弁当の注文を一日一件にしぼっている。
どうしても朝定食とランチの準備の間に、弁当の製造は大量にはできない。

何軒も、弁当の注文を取っているところが不思議だ。
なぜなら昼食用の弁当は、時間が限られているからである。
早めに配達に行っても、まさか9時〜10時に昼食用弁当配達でもあるまい
こんな暑いときに、クーラーの聞いた部屋においてくれればいいが
無造作に、その辺に置かれ日には目も当てられない

そうなると、早くても11時前後
遅くなっても、1時半までぐらいだろう
二時間半の間に、どれだけ配達して回れるか…
都会なら良い
盛岡の場合は、南北20kmぐらいの距離がある。
大阪でいえば、梅田から阪神高速で芦屋へ行くような距離である。
東京でいえば、東京から横浜を首都高で配達して回るのである。

だから一日一件と、基本を決めている
しかし、どうしても注文を受けないといけない場合がある
それは、お得意さんである。
しょっちゅう注文をくれるところから電話があると断りづらい
それを契機に、他に流れる可能性がある
また個数が少なくて、まだ製造余力がある場合は、やはり売上は欲しい
そういうときは、配達場所が同じ方向なら(希望時間帯に配達できるなら…)受ける

しかし、今回は違った。
盛岡の北と南である。距離はそれこそ20kmはあった。
最初に注文をもらったのは12時15分の盛岡の南だった。
そのあと、急に飛び込んできたおなじみさんからの注文が11時半に盛岡の北だった。
45分の間に移動するのは難しい距離である。
しかし、真夏に車内で弁当を温めて走るのも問題だ。
やはり別々に配送しなければ…

そこで店に弁当を冷ましておいて

配達時間を少しずらして、なんとか対応したが
何かトラブルがあればすべてが狂う。
一日二軒は、受けるものではない。

しかし、盛岡はさんさ踊り真っ最中。
「さんさのランチは、客が入らない」と得意先のシェフが言う
店に客が入らなければ…弁当で稼ぐしか無い(泣)