家族というのは厄介なものである。
人生の最後までつきまとう(?)
それだから信頼するし、頼りにする。
そして親は育て上げないと…と思いながら育てられる。
子供は親を見上げながら、自分自身と重ね合わせる。
小さな頃はいいが、だんだん社会が広くなってくる。
人間は社会的動物であるというが、家族でもある。

その葛藤の中で生きているのをまざまざと吉塚一家は見せてくれた。
ここまでフィルムに収めたのは遠藤監督と吉塚一家の信頼のなせる関係であろう。

農業の世界に飛び込むと、父親と長男の軋轢はよくみる。
いや、それしかないだろう
「早くオヤジが死ねばいい」と思っている息子のなんと多いこと
しかし、それは自営業のなかでも見られる。
親と子、自分の人生(経験)を教え込もうとする親
新しき社会を切り開こうとする子供との軋轢である。
あたり前のことであるし、誰もが経験することである。

あの荒れ狂う自然の中の片隅で一家が寄り添って生きる。
そこには吉塚公雄の一家を守るという責任感が牧場を覆っていただろう
そして、それには若い頃薫陶を受けた猶原先生の
「山地酪農は千年続く酪農」という言葉が重くのしかかってきているだろう
自然という大きなもののなかで、何を信じで生きるか?
彼にとっては猶原先生の言葉を信じ、家族を頼りにして
大きな自然と闘ってきたのではなかろうか…

しかし、自然と戦うべきなのだろう?
ある農家の会で先生の指導する方法と違うやり方の人がいた
理論的にも納得でき、現実的であるにもかかわらず。
小生は「先生!なんで先生の教え通りやらないのですか?」と聞いた
そうすると先生は
「場所・場所によって、自然も違うし、自分の条件だって違うのだから、違って当たり前なのだ」
と、こともなげに言い放った。

基本の山地酪農があって、
その人なりの多様な山地を作り出して、家族のなかに人が集まり、
多様な家族ができる。
そんなことを、ふと感じた

吉塚公雄は基本に忠実な、いや猶原先生との…客との…約束をしながら
家族を守ろうとしている。
そのあまりにも、しんどさを見ていて涙が出てくる映画だった。