ちいさな野菜畑

ちいさな野菜畑ブログ

ふるいつきたくなる

フルイを変えた

「ふるいつきたくなるような、いい女」と言う表現がある
これは「思わず抱きつきたくなるような…」と言う意味らしい

そんな抱きつきたくなるような「フルイ」を変えた

違う!

意味が違うのだ。

稲は(ここで突然女から、稲に変わる)
田んぼに立っているときは稲だが…(その先についているのは稲穂と言う)
それを人間が食べる工程で、
稲穂から籾に変わり、コメに変わる
米というのは、八十八回のテマヒマをかけて作られるというが
多分、稲穂からコメに変わる工程も入っているのだろう

稲穂から籾を外して乾燥させ、籾摺りをして玄米にする
昔は稲刈りというと家族総出で親戚郎党を集め。お祭りのようにやったという
今は機械化されて、田んぼでコンバインと言う機械を動かしている父ちゃん
その刈り取った籾を運ぶために田んぼのそばで軽トラで待っている母ちゃん
と言う効率化という二人だけの作業で人手が要らなくなって、
農村から人が消えた

そんな問題も有るのだが
今回は「フルイ」
玄米にしたあと、フルイを掛けて選別する
この農家が選別のためにかけるフルイは、農協へ出荷するためのフルイである。
フルイの網目の大きさは、農協から指定される。
つまりある程度のコメ粒の大きさが指定されるのである。
そこから落ちたコメは(フルイから落ちたコメ)は、屑コメと言うことで処分される。
(裏の話 処分と言うなの再利用されている)
(これは内緒だ。安いコメが出回っているが、それの理由の一端がここにあると言っても過言ではない、あくまでもこれは内緒だ。)

また政府の作況指数と言う発表は、違和感を覚える
これもフルイのせいである。
農水省の作況指数は、1.7mmの網目のフルイを使用している
ところが各農協の指定フルイの網目は、農協間競争でだんだん大きくなって最近では1.9mmになっている。
つまり作況指数の農水省の発表と、実際に農協に出荷した収量との乖離を農家は激しく感じる
そして屑米である。
この再利用も。混米というワザで流通しているから、作況指数の実感は農家は乏しい。

ところがそれからである。
農協に出荷された玄米は、おおきなサイロのようなカントリーエレベーターで保管される。
様々農家のものが一緒である。だから同じにするために、再度乾燥して再度選別するために玄米でフルイにかけられて、農協から出荷される。
それを米屋が精米して白米にし、フルイにかけて選別して消費者に出荷される。

つまり農家で一回、農協で一回、米屋で一回、最低三回フルイにかけられるのである。
そのフルイの網目の大きさが問題なのである
つまり網目の調整で、大きな収入の違いが出てくるのである。

大きなフルイの網目を使用するのは馬鹿な話である。
しかし、それをやろうと思う。

左は従来から店の小米選別機で使用している2.0mmのフルイである
それを右側の2.2mmのフルイに変えた。

(これは粒ぞろいの大米粒である。

一度2.0mmを通したものでも、2.2mmの網目のフルイは、落ちる
どうしても落ちるのである。

しかし、日本で一番大粒の「いのちの壱」を食べたあと、やはり大粒のコメを食べたいと言う想いにはかなわない。

 

ひっつみ

最近、やたらとコンビニが目につく
なんだか松園とう言うか、盛岡全体が、コンビニ包囲網に囲まれたのでは…

先日も、何回も店が変わった角地の100円ショップが、いつの間にか三方から入れる大きな駐車場を持ったコンビニになった
どんな強力な100円ショップでも、格安の業務用スーパーでも難しい角地の店舗だったのに…
とても思いつかない大胆な展開だ。

 

コンビニは、ほとんど利用しない。
トイレを借りる時以外は…
むくみを取るので利尿剤を飲んでいるから、近いのである
トイレを借りた御礼に「珈琲」か「暖かいボトルの茶」を買う。
そんなもんだ
と思っていたら、有ることが有って、じっくりと商品を見ざるを得なくなった

