「龍の瞳」と言う米があるという
本当の品種名は「いのちの壱」という
岐阜県の下呂市で発見され、その地域の人たちが栽培をしているという
その一番の特徴は、粒が大きいと言う

こしひかりの1.5倍の大きさの粒だという
そして、香りといい、食味といい、日本で一番だが、
生産量が少ないので食味ランキングに入らないという
そんな米を、取り寄せてみた。

先日来、新聞やテレビで東京代官山にオープンした秋田のおにぎり屋が注目を浴びている
その謳い文句が「自家生産あきたこまちの大きな粒を選別した農家だけの特別米」ということらしい
それが「美味しい」と言う

米粒の大きなものは、「美味しい」とイコールなのか?
そんな疑問を持って調べていると「いのちの壱」が引っかかってきた。

よし食べてみよう
好奇心旺盛の入道であった。

 

よく農家の人に聞くと、みんな「おらの米はうめぇ〜」と言う
「慣れた味」と「美味い」とは違うのだが…
と思いながら無碍に否定するのも…
誇りを傷つけることになるし、彼は納得しないだろう
と言って自分の家に売るほどある米を、ほっといて、他の米を食べて比較しろとは言い難い
だから農家に「これ本当に美味しいの?」と聞くのは愚の骨頂である

”米が不味い”と言われる地区がある。
農家同士で、けなし合うのである
「あそこの米は、不味い」と…
農協の合併問題が有ったときに
「あの米が売れ残る農協と一緒になるのは困る」と言う人もいた
しかし、米の美味しさは、ひとそれぞれ違うのであるから、やはり自分で確かめないと…

 

就労支援で店に来ている若者に聞いた
「うちのご飯、美味しいか?」と…
じぶんが、どの程度のご飯を食べているのか?
それも販売の勉強なのだ。
コシヒカリの美味しさと…
ササニシキの美味しさと…
粒の大きな「いのちの壱」の美味しさをわかって、
自分がどの程度の米を食べているのか?
それを認識することが、販売する相手に米をすすめる尺度になるのである

 

高い金を出せば、良いコメを食べていることにはならない。
そこには米から美味しいご飯になる過程、
乾燥手段(強制乾燥・天日干し)低温精米、洗米。浸漬、炊飯器。等々
さまざまな技を経て、ご飯になるのである

さて龍の瞳を
「来週は試食会をしてみよう」

というと若者たちは一斉に歓声が上がった。