盛岡正食普及会の再建に関わったのは昨年夏だっただろうか…
最近認知症気味で、時系列がわからなくなってきた

そう思っていたら、マナ自然食品店が1月末に店を閉めると言う
年末に、ご主人が倒れて亡くなったらしい。

盛岡の自然食品の老舗が相次いで閉店をした。
二軒とも自然食品の扱うキッカケがちがう
盛岡正食普及協会は、戦後のアメリカ戦略の小麦の処分のために押し付けたパンへの食糧改善(?)から安心の自然食品へ…
マナ自然食品店は、マクロビオテックから自然食品へ42年の長きに渡って続けてきたという。
(ちなみにマナと言うのは聖書に出てくる「命のパン」という意味らしい)
当店などは身土不二の農から、地産地消の食へと言う流れで、自然食品の調味料を扱うようになったが…
たかが23年である

自然食品の発想の元は、石塚左玄である。
石塚左玄は明治の軍医で、身土不二や一物全体食を提唱した。
病弱な桜沢如一(さくらざわゆきかず)は、石塚左玄の食養生を学んで健康になったという
そして世界にマクロビオテックを広めた(詳しくは知らない)
自然食品業界メーカーのオーサワジャパンは彼の「桜沢(オーサワ)」からきている。

農産物が産直の展開で、どこからでも手に入るように流通が乱れている
自然食品業界も乱れに乱れている
今までは、ある程度秩序ある流通ルートが
ネット販売が盛んになるに連れて
卸売業や小売業、団体客や個人客。入り乱れて複層して商品が流れ始めている
一つ自然食品店が失くなると、あっという間に別のルートが幾らでもできる。
そんな雰囲気である。

当店もマナ自然食品の閉店した在庫を格安にて販売しているが
安いからと言って売れるものでもない
このような主張を持っている商品は、なかなか売れ筋にはつながらないのである。
安かったら試しに使ってみるか…という人がほとんどであるが

いずれにせよ
今流通の劣化が叫ばれ、直接消費者から情報を得ると言って「利益の中抜き」が行われているのが実態だ。
基本的には流通業界自身の劣化が契機となっているのだから、仕方のない面があるが…

とはいえ最近のヤマト運輸の運賃の見直しが、どのような影響があるのか興味津々である。
流通の劣化は、流通業者のタイマンと、運賃の値下げ競争にあると言っても過言でない
その運賃が上がるということで、各メーカーが一斉に商品の値上げや運賃の値上げに向かうだろう

 

あまり無理をしない
無理をしないでぼちぼちやろう

そんな感じだ!