定休日の朝、病院に行った。
病院の駐車場屋上からは、素敵な岩手山が見えた。
いつものことながら、病院は混んでいた。
二つの科を受診したあと、店に戻り、仕事をした。

何と言っても糠漬けは、時間の管理なのである。
最初の頃、胡瓜を漬けて表面の色が茶色になった。
なぜかわからず、困った。
漬け過ぎなのである

糠漬けの胡瓜は漬けすぎると変色する
美味しくない茶色になるのである

別じ味は変わらないのだが、見た目が美味しくない

だから短い時間で漬ける。できれば6時間。
そこで冷蔵庫に入れて保管していると12時間も漬けることが可能である
そばに漬物樽を抱えていればいいが、自宅に帰ったりすると
どうしても12時間漬物樽をかまうことができない。そこで冷蔵庫なのだが…
と言って定休日だから24時間漬けて置けるか?と言うとやはり味と色は変わる

だから定休日といえ、ぬか床をかき回さないといけない
主婦の苦労がよく分かる。(古い主婦だ。昔の主婦!)

しかし、それで「本格」「てづくり」と言う言葉が唄える
セールスポイントである
そして漬ける技、というかノウハウが身につく
次から次へとヒット商品を生み出して…とスケベ根性と
作る面白さを堪能しているのだが…

 

そんな定休日の薄暗い店内で糠漬けをかき回していると
「ごめんください」と言って入ってきた見慣れない男がやってきた
「お休みの所申し訳ありませんが…」と丁重に…

”わかっていたら、くるなよ!”と思ったが

「実は、こちらのブログを見て…ブログを書かれている方ですか?」
「はぁ〜そうですが…」
「じつは私の知人が二人、オタクのブログに乗っていたので…」
「え?誰?」
「この方と…」「この本の…」
と言って地上の文学賞を受賞記事のハンター作家を指さし
亡くなった伊藤誠逸氏の遺稿集を取り出した。
二人の接点が無く、一瞬何が何だかわからなくなった。

彼は「実はハンター作家は私の仕事上の上司で…」
「遺稿集の主人公は、ネーチャーゲームの立ち上げた仲間です」と言う

なんとも不思議な出会いだ。
宮古出身で、盛岡にすまい、その後転勤で、現在、妻の実家がある愛知県瀬戸市にいるという
退職して挨拶回りに盛岡にやってきて、ブログの作者に定休日だが会いに来たと言う

う〜ん!こんな出会いもあるのだ。

いままで色々な出会いがあった。
これも驚きの出会いの一つであろう
日々発信しないと出会いはない。