「美味しい豆ですね〜」
「これでしょう!この煮豆は…」
「これ!このまま植えても芽が出ますか?」

このところ立て続けに、こういう問いかけがある

たぶん、今までも相当有ったのだろうが
レジに立っていなかったので、わからない

「秘伝豆」を当店では、煮てから塩を振って販売している
これに昆布茶も振って、コクを出している

何回も言っているのだが

たっぷりの熱湯で、三分でいい
ただし一晩シワが伸びるまで。豆を水につける

(皺が伸びるまでと、じっと待っている女性もいるが…
それはいくら待っても無理だ。諦めたほうが良い。
コラーゲンなんか効かない(余談)

その豆を食べて美味しいから植えてみよう
昔の女性は、大豆は植えれば生った。
だから植えれば、生ると想っている
ところが売る前に芽が出てきては商品にならないので放射線とか薬剤を散布して芽ドメをするようになり
蒔いてでも芽が出ないことがある

(子供に期待しても芽が出ないことがよくある
それは貴方の息子だから…仕方がない(余談)

それで最近は芽が出る豆か?
芽が出ない豆か?と聞かれることが度々だ
農家用に真っ赤な薬剤や、真っ青な薬剤を散布している種豆がある
あれは、鳥や虫が食べないように忌避剤を散布している

娘に防犯ブザーをもたせて、悪い虫がつかないようにするのと一緒だ
もっとも貴女の娘だから…多分つかないと思う(余談)

食用の豆を種豆にしても、芽は出る
種用の豆を。食用にすれば最高に美味しい

どちらでも良いのだが種用の豆は、発芽率が85%と種苗メーカーが保証している
食用は、種用の豆から落ちたもの(屑?)が食用に回る
だから食用を植えても芽が出るけど、貴女の息子ほど立派になる保証はない

立派になろうと思ったら。種用の豆を植えて、翌年充実した豆を選抜して作り続けていけば
そのうちに東大に入れるような子供ができる

安くあげようと種豆をケチって良い子供は出来ない!