいない、ウィングの山田はどこへ行った。
目新しい外人が、次から次へとでてくる。
やはり一度、オールジャパンでメンバーを組んでそれから入れ替えしようよ!
そうでないと覚えられない。(泣)

ラグビーは国対抗だが、クラブチームの性格を残している。
それは植民地宋国のイギリスから発祥しているからである。
イギリスは、イングランド・アイルランド・ウエールズ・スコットランドと4チームが出ている。そして植民地だった国のチームもでている。
国別対抗と言いながら、クラブ対抗の要素を残した歴史あるワールドカップなのである。だから国籍は問わない。伝統に基づいた不思議なルールだ。

テレビを見ていると不思議に体があちこちと動く。
ボールを落とすと拾うふりをする。
キックをすると足が動く。ひとりでに…
そんな80分間が終わると汗びっしょりだ(?)
いつの間にか終わっていた。

勝った!
相手を走らせないで止め、二人がかりでタックルし
素早いパス回しで相手を翻弄した。
性格なキックと、力強いスクラム。
高さのあるラインアウト、すべてが勝っていた。

今回もイケるか?