介護が一段落した。

と言うと「終わったのか?」と思うだろうが…

昭和初期の世代は、体が頑丈だ。
血液検査も、ほとんど異常がない
歯も70代に、インプラント治療して(ところどころ抜け落ちているが…)まだしっかりしている
目も見える

問題は、股関節だ。
これも、びっこを引きながら(「びっこ」は差別用語か…?)杖をついて…
あるときは、杖を持たないで歩く
父親が車を急発進させて、ころんだときの問題だ!と、いつも言う

 

そんな母親も、唯一の問題は、温度を感じないことである。
朝、一人で住んでいる母屋に行くと、布団をかぶって寝ている。
魔子様が、電気毛布を買ってあげたので温かいのだろう…

しかし、その周りは外気温と一緒だ。つまり氷点下の状況にある
それで起きてきながら

「今日は、寒いの?」と聞く
「まだ十分に寒いから部屋が温まってから起きな!」と言っても、起きてついてくる。
ストーブのスイッチを入れ、新聞を取り、牛乳を凍らないように冷蔵庫にしまい。
「部屋があたたまるまで、待って…」と言っても起きてくる
人恋しいのである。

日中も、もったいない精神で、すべて暖房を切る。
冷え冷えとしているが、「寒いの?」と聞いてくる
あろときは、ファンヒーターが30度の設定になって、顔を真赤にしながらストーブに抱きついている
皮膚の体感温度が、老化しているのである。

それで冬の間、ショートステイに入れることにした。
色々調べるとさまざまな事があるようだが…

難しく考えない

とりあえず近くである。
日中に何度も行けるということが条件である。
介護していてよくわかったが、認知症の介護は何回も行くことである
べったりといたら、介護するほうが疲れてしまう。
ちょっとの時間でいいから何回も合う、これがポイントである。

福祉施設で様々な事件があるのは、「さもありなん」と思う
肉親の介護している方でも、イライラする事が当たり前で、
ホームに預けれは、それで一巻の終わりである。
介護施設は、本人のためでなく介護する人のためにあるのである。
だから立派な施設に預ければ、それで終わりなのである。

店と家の間にある特養の空床型ショートステイに、とりあえず預けた。

母はトイレ付きの個室にすみ、部屋の前の大きなテーブルで
一生懸命、絵を書いていた。
目の前には車椅子で前掛けをして老婆が飯を食べていた。
母は話しかけながら…一生懸命手を動かしているが…

話の内容は、前に座っている老婆と噛み合っていないようだ。