二つ問題が起きた。問題と言うほどでもないが…

まず一つは、郵便局に残高証明を頼みに行った。
決算の法人としての残高証明だ。

ところが郵便局の通帳は「法人名ではなく」「店名」の「 ちいさな野菜畑」となっている
「店名」を振込先に利用している。
振り込んでくる客が、わかりやすいようにと替えているのである。
郵便局には以前、慣れた人がいたが、転勤になったようだ。
今回は古参だが、初めて残高証明と本局とのやり取りで入手するらしい。
残高証明の入手の用紙の書き方に手間取った。
ひとしきり本局とのやり取りをして終わったと思ったら
聞いてきた
「法人登録してますか?」
「登録?どこへ」
「…」
どうやら古参の局員は電話で本局と小声で話している
「どうやら個人商店のようです」
それを聞くなら「法人登記をしておりますか?」と聞け
ムカついて言ってしまった。
「銀行は法人名で口座を作っているが、郵便局は一般の人の振込利用しているので店名の口座になっているのだ」と言って他の銀行の通帳の束を見せた
住民のために個人サービスに徹底している特定郵便局は「法人対応」がわかっていないのだ。

束の通帳群だが、残高は束になっていない。貯まらないのだ(泣)

 

もう一つは、ケアマネジャーだ。
認知症の母を施設に入れようと秋から相談している。
一向に話が進まないので、このまえ話をした
三軒もってきたが、
「一軒は新設、もう一軒は今利用しているデイサービス。もう一軒は近くだがサ高住(サービス付き高齢者住宅)と言う有料老人ホーム」

一軒目の新設は、旧施設からの移行だがショートスティで利用しながら3月末の新設を待つという。二軒目は、年明けの予約待ちだ。そして三軒目は空いている。と言う

たまたま三軒めのサ高住は、「代表と懇意だ。」とそんな話をしたら
翌日、代表から電話がかかってきた
「ウチで進めていいですか?」「いやちょっとまって…」
”こちらが探している”ということをケアマネから聞いたという。

費用の問題、設備の問題、距離の問題、様々な問題を考えていくと
どうしても代表と懇意のサ高住は、三番目になってしまう
それを検討するために、近くの施設の比較を、お願いしたのだが…
これでは三番目を選ばざるを得なくなってきた
「断ってもいいですから」とケアマネは簡単に言う。
「断ったら、代表とわしとの関係はどうなるの?」

それこそ「個人情報の漏洩だ」とケアマネを怒鳴りつけて電話を切った。

 

だんだん歳が進んでくると気が短くなってくる
しかし、一時期よりも長いと思うのだが…

群れない生き方をしている
群れるということは、依頼心を増す
責任の所在が、はっきりしない。
そして深く考えない。
独りだと、考えて考えて、考え抜いて一歩踏み出す

 

よく言う

早くやりたいなら、独りで…
大きくしたいなら、みんなで…