もう秋も深まった

庭は、紅葉の落ち葉におおわれ

渋柿も落ちた

 

西側の窓辺に植えた柿の木も裸だ。
すっかり葉が落ちて、冬の西日が当たるようになった。

ストーブの上には、ちんちんと湯が湧き、大きな鍋に大根が煮えている。
茹でた大根に、激辛の海鮮唐辛子を乗せて食べるのが最近の好物である。

いくらでも入る。
辛くて美味しい。(あくまでも個人の感想である)

いよいよ冬が来た。そろそろ初雪の便りが聞こえるころだ。

人生も、そろそろ冬の時代か…