ちいさな野菜畑

ちいさな野菜畑ブログ

もちつき

「賞味期限があるんだ!」
ふと思い出した。
26日に餅の買い出しに来た、おばさんが言う・
「地元の餅を売っているところがない。
なんと言っても正月用の餅が並んでいない」という

そうなのである。ここ数年前から餅に賞味期限がつくようになった。
だから真空包装していない餅は、早くから並ばなくなった。
地元のつきたてのお飾りの鏡餅や、
年末年始は忙しいから早めに…と思っている人たちにとっては餅入手しづらい商品になった。
しかし、コメに賞味期限あるのか?
「できるだけ精米したてがいい」というが、それでも賞味期限はつかない

「餅に賞味期限」
確かに青カビから、赤カビから、カビという黴(かび)が生える。
そんなのは、削ってしまえ!というのは横暴だろうか。
そんな技、そんな判断が、昔はできた。
今、それは他人に委ねられている。
だから3日前にしか餅が並ばない。
松の内に食べ切れる量を買い求めるために…

「鏡開き」という言葉は正月の食文化の言葉なのだ。
鏡餅を「切る」ではなく「開く」という言い方は…
お飾りの重ねたヒビの入った餅を、開いて食べる。
そんな言葉も、ビニールで密閉されたカビの生えない、
ヒビの入らない鏡餅では…ありがたみも薄いような気がする。


そんなことを考えながら…でもないが、群馬県多野郡上野村に行った。

もち米の配達である。
「もち米の配達に群馬県に!」

不思議に思う人がいるだろう。
哲学者の内山節氏の別邸で毎年、12月29日餅つきが行われる。
いつの間にか増えて増えて、「今年は、330kg欲しい」という
群馬県上野村は、コメの採れない山村である。
少量の米なら山村のちいさなお店で買えるが…
大量のもち米は、近くでも販売していない。
それを毎年頼まれているのである。いつの間にか増えてしまった。

夜通し走って、険しい雑木や杉林の山林を抜けていくと数軒の集落があった。
その一軒の二階家である。その庭に、数日経つと全国から人が集まり、二日がかりで餅つきが始まるという

そのついた餅には、当然のことながら「賞味期限はない」
自分たちで判断できる人たちが選択するから…

ありがとう

店を閉めるにあたって、
多くの人から「おせわになりました」「ありがとう」と感謝の声や、
花束のプレゼント、珈琲、チョコレート等々多くのプレゼントを頂いた。
そして「最後に挨拶を…」と言う人達でいっぱいになった。

ふと思う。
単なる売り買いではなく「ちいさな野菜畑」は何を売っていたのだろう。
それは商品ではなく、想いがこもった売り方だったのかも…

 

哲学者内山節は、いう

「私はこれからは、農業にかぎらず、どんな分野でも、商品を半商品に変えていく関係づくりをしていったほうが面白いと思っています。そのことによって、暴力的な力を持っている今日の市場経済を、内部から空洞化させていくことができたら、私たちは今日の市場経済の支配から大分自由になることができるでしょう」
(1998年「農村文化運動148」より)

「半商品」とは、商品として流通はしているが、それをつくる過程や生産者と消費者との関係では、「よりよいものをより安く」というような商品としての合理性(経済合理)が必ずしも貫徹していない商品のこと

月別アーカイブ : 2018年12月