驚いた。こんな記事を読んだ

AKB沖縄総選挙に「国費2800万円」
河野太郎議員がブログで問題視
「戦略、目的などを詳しくチェックする」

「一発勝負でAKBの総選挙をやって、8000人を呼び込んで、それが次にどうつながるか、はっきりした見通しもない」など厳しく批判しました。

 6月17日に開催を予定していたものの、悪天候により中止になった「AKB48 49thシングル選抜総選挙」。同イベントの開催にあたり、国から多額の交付金が使われていたとして、自民党の河野太郎議員は7月6日、自身のブログで「問題は大きい」と言及しました

河野議員によれば、今回のイベント開催に使われた“国費”は合計2800万円。うち2400万円が総選挙の会場設営費などに、400万円が総選挙 前に行われたミニライブ・トークショーなどに使われたとのことです。いずれも政府が割り当てていた「沖縄振興交付金」からの支出となっており、「閑散期に おけるAKB総選挙の沖縄開催が、沖縄観光の発展に資する」という理由で、「県外からの観光客数8000人」を成果指標に交付されていました。 しかし、これうした使われ方について「一事が万事こういう使われ方をされているならば問題は大きい」と河野議員。AKBの誘致が目的であれば、来 年度以降のAKBの沖縄公演の日数や回数を成果指標とすべきであり、「補助金をもらってイベントをやるだけならば、持続的ではない」「一発勝負でAKBの 総選挙をやって、8000人を呼び込んで、それが次にどうつながるか、はっきりした見通しもない。そもそも今日までにこの8000人が達成されたどうかも わからない」と、交付金の使途について厳しく指摘しました。また今後は「自民党の行政改革推進本部として、このソフト交付金の使われ方、その戦略、目的な どを詳しくチェックすることにした」と、詳しく追求していく姿勢も見せています。

〜〜〜〜〜〜〜ここまで引用
そもそもAKBとは何かもわからない?
総選挙というのは何を選ぶのか?もわからないオジンだが…
要するにイベントに多額(小生の感覚)の国費を使っている。
それが沖縄の観光振興目的であると言う
税金の使い方は、これでいいのか?
小生が22〜3年前に産直を始めるときに
「新しい産直施設には補助金が出る」と言われて行政にのこのこと出かけていった。
門前払いだった。
「あんたのように何箇所の市町村の生産者を集めて開く直売所は対象にならない。
市町村の単位で上がってきた案件なら、1億でも出すが…」と偉そうに担当という人に言われた。
なるほどそんなものか…
それ以前に役場とかかわることは殆どなかった。
せいぜい婚姻届と、引っ越しのときに住民票を取りに行く程度だったのである。
その後「合鴨フォーラム全国大会」を岩手で開催したときにも
「予算がない。年度の途中だから、来年度の話ならいいが…」ということで金銭的な補助はほとんどなかった。
そんなもんだろう。と思っていた。
まぁ補助金をもらうと「後で提出する報告書が大変だ」と聞くので、補助金とは縁のないところで生きてきた
いちど「これは補助金をもらえる」という企画ができて、今までの考え方を直して…と提出したら、ものの見事に落ちた。
行政と思考の回路がちがうのかもしれない。

疑問があるのは
多額の予算を使用して大きなイベントを企画すれば、大きな効果があるのか?
そもそも、イベントは、今も効果があるのか?
店を開店当時、さまざまなイベントをやった。「コーンフェステバル」「アップルフェアー」農家の訪問等々
そのたびにマスコミが取り上げてくれ、人がきた。”単純にものを安くして買いやすくするだけだが…”

今は、毎週のように…いや毎日のように…
どこかで…誰かが、
大きな…ちいさな…イベントをやっている
イベント自体に人が、集まらなくなってきている
それなのに予算がつく。予算を消化しないといけないのが目的だろう
予算は余っているのだ