緊急入院である
どうしようも、なくなった
身体が言うことを効かなくなった
思うとおりに動かない
筋肉が硬化しているのか
骨がずれているのか…
そういえば最近外からウイルスのようなものが飛び込んでくる
それだけでない
動かないのだ…

肝心のものが…

いや何、パソコンの話だ

ブログソフトが動かない。
それだけではない。
ウィルスのような変なメールが飛び込んでくる
レンボーカーソルがいつも回っている「遅い!」

 

そういうわけで救急センターと言うDr.りょう君へ、一泊で入院した。
夕方持参して、朝届けるという早業である
「飛脚」よりも早い、「クロネコ宅急便」よりも確かだ。

しかし、思えば30年前だ。キーボードに触ったのは…
それからのパソコンの進歩は、目に見えないぐらい早い
そして小生の頭は、手におえないぐらい遅い。
このミスマッチが覚える気を無くすのである。
いまだに独学で ブラインドタッチはあちこちを間違って打ち続ける。

だからバージョンアップと言うのは、もう恐怖である。
今まで慣れ親しんできた作業が、初めてのキャバクラに行くように右往左往してしまうのである。
(尚、昔キャバレーハワイは行ったことが有るが、キャバクラと言うのは行ったことがない
本当だ!。「嘘」と「専立寺の副住職の頭」は、ユッたことがない!)

だから、できるだけ昔のままでいいのだ!昔のままで…
そんなに昔でなくてもいい。「三四郎」とか…「ロータス123」とか…そんな昔でなくても
そういえば「一太郎」というソフトも有った…
野菜畑には「豆太郎」と言う「秘伝豆大豆」も有る(関係ないが…)

Dr.りょうは、「治った。使ってみてください」と言う
デスクを替えたといって。メモが書いてあった
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
High Sierraのタイミングで…
SSDにかえた
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

意味がわからん
とりあえず「A」ボタンを押すと、素早く「あ」に変換する
デジカメからカードを取り出して挿入すると、画面にすぐ出てくる

以前は…
その間にコーヒーを淹れたり、トイレに行ったり、認知症の母の食事も作れたたが…
もうそんな隙「ひま」がない
そんなに急いでどこへ行く日本!

 

とりあえずパソコンライフはまだまだ続く。
のんびりと草を喰む短角牛のように生きたいと思う今日このごろ