「火曜日しかいないので、火曜日必着ね!」
「はい!”火曜日必着”で出荷しました」と言って一週間前の火曜日に出荷した。

いまどき離島や沖縄ならいざしらず、国内でどんなところでも翌日には着くだろう
いや東北から関西だと二日かかる便もあるが…
一週間前に出荷すれば…
配達地域の営業所止めで荷物は保管されるだろう

そして当日の火曜日、客から電話がかかってきた。
「まだ着かない」
夕方暗くなった6時過ぎのことである

荷物は米を300kgである。
出荷を手配した業者は、
「大きい荷物なので…安い便を利用しました」と配慮を見せた
その安い便の現地営業所へ電話をすると
「配達先の山村へは、月・水・金の隔日しか行かない」という。
夕方6時現在、まだ荷物は営業所にある。
そして「火曜日着だと赤帽を頼まないと…」
「今から手配すると荷物は9時すぎの到着になる」と言う

先方は「着くまで待っている」
「出かけないといけないが、それまでは…
荷物の置き場所も指示しないと…
大きな場所をとるから…」と言う

 

最初出荷の指示をだすときに「火曜日しかいない。火曜日必着」と言って出した
そして一週間前の火曜日に「出荷しました」と言う出荷案内書が届いた。
心配になって、メールを打った。
「火曜日到着は、間違いないか?」
何回かやり取りがあって本人から「火曜日必着で出した」という確認が取れたが
なんとなく一抹の不安が残った。
それを飲み込んだのはもう何年も前から、
”この時期に出荷して着いている実績がある“と言う実績主義だ。

そして遅れた。遅れながら火曜日の夜遅くに着いたが…

300kgと言う荷物を送るのを宅配便のように考えてしまった当方と
いつも大量の荷物を送り慣れていない業者が。いくらでも安い運賃を…
と言う善意の仕事が結果的には迷惑をかけた。

つまり「米のような安いものを大量に運ぶには小さな運送会社に無理を言えば…安くなる。という経験から来る善意の忖度である。
そこには「前後は仕事が忙しいから火曜日しか受け取れない」という得意先の気持ちが蔑ろにされている。

得意先は言う
「運賃がかかっても、きちんと火曜日に着くほうがありがたい」

 

忖度は、経験でしか判断できない
モリカケ問題も、経験がなせる忖度なのだろう