当店は、地方の小売店と違って、違うもの…違うのを…と言う商品展開をしてきた
つまり違うものとは“売れないもの”である。
いや”数多く売れない”ということである。
ヒット商品と言うと、すぐ量販店からすべての小売店に並んでしまう
どこで買っても一緒なら、その時の便利さで買う
わざわざ当店に来る必要はない。

ようするに当店はマニアックな人たち(?)というか…
有る自然食とか…マクロビとか…アレルギーとか…
そんな人達利用できる店を目指している

だから、ここにしか無いという物を数多く揃えている
これが盛岡という地方の中小都市の小売業で成り立つのか?
(やってみないとわからない)と言って苦戦している

コンビニで扱っている商品は、当店の商品とは競合しないというのは基本だ。
そこで偵察である。だいたいが競合しないが…

ひとつ見つけた。

「ひっつみ」である。
ひっつみ」は、この付近では、ソールフードである。
東京生まれの魔子様は、客に「ひっつみってなんですか?」と聞かれると
「すいとんです」と返事をする
あの粉っぽい”すいとん”とも違うのだが…

小麦粉を練って、薄く手で伸ばして湯に放り込み湯がいて出汁の利いた野菜汁にひたして食べる。
そのねって湯がいた小麦粉は、スルスルと口の中に入って、ツルツルと喉に落ちていく
こびる食堂のメニューでひっつみセット(ひっつみ汁とご飯)500円は人気メニューである。

その地元の地産地消の…身土不二の…ソールフードのひっつみが、コンビニで売っているではないか?

 

これは厳重に抗議しないと…(怒り心頭!)

しかし、油断も隙もない
全国一律、同商品・同価格・同サービスのコンビニが、
こんなロハス(使い方間違っていない?)な商品を売っていいのか?

これが九州で売れるのか…
粉もん文化の関西ならともかく…
と思ったら裏を見たら「岩手工場」と書いてある。

なるほど現地のニーズに合わせた商品づくりまでやるのか…
恐るべしコンビニ!

しかし、コンビニだらけになって、
人口減少下の地方の中小都市では採算が著しく合わなくなってきたらどうするのだろう

撤退するのだろうか…

先日ラジオから流れてきたニュースで
イオンもファミマも事業本体は赤字だという
小売業のビジネスモデルは破綻しているのだ

農業と一緒で、家族経営でやっているから生き延びているのが実態なのだ
それをわかっているのだろうか…

 

 

旨い。美味い。

コメはザルで洗う
コレが基本である
そして一回目は素早く洗う
これも基本である

(基本=糠を素早く洗い流す)

コシヒカリの1.5倍の大きさ粒「いのちの壱」を炊いた。
とりあえず見ただけで「大きい」
なんというか…
ザルで、洗っても
何回か水を替えて、洗っても
手に当たる感覚が違う

大きいというか…
抵抗感が有るというか…
ハセがけだから、水分を随分少なめにして、羽釜で炊いた
この羽釜は、燕三条のメーカーから買ったアルミニウム合金の羽釜である。
通常、木でできた蓋なのだが、これは重いステンレス製である。
圧力釜の圧力の代わりである。

”初めチョロチョロ中パッパ、赤子無くとも蓋取るな“とおぼえていた

正式には「始めチョロチョロ中パッパ、ジュウジュウ吹いたら火を引いて、
赤子泣くとも蓋とるな、最後にワラを一握りパッと燃え立ちゃ出来上がり。」
かまどじゃないので、最後のワラは難しい。最後の一瞬、ガスを最強にして消す!

そして出来た「カニ穴」だ。
ご飯にできるアナが、砂浜でカニがはいでてくる穴に似ているので「カニ穴」と言う
(可児さんというアナウンサーだと想っている人が多いが…大きなカニ違いだ)
美味しく炊けた証拠である。

穴が開くということは、粒が均一であるから下から、出てきた蒸気がまっすぐ抜けたということである
つまり、全体が均一に熱が通ったということに、ほかならない
均一に加熱するというのは、調理の基本であり、調理の最強のワザである。

そんな最強の…最高のご飯を何で食べるか…

当然「塩むすび」

だろう

食べた、食べた。

食べた若者は異口同音に「うまい、うまい、うまい」と三度叫び
「あまい、あまい、あまい、あまい」と四度叫んで、ひれふした。

柔らかいが、しっかりと腰があり、ほんのりと甘みと、しっかりとした歯ごたえの食感

これを旨いと言わないで、何を美味いというのか

その場にいたみんなに食べさせ、みんなが感想を述べた

今まで食べたことのないうまさだ
冷めても美味しい!

