チラシを作った

引き売りで配布用だ。
しかし、店でも配る
以前「入道の独り言」と言うチラシを作成していた。
(本当は「たこ入道の…」という名前だったが、
多くの人が「たこさん」「おい!たこ!」と叫ぶので止めた)
じゃんじゃん発行してネタがなくなって休止した。

こんどの再発行は慎重にしようと思って
週に一回のペースにしようとしている

 

一回目は

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

会話

引き売りをはじめました

御用聞きも始めます

今、買い物をするところは、数多く有ります。

近くはコンビニ。ちょっと近くは生協。もうちょっと遠くは量販店。そしてデパート。そしてショッピングモールや産直、

おまけにネットでも…いくらでも買うことが出来ます。

なぜ引き売りなのか… なぜ御用聞きなのか…

 

それはコミュニケーションの原点!会話が、できるからです。

会話は、コミュニティの原点ではないか?と思うからです。

もののやり取りが、単純に物と金銭の交換で良いのか?

合理化と効率化で、マニュアルどおりの、人を介在しない物のやり取りが、良いことなのか?

そんな検証をしないで、人件費が高いからと言って、どんどん人を介在しない流通が出来ていきます。

そんな疑問を持って、このプロジェクトを始めました。

人と関わることは、面倒くさいことです。

しかし、人と関わらない人生は、寂しいものです。

十分な対応が、できないと思います

十分な品揃えが、出来ないと思います、

しかし、ある谷を超えた時、貴方だけのお店になり、貴方の品揃えができる、ゆたかな関係性の世界ができるのではないか…

そんな想いをもって、取り組んでみたいと思います

お米の美味しい新米の季節です。お店の「今すり米」は、西和賀町大田の有馬富博くんのひとめぼれです。

平成二十九年十一月六日      ちいさな野菜畑

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

文章を作って飾りの柄ははめ込んでもらった

2回目は

文章は作った

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

いものこ

秋もそろそろ終盤となりつつあります。

秋の食べものは数多くあります。

しかし一番多く記憶にある秋の食べ物と言ったら

「芋の子汁」と答えるのでは無いでしょうか?

(あくまでも個人の感想です(笑)

西日本で「芋の子汁?」と聞いてもピンときません。

なぜなら「芋の子」は里芋!という認識がないのです。

ひょっとしたら、岩手の方言かもしれません。

そして関西では芋の子汁という料理も存在しません。

山形でいう「芋煮会」や岩手の「芋の子食い」は、冬場の保存性の悪い里芋を大量に食べるために東北で行われた行事だという説があります。

だから西日本では里芋は、汁物でなく煮物なのです。

以前は河原で芋の子会を学校行事として有りました。

東北では、懐かしい思い出を多く人が持っています。

岩手の里芋は、北上の二子地区や盛岡の津志田が有名ですが、農協の合併で、いつの間にか地域とかけ離れたものになりつつあります。そんな里芋は、稲刈りと密接に関わってきます。

それは米の収穫前に掘るか、稲刈り後に掘るかで、大きく値段が変わってくるのです。稲刈り前に掘ると、値段が高いが、ちいさな芋が多いのです。稲刈り後は、しっかりと大きい芋が採れますが、値段が安いのです。そんな里芋も、七度以下の低温で保存できないので冬場は出回りません、

あくまでも秋の味覚なのです。いまのうちに是非どうぞ。

 

平成二十九年十一月十三日  ちいさな野菜畑

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

画像にはめ込めない

二時間かかってようやく出来たが…
細かいところが不満足だ

バージョンアップをするたびに時間がむやみにかかる

一太郎を使っていた頃が懐かしい
ひょっとしたら「一太郎」はもうないのか?