ひさしぶりに時間に縛られない一日が始まった。
とはいえ、納品が午前中に…という指図もある。
しかし、午前中に納品というのは9時でも12時でも午前中だ。
だから、まぁこっちの勝手だ!というスケジュールだ。
しかし、難問が一つ。
納品が約20kgを2箱である。
つまり以前は一人で十分だったが、今は独りで、やっとこさ?である
安全を考えれば、魔子様に手伝ってもられば…
という下心で…
「何時頃、歩き始めるの?」と穏やかに聴く。
午前中は家の仕事が終わったら
日課として1万歩歩くことにしている魔子様であった。
「なに?重いの?しかたないね」と腰を上げた。
”鉄の女!”魔子様は、入道よりも力持ちである。
とりあえず二人で納品の豆太郎というなの青大豆を車に乗せて、でかけた。
無事納品のあと、近くの産直に行った。
6月の中、これから地元の野菜が出始めである。
山菜が終わってキャベツや葉物がでて、トマト・きゅうりなどの果菜類が出始めだろうか…
まだ品揃えは良くないが新鮮で産直らしいものが…

と思ったが、一軒、二軒、三軒。
おまけだと言ってショッピングモールの産直へ…
驚いた。産直という店から個人のこだわりが見えてくると思っていたが
最低限の「良いものを安く」ということも
訴えてくるものが無い。
総じて八百屋よりも安くはない。そして八百屋よりも商品が悪い。
これで産直(?)

う〜ん産直が劣化している。