だいぶブログの公開の期間が開いた。
いや書くのに飽いた、わけではない。
なんとなく心の隅にポッカリと空いたのである。

そんな訳で空いた隙間を埋めるべく、動き始めた。
どうやら微動だが、動き始めたような気がする。
今、とりあえず坂の上から大きな石を押したところだ。
ちょっと動いた。今まではびくとも動かなかったのに…

ゆっくりだが残り少ない人生を確実な歩みをしていきたい。
そんな6月14日の朝である。