コメはザルで洗う
コレが基本である
そして一回目は素早く洗う
これも基本である

(基本=糠を素早く洗い流す)

コシヒカリの1.5倍の大きさ粒「いのちの壱」を炊いた。
とりあえず見ただけで「大きい」
なんというか…
ザルで、洗っても
何回か水を替えて、洗っても
手に当たる感覚が違う

大きいというか…
抵抗感が有るというか…
ハセがけだから、水分を随分少なめにして、羽釜で炊いた
この羽釜は、燕三条のメーカーから買ったアルミニウム合金の羽釜である。
通常、木でできた蓋なのだが、これは重いステンレス製である。
圧力釜の圧力の代わりである。

”初めチョロチョロ中パッパ、赤子無くとも蓋取るな“とおぼえていた

正式には「始めチョロチョロ中パッパ、ジュウジュウ吹いたら火を引いて、
赤子泣くとも蓋とるな、最後にワラを一握りパッと燃え立ちゃ出来上がり。」
かまどじゃないので、最後のワラは難しい。最後の一瞬、ガスを最強にして消す!

そして出来た「カニ穴」だ。
ご飯にできるアナが、砂浜でカニがはいでてくる穴に似ているので「カニ穴」と言う
(可児さんというアナウンサーだと想っている人が多いが…大きなカニ違いだ)
美味しく炊けた証拠である。

穴が開くということは、粒が均一であるから下から、出てきた蒸気がまっすぐ抜けたということである
つまり、全体が均一に熱が通ったということに、ほかならない
均一に加熱するというのは、調理の基本であり、調理の最強のワザである。

そんな最強の…最高のご飯を何で食べるか…

当然「塩むすび」

だろう

食べた、食べた。

食べた若者は異口同音に「うまい、うまい、うまい」と三度叫び
「あまい、あまい、あまい、あまい」と四度叫んで、ひれふした。

柔らかいが、しっかりと腰があり、ほんのりと甘みと、しっかりとした歯ごたえの食感

これを旨いと言わないで、何を美味いというのか

その場にいたみんなに食べさせ、みんなが感想を述べた

今まで食べたことのないうまさだ
冷めても美味しい!

翌朝、食べ残したご飯をおにぎりにして、ラップをかけ、チンをして、隠れて食べた
とろけるような南高梅の梅干しと、ともに…

美味しい

やはり一日過ぎても美味しいのだ

その一言である
やはり大粒のコメは、粒揃いで美味しいのだ。