第12回「哲学の森」開催のお知らせ

もう12回も重ねた。
重ねればいい、というものではないが…

誰かが内山さんに聞いた?
「内山さんの話は、哲学というよりも、社会学では…」

内山さんは言う

「社会学よりも、幅広い分野で語ることができるから…」

優しい言葉で諭す哲学であり
深い言葉で探る社会学であり
広い言葉で語る民俗学であり

わかりやすい歴史学でもある。

一度聞いてみませんか?
(注!)岩手大学の公開講座になったために、大変な人気で早めに定員に達する傾向にあるようです。

 

二日目の日曜日の朝、山本信次先生と歩く、岩手大学演習林の散策が秀逸です。
気が付かないことを、見せてくれます。