NHKの朝の番組に、「あさいち」という番組がある。
出勤前にちょいと見るのだが、真剣に見るときもある。
それは料理の部分だ。旬の素材の料理を紹介している。


岩手の旬と全国の旬は若干ずれがあるが、先取りして流していると、思うことにしている。
地元の旬というのは、わからないものである。
他県の旬が、どんどん北上してくるからである。
たとえば岩手町の春キャベツの産地だが、
千葉産の春キャベツが終わってから千葉産の夏キャベツが出回り、岩手町の春キャベツが出てくる。
つまり「岩手町の春みどり」と宣伝しているが全国的には、愛知や千葉の春キャベツが終わったあとに、岩手町の春キャベツが出てくるのである。
つまり他産地の旬が終わったあと、岩手町の春キャベツが出てくる。
東京の人には、目新しくもなんともない。

それとやはりNHKに取り上げると反響が違うのである。
先日のテレビ朝日のザワ金という番組で「和風スーパーフード”秘伝”」を取り上げた。
そして翌週NHKの「ためしてガッテン」で大豆たんぱくが、運動しなくても筋力をアップさせ心筋梗塞にも効果があると流していた。
そしてサンビルにもっとちいさな野菜畑の前で青大豆秘伝豆を販売しているのだが、反響は断然NHKなのである。

だからNHKがどんな取り上げ方をするのか注視したいのである。
先日は「新ごぼう」と手綱こんにゃくの煮物をやった。

手綱こんにゃくと新ごぼう


魔子様はパッパッと作ってしまったが…
「美味しい」
やわらかい新こぼうと、醤油味のしみた蒟蒻が絶品である。
手綱こんにゃくとは、よく言ったものである。
こんにゃくの中に切れ目を入れてひっくり返し、馬の手綱に似た形にこんにゃくを作るのだが、子供の頃煮ていると自動的にひっくりかえると思っていた子がいたという。
そして七輪から離れずに、じっと観察していたという。
だからその子は観察力がついた!という話を聞いた(?)