友人一家が来た。
県南で有機農業を営む一家である。
その仲間のことを一生懸命心配していた

「稲作農家は米が売れない。さまざまな努力をしても米が売れない」
当たり前である。
そうそう簡単に売れたら、販売をしている当店でも楽に儲かって仕方がない

いつも言うのである
「作るのは楽しいが、売るのは難しい」
なんでもそうであるが、
人間関係でも…
モノでも…
自然の中で栽培するものでも

ある程度期待感を持って作る。
それが進行しているかどうか…
期待どおりになるかどうか…
さまざまな思いとともに、辛い作業も有る
基本的には、できようが、できまいが、その作り上げる期待感は楽しいのである

ところが売るというのは、相手が有るのである。
すんなり期待通りに相手が受け入れるというのは、まず無い。
こちらの思いとは、ちがう相手に媚びないといけない(?)
売る方の主張は一方的で、相手には迷惑な主張なのである。
相手は、必要なときに必要なものを必要なだけもってこい!と主張しているのである
それを譲歩させるのは、相手との理解である。

時間がかかる。

営業の基本に「毎日、通え」という言葉がある
毎日、そばによって来たら犬でも可愛くなる。
と言っても、ただ毎日行けば良いのか?と言うと
何も持ってこない相手には時間の無駄、迷惑である。
商品説明など、みんな一緒だ。
そして世間話は潤滑油にはなっても、プラスにはならない

毎日通いながら相手の思い(悩み)を聞く、聞けるような関係を築く

ということが基本なのである
販売は上手に話すことではなく、聞き上手になることである
それがすぐできる人と、時間かけてできる人とで違いができるが…

ところが、そんな関係ができても、商品が切れると関係も切れる
米も年間を通して安定して供給できればいいが、梅雨越しの米は味が落ちると言う
農家も冷蔵庫まで持って管理したくない
そこで商品が切れて関係も切れて、消費者は別の関係をつくることになる。
その関係を、秋になって新米だと言って、もとへ戻すことは大変な努力を必要とする

稲作農家が単品の米を年間供給して安定した関係を築くのは、難しい

当店が産直を始めた当時(20年以上前)
米を直接販売しようという農家が出始めだった。
それまでは品種で選んでいたが、それから個人の名前が特定できるようになった。
今は、品種が多く、栽培方法も色々とあり、個人名が飛び交っている。
そして産直には、山のようにお米が…
量販店にも、さまざまなお米が…
ドラッグストアまで、格安のお米が…

多すぎるのである、そして食べる量が少なすぎるのである。
核戦争の中に竹槍で突っ込むようなものである。
その竹槍も、毎年作り直して辛抱強く突っつけばいいが…
小さな穴ぐらいは空く。
それが突破口に!と言う思いを持続するのは大変である。

作るのは楽しいが、売るのは難しい。