ツララが滴り落ちる。
「春になる証拠だ」と若い友人は言う

なるほど…

単純に薪ストーブの暖かい熱が、天井のない屋根を温め、雪を溶かし
滴り落ちてきた水滴が、凍ったのがツララと捉えていた。
そういえば…今頃にしかツララは見られない

屋根の上で溶けた水は、12月1月と厳寒のさなか
屋根を滴り落ちてくる間に凍ってしまう。
つまり、ツララになる前に屋根で凍ってしまうのである。
春になり、溶けた水滴が凍らないまま屋根から落ちてこないとツララにはならない

そんな春の予兆が見られる中、就労支援中の若者と老人ホームに「ひきうり」と言う販売に出かけた。
本来ならリヤカーとか軽トラで売りまわるのだが、冬場は暖かい老人ホームでの販売に切り替えたのだ。

商品は、約10万円分もっていく。
売れないものとわかっていても、枯れ木も山の賑わいだ。
みせなければ、売れない。

そんな中、豆を「青大豆(秘伝豆)」「くろまめ」「大豆」と3種類持っていった。
1kgづつである。
自炊の老人ホームであるが、“一人ぐらしでは、1kgは多いかもしれない”と思いながら…

比較的若い人だろうか…(と言っても60代後半だろうか…)
黒豆を1kg買った。1280円である。
そのほかに、お菓子や野菜など色々と買って
「2000円しか部屋から持ってきてない」と言いながら
計算したら2000円を超えていた。
「どうしよう。なにか返そうか…」と言う
小生が
「くろまめ1kgすぐ調理します?半分にしますか?」というと
「あら助かるわ。640円になったら後色々と買えるから…」と言う
1kgの豆を“計って半分にしよう”と思ったらハカリを忘れた。
しかたがない
レジ袋に半分だろうと思う量を二つに入れて、選ばせた。
「どちらか多いと思う方を選んでください。」
「えっ!悪いわね。こちらが重そうだわ…」
と言って、嬉しそうにニコニコ笑って、片方を取った。

販売は等価交換である
商売とビジネスは違う。
ビジネスという貨幣経済は、貨幣の価値で等価をはかる
関係性の商売は、気持ちではかるのである。

そんな事を引き売りという実体験の中で
若者に教えて行く
大事な就労支援と言う社会勉強である。