あちこちで大雨の被害が続く
大雨が降るのは、アタリマエのことと思う
今までの歴史上、最大の大雨などという記述は無い
たかが100年ぐらいの気象観測では、何千年前の実態を予想するのも難しい

なぜ被害が大きくなるのか…
素人が考えてみた

まず被害と言うのは、人間が作ったものや利用したものが破壊されること(使えなくなること)である
そもそも大昔は、人間が作ったものなど殆どなかった。
自然のまえに畏怖するだけで、被害に合わなかった、
そして被害に合わないだろうと思わるところに人工の建造物(?)を作った。
多分高台に…

食糧を採取時代、人間は、もともと高い尾根を移動して歩いたと言う
栽培という農耕を知った人間は
安易に食糧を得よう(悪知恵が働いて…)と栽培を初めて、水辺に移り住んできた
度々、洪水や津波にあって徐々に高台に戻されてきた。
しかし、忘れる動物である人間は、再び水辺に戻ってきた。
しかし、山から水を利用して木材を運び、建造物を作ってきた人間は、
山を、とことん利用してきた。
暖房(薪・炭)・エネルギー(製塩。製鉄)・建設資材・枕木
それが石油や科学技術の発展に伴い利用価値が少なくなってきた。

 

その山が荒れている
朽ちた木・台風の倒木が禿山から滑り落ちるように川に流れ込む。
手がかけられない捨て間伐材…
それだけでないだろう、河川にすてるゴミなどが流れてくる

山をとことん利用しているうちは良いのだが…
山の価値がなくなった(木材の下落)とたん、朽ちた木や捨て間伐、が溜まってきた。
東日本大震災のあと、山菜採りに行った人が言う
「倒れている木を乗り越えて、山菜を取りに行く体力がない」
倒木だらけで山が荒れていたと言う。それを、出したという形跡もない。
登山道は整備しただろうが、山の中は倒れた木が折り重なっている

それに河畔林が、殆ど消えた。
むかしは、土手の代わりに河畔林がある風景があった。
河原に木が、生えているのである。
そこへ、流木が引っかかった。
その河畔林は、水を流すの邪魔だと法律で伐採するようになったと言う

水が直線的に流れていく。
河川工学では、水底もコンクリで固め。直線で一気に海に流すと言う近代的水の流れが主流だという
戦国時代の河川管理は、曲線の流れや、石であちこちに流れをぶつけ、流れる速度遅くしたと言う

また橋は丈夫なコンクリで固めて作られた橋である。
昔は土橋や木橋で、流れてきたものを絡んで一緒に流れたという
そこには自然には逆らえないと言う思想があった。

近代科学は自然を克服しようという思想が見え隠れする。

 

台風10号の被害にあった人は言う
「橋に木が引っかかって、両側から水が溢れ、あっという間に水浸しになった」

追伸

岩手大学演習林の山本准教授によると

「今回の流木被害は、流木に根がついていることから根こそぎ土砂崩れの状態で流れて行った。杉だから、広葉樹だから、根が浅い、深いと言うのは関係がない。」と森林総合研究所が発表した。。

文中に憶測で書いた部分がありますので訂正します。