出張である。
先日は、西へと西和賀にいった。
今回は北へ。軽米である。

正式には、九戸郡軽米町円子である。
いたるところに”九戸政実の生誕地”という看板がかかっている九戸村の先である。
円子というと、静岡の丸子が江戸時代から、とろろで有名であるが。
こちらは円子(まるこ)同じ呼び名だが…(?)

盛岡から北へ100kmある。車で1時間半から2時間の予定だ。
高速に乗れば早いが、それでも20分ぐらいの短縮にしかならない。
まぁ空いている田舎道だから高速のようなものだ。ネズミ捕りや白バイに見つからなければ…
100kmといえば東京から箱根付近まで、大阪でいえば梅田から姫路ぐらい間の距離である。
都会では長距離だが、田舎では曲がりくねっているが…大したことはない。
久しぶりの出張だから、事前の準備を万全にして出かけた。

“完璧だ”
余裕のある出発時間、心は浮き立った。
20kmほど走って、頭の中でシュミレーションをした。
あのコンビニで、添加物だらけのおにぎりを買って…
麦茶は持ってきているから…
ふと財布の中を想像した
そういえば、昨日の定休日に病院に行き薬局で「2700円!」と言われ
3000円を出した。300円の釣り銭をもらったが…

えっ?財布の中には300円しか入っていない?
そんなばかな?
高速を一部使う予定で、出かけたが…

信号で停まった時に、財布を調べた。
どうみても300円しか無い。これでは高速に乗れない
高速に乗れないなら時間がない。
余裕が、すばやく焦りに変わった。
昼飯も食っている暇ない。というよりも300円は使えない。
ナビの到着予定時間は、待ち合わせ時間の2分前を指している。
アクセル全開、ブレーキが見当たらない。

前の白い軽トラを車間を縮めて追う、軽トラは横に避けて前が空いた
軽の乗用車が前を塞ぐ、どんどん追い込んで後ろから煽る。
枯葉マークのセダンがのんびりと走る。警笛を鳴らしながら追いかける
どんどん抜かして、車をすすめる。
後ろから、追いかけてくるのがいる。
ふりむかないで、アクセル全開
いつの間にか振り切った。

なんとか待ち合わせ時間に着いた。(ホッ)
心臓に悪い!

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

帰りは余裕である。と思ったら、保育園の迎えの時間が迫っていた。
こんどは1時間半で、帰宅時間で混雑している街中を戻らないといけない

ここで大胆な判断をした。
オスプレイで行くことにした。
垂直離着陸である。
そんなバカな事はしない!出来ない

遠回りをすることにした。
混雑している街中を信号待ちして通るよりも、空いている田舎道を飛ばしたほうが早く着く。
もち時間は1時間。街中をいけば70km。回り道をすれば85km。さて、どちらがはやいか…

後は、アクセルが好調かどうか…
と思ったら前に、大きな車がいた。
長ボディーの4トントラックが、スピードは出しているのだが70km/Hぐらいだ
こちとら100km/Hは出したいのだ。
蛇行している先が見えない道は、追い越せない
ときおり対向車線に車が、ひょいとあらわれる
ようやく抜け出して…
と思ったら、後ろから黒のレクサスが追いかけてくる
「なんだあれは?覆面パトカーか…」と思いながら、後ろをチラチラ
ようやく早坂トンネルに入る

トンネルを抜けるとそこは高原であった
寒かった

高原の道なりの蛇行道路を…
車の底が抜けるほど、アクセルを踏み込む

レクサスは遅れをとる
「ざまぁ〜みろ!こちとらNボックス+だ!」
斜面が濡れている!すべる〜!
急カーブの連続だ!右に左に車輪が浮く!
体重で押さえつけるが、残念ながら体重が軽い
あの以前の100kgを超える体重が欲しい
と思いながら早坂高原を下った。

ふと後ろを振り返るとレクサスはいなかった。

店について魔子様は言う
「すぐ行くわよ。保育園の延長料金が取られるから…」

どちらを帰ってきても。同じ時間だった。
愛車のNボックス+は、湯気が立っていた…