翌朝、食べ残したご飯をおにぎりにして、ラップをかけ、チンをして、隠れて食べた
とろけるような南高梅の梅干しと、ともに…

美味しい

やはり一日過ぎても美味しいのだ

その一言である
やはり大粒のコメは、粒揃いで美味しいのだ。

なにもない

ようやく、冬のオリンピックが終わった。
あまり冬のオリンピックは、好きではない。
ジャンプなんか、自分があのスタートの位置に立ったら板を抱えて逃げ出したい。
クロスカントリーだって、あの距離をスキーで歩く(走る?)などというのは馬鹿らしい
坂を下って直滑降で落ちていく、こそスキーだ!と思うのだ
スケートは、元々あの細い刃で氷の上を立つ何ていう芸当は、出来ない
くるくる回ったり飛び跳ねたり、あのフィギャーと言う踏み潰されて泣いたようなスポーツもあまり興味がない(魔子様は見るのに一生懸命だ)

大体が東北の生まれで、冬のスポーツができないと言うのは自慢にならない
これは周りが雪に覆われ、それをかき分けて学校に行くというのが当たり前で、
雪や氷は邪魔と言う他に、何もない
雪や氷で”遊ぶ“と言う感覚が無かった。当時は…

だから社会人になって、スキーブームが起きて魔子様まで深夜バスに乗ってスキーに行ったというが、会社で誘われて、しかたなくスキーに行ってウィスキーを食らって寝ていたぐらいである。
スキーの服も、板も靴も自前で買った覚えがないし、今でも持っていない。

そんな自分が、感動を覚えた言葉がある。カーリングだ。
(これも好きでない。野球と同様時間がかかりすぎる。飽きて見ていられない)

テレビのニュースで凱旋報告会が流れていた。
酒を飲みながら、聴くともなしに聞いていると

 「私は7歳の時からカーリングを始めました。正直この町何もないよね(笑)この町にいても絶対“夢はかなわない”って思ってました。だけど今は、ここ(常呂町)にいなかったら(夢は)かなわなかったなって思ってます。子どもたちもたくさんいろんな夢があると思うけど、場所とか関係なくて、大切な仲間がいたり家族がいたり、どうしてもかなえたい夢があるとか、この町でもかなえられると思います。これからもよろしくお願いします」

こんなことを喋っていた。驚いた。
人口減少社会の大きな原因とヒントが隠されていた。

何もない町、大きくなったら都会へ出て…
と言って育てられ
”長男だから、いずれ戻ってこないと…”と言う想いを持って

そうなのである
戦後から高度経済成長、バブルと
都会へのあこがれと「田舎はなにもない」と言う言葉で育てられたのである
だから限界集落が生れ、都市への一極集中となり、地方の衰退が始まったのである

岩手は現在、125万人の人口が、後一回り(次の戌年)には90万人を割るという。地方の市町村の自治体は、人口を減らさないように人集めの競争で躍起である。

しかし、
そろそろ「地方には何もない」という思考を捨てたほうが良いのではないか…

ありすぎるほど豊かな自然があり、
そこから生み出される豊富な食べものが有り、
それと作り出す豊かな人々がいるのだから…

内山節の本に
山形県金山町の農林家の栗田さんの話が出てくる。
小さな集落は冬、雪に閉ざされ学校に行けない子どもたちは、分校に通う
そこで栗田さんは、冬だけ分校の教師を勤めた。
彼は、小さな集落での豊かな暮らしを語り、
教えられた子どもたちは、誰一人村から出ていかなかった。と言う

 

資本主義の拡大経済社会は、地方を衰退させる仕組みなのである。
そこから脱却しないと地方の人口衰退は止まらない

 

月別アーカイブ : 2018年3月