久しぶりに出張をした。
上京である。なぜ上京というのか
下京では、いけないのか?
いや右京や左京なら京都になってしまう
そいえば仙台に「花京院」と言う地名が有った。(関係ない)

前回の上京が、義母の一周忌だったらから、こんどは二回忌か?
半年に一回あるわけがない
実は、新しい仕事なのだ

どうしても聞きたい話と
どうしても見たいところと

二つ組み合わせて行くことにした。
聞きたい話は、おいおいと…
見たいところを今回書いてみよう

「未来食堂」である。

神保町の、とあるビルの地下にある。

客席12席のちいさな定食屋である。
レトロな椅子にすわれば定番の…と言うか…
メニューが一食の定食が出てくる。

小生が行った時間は、4時過ぎである。
時間を確認して行っただのが…
11時から夜まで…ぶっ通しで…
ところが夜は貸し切りが入っていたらしい

女性店主の小林せかいさんは
「もうおしまいなのですが…
今日は夜の貸し切りで…
こんどからはホームページで確認しておいでください」
と厳しい顔と声で言い放った。
なるほど本に書いてあるとおりだ。
愛想笑いをしない。言いたいことを明確にきっちり言う。
伝えながらもテキパキと作業をする
あっという間に定食が出てきた。

「それは申し訳ない。
岩手から出てきたもので…」
こういうときは遠方から来たと言うのは便利だ。
声が柔らかくなったのだろうか
「こんどはホームページをご覧になってから…」と言う
ランチを70食作り、6回転から7回転するという
その効率的な運営のほかに

驚くのは「ただめし券」を配るという
このシステムは
独りで店をしているので「掃除や下ごしらえ」などを手伝ってくれた人に
一時間労働の対価として「ただめし券」をくれるという
そしてそれを使って食べてもいいが、その「ただめし券」を店内に貼り付けて
自由にはがして使って良い。と言う
ようするにカネに困って食べられない人が都会の片隅で
遠慮なしに食べられるシステムである。

そんな馬鹿な?と思うだろう
まったく信じられないことをやっているのである

しかし、よく考えてあるシステムである
一食900円のただめし券なら原価は300円
時給300円にてアルバイトを雇っているようなものである。
アルバイトも勤めることによって技が身につく
一日に何枚もただめし券をもらっても使い切れないから
貼り付けて「寄付(布施)」という自分の心を満足する。
(行ったときは、千葉のおかあさんが一日まかないだった。将来定食屋を千葉で開きたいと言う。一日7枚のただめし券をもらっても…)
そしてただめし券」を使った人は、ただただ困っているときに感謝であり
自分もまた役に立つ仕事をしなければ…と思う

三者三様に納得するシステムである。
う〜ん素晴らしい

もしコレが成り立たないことが考えられるとすれば

食堂の効率的経営がうまくいかない
手伝い人が単に時間稼ぎの人
食べる人は面白半分に食べる人

そんな人ばかりではないと言うことを、この未来食堂は世の中に知らせてくれた。

たぶん貨幣経済のみで動くシステムなら、このようには行かないだろう
最低時間給を払えとか…
効率的に働けとか…

貨幣経済を超えたもの…
それが未来食堂のコンセプト

懐かしき未来

なのだろう

そのほかに
「さしいれ(酒をもちこみ、半分を持ち込み料としてさしいれ」
「あつらえ(夜は、冷蔵庫の中の二種類を使ってお好み料理」
「18禁(18歳以上、入場禁止の子ども食堂)」

さまざまなアイディアと実行力と社会を見る力と
単に経済だけでないこれからの事業のあり方を…示してくれたようなものだ。

問題は、コレが地方で成立するのか?ということである。
地方なりの工夫が必要だろう
それが地方の文化ということなのだろう
さまざまな地方の文化と組み合わせた、さまざまな未来食堂

真剣に考えてみたい。