行くところが無くなって暇な日が続く。
いや本当は暇ではないのだ。やるべきことが山とある。
しかし、切羽詰まっていない。それが問題だ。
切羽詰まってやろうとすると、時間がないと言い訳する。
切羽詰まらないと、やる気が起きないと自分を納得させる。
そんな日々が嫌になって、何か始めようとする。
とりあえず洋服ダンスの中を片付けた。
だいたいがウエストが79から94までのパンツがあるのだ
やせたら79は無理やり入る。
ちょっとお腹がくちくなって、少し動こうとすると94のゆっくりしたパンツを履こうとする。
だから洋服ダンスは、ほとんど履かないものだらけでいっぱいだ(?)


そんな日々の毎日に、様々なことが頭をよぎる。
少し頭を整理しようとした。

岩手山と姫神山(並んでのツーショット)

「はたらく」という言葉は「はたを楽にする」と、日本人の働き方を表していた。
つまり働くことによって、周りとの人間関係を良くするというような意味かと思う。
日本人は江戸時代以前より、働くことによって自分の技をたかめ、自身が向上し周囲に貢献をするという精神の習慣を持っていた。それが欧米の産業革命後、日本も影響をうけて、働くことによって賃金を得て、生活を成り立たせるという働き方に変わっていった。
つまり今のグローバル社会は、賃金を得るために、自分の時間を売るのが労働になってしまった。
そこには時間あたりの効率的な働き方が求められ、働くことが単なる効率化競争になってしまい
労働の楽しさを得ることが難しくなった。
本来、島国の日本人は、働くことよって周囲から喜ばれ、自分が地域社会から認められることを喜びとする人ではなかったのか?
そんな疑問を持ちながら、今の人口減少の地方都市の中小企業のあり方を考えてみると、
これからの生き方が見えてくるような気がする

つまり、物を売るのではなく、物を作った自分の技で相手との関係性を作るという生き方である。

そこには、自分の技の向上が求められ、それを認める地域の人々がいて、ものが流れるという
本来の、顔だけでなく、人が見える関係の世界が広がる。

そこは「見える範囲」という、広がっていかない循環の世界である。まさに、これからの人口減少社会の地方のあり方ではないだろうか?
自然豊かな地方都市は、これから減少スピードが増し、あっという間に限界集落になってしまう。そこには人が少なくなっていくことで自然によりそった、人と人が助け合う地域ができる。
そんな地域の核となる小規模複合融和施設を作りたいと思うその店は、その狭い地域にとって必要な業態の店であり、みんなが関わり合って新しい関係性をつくることを目的とした店である。