7月が本日で終わりだ。
7月は、いつも悩む。

売上が思うとおりにいかないのである。
7月は岩手の夏野菜の旬の始まりである。
野菜の種類は豊富に揃っている。
それで、いつも期待するのだが…

その原因がわかったのは…(原因だろうと、おもわれることが…)
店を開いてから4〜5年経った頃だろ〜

要するに岩手の旬は、農家だけでなく
家庭菜園にも来るのである。

5月は一番売上が上がる
その時期の売上の構成は、山菜と苗や種である。
その苗や種が7月に収穫時期を迎えるのである。

産直を始めた当初、ラジオの生放送が何度も取材にきた。
当時、街中の産直は珍しかったし、近くなので手軽に来てくれた。
5月に某IBCのラジオ番組が来たときに、
人気アナウンサーの大塚富雄アナにスタジオから聞かれた
「そんなに苗を売って、大丈夫なのですか?」と言う、
一瞬、言葉に詰まったことを思い出す。
”そうだ売上が…“

 

果菜類は多くの人が植えたい品種だろう
目に見える形で収穫できるのである
トマト・ナス・胡瓜
そしてオクラなどは、きれいな花が咲く

その果菜類は栽培が難しい。と多くの人が想っている
難しいのである。
難しいのは、取り続けることが難しいのである。
最初は、みんな生る。それから次に生らせる技がある。
そして病気が始まる。

7月は多くの家庭菜園で収穫できるが、8月になると収穫できなくなる
プロの農家は、それを乗り越えて(と言っても農薬散布だが…)9月10月と取り続ける

また7月の出始めは、みんな農家は売れてほしいから安値競争に走る。
つまり100均の八百屋になるのである。売上金額が上がらない
そして農家も取れ初めのおすそ分けで、親戚や田植えで手伝ってくれた人に、ただで配るのである。

先日も「5反歩ほどキャベツを作ったのだけど置いて欲しい」という定年帰農のひとがやってきた。
5反歩のキャベツは、だいたい2万個ぐらいだから…
つまり当店でも売りきれない数なのである
「今まで。どうしてたの?」と聞くと
「面積が少なかったから… 今年は、学校へ行って勉強してきたので…」
「昨年までは、ご近所に配って歩いたが… 今年は配りきれない」

本当に商売の邪魔をしているようなものだ。

だから7月は売上が上がらないのである。
しかし、売上が上がらない正当な理由があっても金融機関は許してくれない。

魔の7月が終わろうとしている。
これから苦難の8月が始まる(?)