フルイを変えた

「ふるいつきたくなるような、いい女」と言う表現がある
これは「思わず抱きつきたくなるような…」と言う意味らしい

そんな抱きつきたくなるような「フルイ」を変えた

違う!

意味が違うのだ。

稲は(ここで突然女から、稲に変わる)
田んぼに立っているときは稲だが…(その先についているのは稲穂と言う)
それを人間が食べる工程で、
稲穂から籾に変わり、コメに変わる
米というのは、八十八回のテマヒマをかけて作られるというが
多分、稲穂からコメに変わる工程も入っているのだろう

稲穂から籾を外して乾燥させ、籾摺りをして玄米にする
昔は稲刈りというと家族総出で親戚郎党を集め。お祭りのようにやったという
今は機械化されて、田んぼでコンバインと言う機械を動かしている父ちゃん
その刈り取った籾を運ぶために田んぼのそばで軽トラで待っている母ちゃん
と言う効率化という二人だけの作業で人手が要らなくなって、
農村から人が消えた

そんな問題も有るのだが
今回は「フルイ」
玄米にしたあと、フルイを掛けて選別する
この農家が選別のためにかけるフルイは、農協へ出荷するためのフルイである。
フルイの網目の大きさは、農協から指定される。
つまりある程度のコメ粒の大きさが指定されるのである。
そこから落ちたコメは(フルイから落ちたコメ)は、屑コメと言うことで処分される。
(裏の話 処分と言うなの再利用されている)
(これは内緒だ。安いコメが出回っているが、それの理由の一端がここにあると言っても過言ではない、あくまでもこれは内緒だ。)

また政府の作況指数と言う発表は、違和感を覚える
これもフルイのせいである。
農水省の作況指数は、1.7mmの網目のフルイを使用している
ところが各農協の指定フルイの網目は、農協間競争でだんだん大きくなって最近では1.9mmになっている。
つまり作況指数の農水省の発表と、実際に農協に出荷した収量との乖離を農家は激しく感じる
そして屑米である。
この再利用も。混米というワザで流通しているから、作況指数の実感は農家は乏しい。

ところがそれからである。
農協に出荷された玄米は、おおきなサイロのようなカントリーエレベーターで保管される。
様々農家のものが一緒である。だから同じにするために、再度乾燥して再度選別するために玄米でフルイにかけられて、農協から出荷される。
それを米屋が精米して白米にし、フルイにかけて選別して消費者に出荷される。

つまり農家で一回、農協で一回、米屋で一回、最低三回フルイにかけられるのである。
そのフルイの網目の大きさが問題なのである
つまり網目の調整で、大きな収入の違いが出てくるのである。

大きなフルイの網目を使用するのは馬鹿な話である。
しかし、それをやろうと思う。

左は従来から店の小米選別機で使用している2.0mmのフルイである
それを右側の2.2mmのフルイに変えた。

(これは粒ぞろいの大米粒である。

一度2.0mmを通したものでも、2.2mmの網目のフルイは、落ちる
どうしても落ちるのである。

しかし、日本で一番大粒の「いのちの壱」を食べたあと、やはり大粒のコメを食べたいと言う想いにはかなわない。